2015年11月30日

絶品長芋などなど

色々入荷してきました。
とりあえず急ぎ足でご紹介。
R0019672.jpg
寒さが増して美味しくなってきたきゃべつ。
R0019607.jpg
先週とは全く味わい違います。
甘いです!
R0019663.jpg
斉藤さん、柴本さん、丹羽さんに続き、満を持しての登場は飯田さんのかぶ。
R0019664.jpg
さすが、かぶの達人。
R0019680.jpg
食感、甘さ、風味、文句なしです。
R0019677.jpg
柴本さんのかぶもダブってしまいました。
どちらも美味しい。
先日、早々と売り切れてしまった丹羽さんのかぶはシャキッとした食感が特徴でしたが、こちらはややしっとり感のある味わいです。
どの農家さんのかぶも美味しいのですが、かぶだらけになってしまい、皆さんを品揃えできないのが非常に残念です。
R0019669.jpg
先週から始まったスティックブロッコリーも人気です。
R0019666.jpg
普通のブロッコリーは今日が初入荷。
R0019668.jpg
こちらも今シーズン初入荷の煎り落花生。
スタッフ絹子の大好物。
あの柿の種と一緒に食べるのが大好きなんですね。
ビール飲む方は、飲み過ぎ注意です。
R0019675.jpg
焼き芋に最適な紅はるかのSサイズ。
近日、焼いて食べてみます。
R0019670.jpg
今日の納品で一番楽しみにしていたのが、北海道から届いた長芋。
久々ですね。
数年前、長野の農家さんの美味しい長芋を扱っていましたが、辞めてしまったとかで、それ以来です。
楽しみ半分、不安半分。
美味しいといいなあ。
R0019674.jpg
とりあえず、摺り下ろしてみました。
すると、どうでしょう。
これ長芋?ってぐらいの粘り強さ。
もちろん、自然薯とか大和芋のような粘りではないですが、長芋にしてはかなり強い粘り。
そして、甘い!
これはちょっとびっくりです。
前の長野の農家さんの長芋も甘みがあったけど、それ以上です。
これは最高に美味い長芋だと思います。
迷わずオーナーのイチオシ!です。
R0019676.jpg
そして、やっと送られてきました。
サンプルですが…。
多分この瓶での商品化にはならないと思いますが、ちょっと薬品の瓶ぽいです。
こちらの味見は後ほど。

posted by フレスコ at 16:41| おすすめ商品・新商品

2015年11月29日

おやじと母さんのにゅうめん

時期的だからでしょうか。
ここ数日、「人にあげたいんだけど、果物を」というお客様がチラホラ。
でも決まって言われるのが「こんなのしかないの?」と。
「こんなのって言われますと、どんなのがいいんですか?」とお尋ねします。
聞くと、自分が食べるならこんな汚いのでもいいけど、人にあげるのだから見た目がきれいな方がいいと。
言い換えると、「私は農薬を使っていない安全な果物を食べるけど、人には農薬をたくさん使った果物をあげるわ」とも言えます。
ちょっと意地悪でしたね。
いや、ご本人も差し上げる方に失礼のないように気を配っての事でしょう。
ただ、なぜきれいか、なぜ汚いかは、是非知っておいてほしいなあと、心の中では思うのです。
もらって本当に喜んでいただけるものって、見た目がよろしいものか、本当に美味しいものか。
「まあなんて立派な物を」でも食べたら「まあ味は普通ね」より、「何だか大したもんじゃねーな」でも食べたら「こりゃうめーぞ!」という物の方がいい気もしなくもないですが。
ちなみに当店は高級フルーツ店ではなくて、「美味しいがいっぱいの店」ですので。

さて今日の作ってみましたは、ねぎと春菊のにゅうめんです。
R0019650.jpg
長ねぎはもちろん石井さんの母さんのスペシャルねぎ。
春菊は僕が収穫してきた斎藤さんのおやじの春菊。
R0019654.jpg
そうめんは断然これが美味い!
R0019655.jpg
ほとんど夏しか売れませんが、冬は温めて食べるとこれがまた美味しいんですよ。
R0019657.jpg
ダシを効かせた熱々の汁を注いで出来上がり。
R0019658.jpg
やわらかくて、香りがプンプンする春菊。
ほろ苦さの中にも甘さを感じます。
R0019659.jpg
長ねぎ、さすがですね。
素晴らしい!
R0019660.jpg
山海のだしをひとつまみで、3倍ぐらい美味しくなります。
R0019661.jpg
麺も汁も文句なしです。
R0019662.jpg
実に美味い!
ただ、これにあの調味料を試してみたい!
あれあれ、早く届かないかなあ…。

posted by フレスコ at 19:04| 作ってみました

2015年11月28日

柚子の収穫

昨年はわずか数個しかならなかったという斉藤さんの柚子。
「今年はどうですか?」
「なってるけど、採らないとな」
「じゃあ採ります!」
R0019574.jpg
と、言ったはいいけど、この木がけっこう背が高くて、はしごに登らなくては届かない。
登るのはいいんですが、トゲが…。
柚子の木って、長くて尖ったトゲが生えていて、これがまた刺さるとめちゃくちゃ痛いんです。
斉藤さんの柚子の木は、剪定とかしていないし、腕とか足とか胸とかお腹とかあちこち刺さりまくって、それはもう大変。
R0019570.jpg
いい訳するワケじゃないですけど、これじゃあただのおっちゃんか、ヘタすると柚子泥棒です。
「柚子はいくらでもなってるけど、採るのがねえ」とよく聞きますが、まさにその通りです。
昨年は、石井さんの柚子を収穫させてもらいましたが、石井さんちの柚子はまだ背が低かったので、収穫しやすかったです。
R0019577.jpg
カゴいっぱい。
がんばりました。
「けっこう採れたな」と斉藤さん。
R0019634.jpg
完全無農薬なので、見た目は悪いです。
斉藤さんは「農薬を使えば、きれいな柚子ができるんだけどな」と。
一般的に売られているきれいな柚子は、おおよそ20回ぐらい農薬散布するそうです。
この黒ずみは、小さい頃に虫に噛まれたり、病気だったりした跡で、それを自ら治したかさぶたのようなものなんですね。
だから「よくがんばったね」と声をかけてあげなくてはいけない訳です。
R0019636.jpg
みかんもレモンもりんごも柚子もみんなそう。
消費者がこれを嫌がるから、生産者は一生懸命農薬使うんです。
「きれいな柑橘を作ろうとする熱心な農家ほど農薬を使う。そしてそのせいで病気になり辞めていくのが現状です」とみかんの佐藤さんは言います。
「やけに汚いわね。腐ってんじゃないの?食べられるの?こんなの大丈夫なの?気持ち悪いわね」などと言われることがありますが、逆ですよ。
僕は、こんながんばった健康な柚子の方が好きですね。

そうそう、この柚子の木。
夏に収穫したあのりんごの木の近くに生えています。
見た目はものすごく汚かったけど、めちゃくちゃ美味しかったあのりんごですね。
数個しか採れなかったけど。
土がいいと、実りも素晴らしいものになるんですね。

posted by フレスコ at 01:01| おすすめ商品・新商品

2015年11月27日

丹羽さんの野菜で

高品質です。
丹羽さんの野菜。
R0019614.jpg
特に人気なのがレタス。
いいですねえ。
R0019613.jpg
スタッフ絹子のイチオシはルッコラ。
R0019615.jpg
これがまた美味しいんです。
R0019619.jpg
その他、リーフレタスやかぶも入荷しました。
R0019618.jpg
奥さん手作りのルッコラレシピ。
これがまた非常に良くて、温かみが溢れています。
ご希望の方には差し上げます。
R0019621.jpg
スタッフ絹子が作ったサラダ。
R0019622.jpg
丹羽さんのルッコラ。
R0019623.jpg
斎藤さんの赤菊芋。
R0019624.jpg
丹羽さんのかぶ。
R0019625.jpg
ツナにアマニの粉。
最後にポン酢をかけて完成。
さっぱりしているのに、なぜか止まらなくなる美味しさです。

その間僕が作りましたコーンスープ。
R0019627.jpg
コーンクリームに牛乳を加え塩で味を整えるだけ。
絹子のアドバイスで、味噌を少々。
これがコクが出て大正解です。
R0019628.jpg
サラダで余った丹羽さんのかぶの葉も入れます。
いいアクセントです。
R0019632.jpg
こちらは、お米のホットケーキミックスにヨーグルトを混ぜて焼いたもの。
牛乳は使っていません。
乗っているのは、サンプルでもらったココナッツクリーム。
これが絶品!
最高に美味いです!
このクリーム、先日のお話し会の時に宇野さんにも食べてもらいましたが、「いいねえ、これ!味もいいよ!」とお墨付き。
お話の中でも「これから認知症がどんどん増えるのに、認知症にいいって始めたココナッツ油、もうやめちゃったの?これだもんなあ。単なるブームですか」と嘆いていましたが、これなら続くんじゃないですか?
と言っても、まだ取り扱いはまだです。
できればやってみたいですが、まあ色々と課題が…。

posted by フレスコ at 22:41| おすすめ商品・新商品

2015年11月26日

ミニ?カリフラワー

急激に寒くなりました。
寒いけど、これで野菜の味も乗ってくるでしょう。
特に石井さんの野菜。
長ねぎは悪くないですが、ほうれん草、小松菜、白菜はまだまだ本来の味じゃなかったです。
昨年のこの季節は気温が低く、雨が少なかったので、収量は少なかったけど味は良かったように記憶しています。
これからが本番ですね。

数日前の事。
「オレンジミニカリフラワー採れたんですけど、どうですか?」と電話がありました。
「それって去年やったやつですよね。あのものすごく小さかったやつ。ピンポン玉ぐらいの。あれね、あまりにもミニすぎですって」
「いや、今年はちゃんと大きいんで、大丈夫です」
R0019609.jpg
あれ、ホントだ。
て言うか、これミニじゃないじゃん。
いいですね、今年は。
しかも昨年は減農薬栽培だったけど、今年は無農薬栽培。
がんばりました。
R0019610.jpg
そう言えば、昨年スタッフと話していたのを思い出しました。
「ミニカリフラワーってこんな小さい品種なんでしょうか」
「いやあ、いくらなんでも小さすぎないか?もしかしたら早採りしすぎたのをミニとか言ってるのかなあ」
電話で聞いても「葉っぱも美味しいんで」ってそういう問題じゃないでしょって。

つまり、前年にあまりにもしょぼい野菜を出荷してしまうと、今年もどうせなあってなっちゃう訳です。
店は自信を持って売りたい。
だから生産者さんも、自信を持って出荷していただけるお野菜を出していただきたいと強く願うのです。
このカリフラワーなら全然OKですよ。


posted by フレスコ at 13:31| オーナーの話

2015年11月25日

余りものでポトフ

先日、仕入れのついでにたまたま立ち寄った直売所で、美味しそうなきのこを見つけました。
カサが大きくて肉厚な採れ立てのひらたけ。
たまたま生産者さんが納品に来ていたので「美味しいですか?」と聞くと「美味しいですよ」と。
まあ、そうは言うだろうなとも思ったけど、おすすめの食べ方も教えてもらったので、スタッフのお土産も兼ねて買って帰りました。
帰宅後、食べてみたのですが…。
味は普通です、と言うより不味い…。
ビックリするぐらい美味しくなかったんです。
味もないし、香りもないし、スタッフも「せっかく買ってきていただいて申し訳ないんですが…うちのエムプランさんの方が全然美味しいです」と。
いやいや反省反省。
出先の直売所って美味しそうに見えるんですよね。
中には美味しいのもあるんでしょうけど、その見極めって難しいですね。

気を取り直して。
これまた不徳のいたすところですが、どうしても売れ残ってしまうお野菜たちがたくさんいるんです。
特に形が悪かったり、シミがあったりすると、手にも取ってもらえなかったり。
値引きしても、見切りにしても、食べられるけどさすがに売場に出しておくのは…なんて野菜の皆さん。
捨ててしまうのは野菜さんにも農家さんにも大変申し訳ないので、僕らが食べます。
今日はそんなお野菜を使ってポトフ。
R0019582.jpg
葉っぱにシミが出ていたきゃべつ丸ごと、かなり細かった人参をぶつ切りにして鍋に入れます。
水は半分ぐらい。
ダシは野菜のおかげ。
R0019583.jpg
賞味期限が過ぎたウインナーがあったので入れちゃいます。
R0019586.jpg
形がいびつで見た目が悪かったかぶも入れます。
大きめに切って入れます。
ここである程度スープの味は决めておきましょう。
塩少々、胡椒少々、醤油少々をプラス。
R0019587.jpg
蓋をして弱火でグツグツ。
いい感じです。
R0019590.jpg
捨てられる直前だった野菜で美味しいポトフができました。
R0019591.jpg
ウインナー、全然OK!
R0019594.jpg
人参、甘みあるし香りもいい!
R0019593.jpg
野菜からでた旨味と甘みのスープ。
R0019596.jpg
かぶもやわらかですね。
R0019595.jpg
そして主役のきゃべつの甘みとやわらかさ。
美味い!
美味しい素材は、シンプルな味付けで。
それだけで十分です。


posted by フレスコ at 21:40| 作ってみました

2015年11月24日

菊芋のススメ

数年前でしょうか。
「血糖値が高くて…」というお客様が来られたので、斉藤さんの菊芋をお勧めしました。
それから数ヶ月。
なんと、ほぼ正常値になられたそうです。
R0019378.jpg
天然のインシュリンと呼ばれる菊芋。
生産者の斉藤さんは「これ、お腹にもいいんだよなあ」と。
お腹にいいということは、様々な病の予防にもなるし、当然お肌にもいいということですね。
スタッフ絹子が一週間に2袋位食べています。
菊芋のせいだけじゃないと思いますが、体調いいそうです。
体にいいと言うのもありますが、もちろん食べても美味しい。
R0019384.jpg
まずは、味噌和え。
菊芋は生でも食べられます。
シャキシャキした食感で、味噌で和えるとおつまみでもOK。
マヨネーズやドレッシングでもいけます。
R0019416.jpg
豚汁に入れた菊芋。
煮るとホクホクした食感に早変わり。
クセがないので、どんな料理にも合います。
R0019439.jpg
シチューに入れた菊芋。
こちらもホクホク。
見た目はなんですが、食味はとってもいいです。
個人的には味噌漬けで食べるのが好きで、味噌に一晩漬けておくだけ。
これがまた美味しいんですね。
炒めものでもいいですよ。

ちなみに、菊芋には白と赤がありまして、今回使用したのは全て赤菊芋。
こちらの方がアントシアニンが豊富で、お体にはよろしい。
ただ、斉藤さん曰く「白いのはどんどんできるんだけど、赤いのは大きくならないし、ちっとも取れない」と。
貴重な赤です。


posted by フレスコ at 16:13| おすすめ商品・新商品

2015年11月22日

斉藤さんの野菜とみかん

スタッフうっちー。
「最近野菜の動き悪いですね」
「世間の相場が一気に下がったからなあ。世間の相場に左右されるって事は、うちはまだまだって事さ」
「きゃべつ、結構余ってます」
「明日新しいの入ってきちゃうしなあ。とりあえず全部売っちゃおうか。100円でも200円でもいいよ。好きな値段つけて」
「いいんですか?こんなに甘くて美味しいのに…。全然仕入れ値より安いじゃないですか」
「いいんだよ。常に新鮮なものを出していこう。価値を分かってくれる日が必ず来るって。まずは食べてもらえればそれでいい」
「分かりました…(泣)」
そんな事情で、そのような売り方も時にはしますが、やっぱり鮮度は大事。
無農薬野菜だろうが、農薬野菜だろうが、八百屋として基本中の基本。
それを常に心がけていきたいと思っております。

さて収穫。
今回の収穫にはスタッフ絹子が同行。
R0019536.jpg
まずは大根から。
R0019537.jpg
まだ大々的に販売とまではいきませんが、次週以降の味見用で。
R0019533.jpg
冬はこの大根が、あのめちゃくちゃ美味しい切り干し大根になるんですね。
あの斉藤さんの切り干し大根は絶品です!
R0019545.jpg
絹子、一生懸命洗います。
R0019551.jpg
サイズはバラバラですが、いいですね。
とてもみずみずしくて、これから寒くなるともっと甘さが乗ってくると思います。
R0019532.jpg
それから春菊。
R0019531.jpg
とってもやわらかくて、香り抜群!
鍋にしか使われない方が多いようですが、胡麻和えとか天ぷらとか、食べ方いろいろ。
美味しいんですよ。
R0019535.jpg
期待のブロッコリー。
葉っぱはかなり大きくなりましたが、まだ蕾は付いていません。
R0019552.jpg
かりんも収穫。
今年はこれだけ。
かなり落ちてしまっていて、あと一週早く収穫しておけばよかったです。
R0019554.jpg
実はみかんもあるんです。
R0019555.jpg
当然無農薬ですが、けっこう見た目はいいです。
R0019556.jpg
「酸っぱいかしら…。斉藤さん一つください」
R0019559.jpg
「1個千円な」
絹子「は、はい…(笑)」
R0019562.jpg
外の皮も中の薄皮も厚めです。
R0019581.jpg
が、美味い!
甘さもしっかりあって、酸味も程よくあって、何だが懐かしい味わい。
斉藤さん「結構美味いんだよな。甘さもあるよなあ」
皮が薄い佐藤さんのみかんとは、食感も味わいも全然違いますが、これはこれですごく美味しいみかんです。
絹子「すごく力強い味がする!なんか元気が出る感じ」
持って帰ってうっちーにも。
「これ美味しいですね。昔のみかんって感じです」
先日、みかんの佐藤さんが言っていました。
「有機のみかんをですね。もっと増やしたいですよ。一生懸命他の生産者にも声かけてますが、なかなかですね」
佐藤さん、少しですがここにも無農薬のみかん育てている農家さん、ちゃんといらっしゃいますよ。
佐藤さん同様、斉藤さんもすごい農家さんです。



posted by フレスコ at 20:40| オーナーの話

2015年11月20日

初めてのすいとん

今回の黒板担当は絹子。
みかんの味がかなり乗ってきたのと、先日生産者の佐藤さんに会えたことでハッスルハッスル。
気合いが入ってます。
R0019516.jpg
コメントは昨夜深夜まで家で一生懸命考えてきたようです。
レイアウトとかペンの太さとか色とか、悩みながら数時間かけて描いていました。
「これで一人でも多くの人が食べてくれるといいなあ」と。
ご来店の際には見てやってください。

さて、先日のお好み焼きに続いて小麦粉料理第二弾はすいとんです。
R0019496.jpg
まず具材をダシで煮ます。
大根、人参、蓮根、かぶ。
R0019497.jpg
油揚げと舞茸も入れちゃいましょう。
R0019498.jpg
すいとんは強力粉を使用してみます。
ちなみに、絹子の田舎、長野では薄力粉を使うらしいです。
水に溶いた小麦粉を直接汁に入れるのが普通のようですが、今回は別茹でします。
R0019499.jpg
僕の記憶が正しければ、すいとんって食べたことがないかも。
だからこの姿が正しいのか分かりません。
かなり大きい気もしなくもないですが…。
R0019500.jpg
汁に戻したすいとんに、最後はかぶの葉っぱも入れちゃいます。
R0019502.jpg
こんな感じかな?
では食べてみましょう。
R0019503.jpg
具材は美味いです!
R0019504.jpg
野菜に関しては全く心配はしていません。
R0019508.jpg
個性がしっかり出ていて、非の打ち所がないです。
R0019509.jpg
それから野菜から出た旨味が汁に滲み出ていて、これがまた美味いですね。
R0019510.jpg
肝心のすいとんですが、モチモチ感たっぷり!
強力粉を使っただけあって、弾力がすごいです。
何かに似ているなあと思ったら、完全にちくわぶです。
煮込んでも煮崩れしないので、ダシの味も染みていいかも。
幼い頃から薄力粉のすいとんに慣れ親しんできた絹子も「まあ、なんて美味しいんでしょう!今度から私もこれで作るわ!」と喜んでいたので、成功だったと思います。
R0019514.jpg
舞茸と蓮根と油揚げが余ったので、炊き込みご飯に。
こちらも美味い!
すいとん汁に炊き込みご飯。
純和風で日本人で良かった!を実感です。

posted by フレスコ at 10:06| 作ってみました

2015年11月18日

サンふじ食べ比べ

サンふじの同時入荷は初めてです。
R0019476.jpg
まずは西館さんのサンふじ。
R0019478.jpg
毎年のように西館さんは言います。
「蜜って言ったって、蜂蜜じゃないんだから。消費者はこれで甘いと思ってるんだから困るんだよなあ」と。
それでも蜜が甘いと信じている方は、試しにこの部分だけ切り取って食べてみてください。
そうすれば「このりんご蜜入りで甘いですか?」なんてナンセンスな質問はしなくなります。
R0019479.jpg
甘さはしっかりあり、それでいて適度な酸味があります。
サンふじならではの美味しさがギュッと詰まった美味しいサンふじです。
さすがですね。
R0019483.jpg
こちらは丸山さんのサンふじ。
実は今年初の取り扱い。
どうしてもメインは西館さんになりますが「一度味見て欲しいんですよ」と言われ、注文してみました。
R0019482.jpg
ラミネートされた写真が箱に入っていました。
この写真の裏にもう一枚写真があって、これがまたおちゃめな丸山パパって感じでいいんです。
りんご売り場に置いておきますので、興味がある方はご覧ください。
R0019490.jpg
こちらは蜜が入っていません。
R0019491.jpg
が、甘い!
計ったわけではないですが、糖度だけなら丸山さんのサンふじの方が高いかもです。
このように食べ比べると、蜜が入っているから甘いんじゃないって事がよく分かります。
酸味は西館さんの方があり、甘さと酸味のバランスはいいと思います。
あとは完全にお好みですね。
どちらもお勧めできる美味しいサンふじりんごです。

入荷情報
19日(木)
スナップエンドウ、オレンジミニカリフラワー入荷します。

posted by フレスコ at 11:06| おすすめ商品・新商品

2015年11月17日

とろけるかぶ

冬は根のもの。
根菜が美味しい季節になってきました。
R0019468.jpg
斎藤さんのかぶがそろそろ終了かもです。
たぶん今週末は収穫できると思いますが、来週は?です。
今日長野から届いたのは柴本さんのかぶ。
IMGP1651.jpg
ちょうど一ヶ月前、柴本さんの畑を訪れた際に見せてもらった、葉っぱが出たばかりのかぶ。
こうして成長したかぶが店に届くと、感慨もひとしおです。
柴本さんも喜んでいることでしょう。
R0019280.jpg
おっと、こっちじゃなかった。
IMGP1657.jpg
柴本さん、お元気ですか?
R0019469.jpg
で、肝心のかぶです。
きれいですね。
ある意味、柴本さんらしくないと言うか…。
R0019473.jpg
包丁で切ると滑らかな感触で、斎藤さんのシャキッとした感じとは異なります。
今日は、蒸して試食。
やわらかいので、割と早く火が通ります。
R0019474.jpg
触っただけで分かるソフトは果肉。
口の中で、うーんとろける!
これなら歯がなくても食べられます。
甘さは程よくあり、かぶならではの風味と旨味があります。
これからもっと味が乗ってくると思います。
斎藤さんのかぶが終わっても、かぶ激戦期間。
まだまだかぶの楽しい季節が続きます。

明日は西館さんと丸山さんのサンふじ同時入荷。
食べ比べをお楽しみに。


posted by フレスコ at 17:05| おすすめ商品・新商品

2015年11月16日

お好み焼きで粉を試す

先日の展示会でサンプルとしていただいた小麦粉各種。
今のところのお伝えできるのは、国産であること、パッケージが素敵であること。
今まで、できるだけ国産、できれば有機ぐらいの優先順位で品揃えしていましたし「この小麦粉美味いっすよ」なんて言ったことないですね。
小麦粉だってできれば美味しい方がいいです。
とりあえず、使ってみないことには始まらない訳です。
R0019458.jpg
と言うことで、まずは中力粉を使ってお好み焼きを作ってみました。
(ただ食べたかっただけという気もしなくはないですが…)
R0019459.jpg
ただ作るだけでは面白くないので、今回は蓮根を入れてみました。
R0019460.jpg
作り方の詳細は割愛しますが、いつも通りいい感じで出来上がりです。
R0019461.jpg
使用する材料は全てフレスコのものです。
ちなみに小麦粉以外に、きゃべつ、長ねぎ、蓮根、玉子、かつおだし、ソース、マヨネーズ、山海のだしぐらいかな?
R0019462.jpg
確かちょっと前にもお好み焼きを作りましたが、その時よりも美味しい気がする?
焼き具合が上手くいったのか、小麦粉が良かったのかは不明です。
そもそも、小麦粉の味比べってしたことないし、まず味の濃いお好み焼きから入ってしまったという時点でどうなの?って感じです。
もっとシンプルなうどんとか、パンとか、クッキーとかが分かりやすいのかもしれません。
R0019464.jpg
とりあえず、お好み焼きはめっちゃ美味かったです。
試しに入れてみた蓮根がものすごくいい!
食感がいいし、濃い味にも負けないぐらい味が乗ってきてる。
すごい蓮根です。
火を通してから入れるか迷いましたが、生のままでもじっくり火を通すので、全然OKでした。

posted by フレスコ at 22:09| 作ってみました

2015年11月15日

身知らず柿開封

今日は何の日?
R0019443.jpg
小柳さんの身知らず柿開封日でした。
R0019441.jpg
今年の出来はどうかな?
R0019446.jpg
久々にうっちーの「身知らず柿と私」
R0019448.jpg
立派で食べ応えのある3Lサイズです。
R0019451.jpg
包丁でカットすると滑らかな感触。
R0019456.jpg
そうなんです。
果肉は緻密でしっとり滑らかな食感で、口の中でとろけるよう。
糖度は高くとっても甘いんだけど、しつこい甘さではなく非常に上品な甘さ。
これは美味い!
絶品です!
柿も好みがあって、パリッとした固い柿が好きな方もいます。(僕もそうですが)
でも、好みがどうとかの次元ではない美味しさを持つ柿だと思います。
唯一、皇室に献上されている柿だそうで、食べれば納得です。
迷わず、オーナーの特一!です。

posted by フレスコ at 18:08| おすすめ商品・新商品

2015年11月13日

特売情報

14日(土)〜15日(日)
お野菜よりどりセール4品150円引き
対象、ほうれん草、小松菜、長ねぎ、大根、里芋、さつま芋2種類、きゃべつ、レタス、きゅうり、。

身知らず柿の開封日は15日(日)です。

posted by フレスコ at 20:22| お知らせ

石井さんの季節です

かぶ、ほうれん草、小松菜等々、この季節になるとあちこちの農家さんから一斉に同じ野菜が出始めます。
どの農家さんの野菜も素晴らしいだけに、選ぶのに難儀します。
逆に、お客様からすれば、食べ比べのいい機会とも言えます。
栽培方法が同じ無農薬でも(厳密には土づくりの工夫は違いますが)、生産者さんの個性が出るので、その味わいの違いを楽しめます。
明らかにダントツに優れているのであれば、その生産者だけを押しますが。
例えば、昨日入荷した、丹羽さんのレタス。
野菜嫌いの宇野さんが「あのレタスは美味い!あれ食べたらスーパーのレタスなんてただの紙だよ、紙」と言ってたあのレタスですね。
これはダントツに美味いです。

前置きが長くなりました、本日入荷の石井さんの野菜。
R0019429.jpg
小松菜。
R0019430.jpg
ほうれん草。
R0019432.jpg
そしてスペシャル長ねぎがいよいよスタート!
「これからどんどん太くなるし、甘みも乗ってくるから、まだ少し早いかなと思ったんだけど。待ってくれているお客さんがいるって言うから」と石井さん。
そうなんです。石井さんの長ねぎじゃないとダメですってお客様が多いんです。
それに、出始めでこれだけ甘くてやわらかいなら十分です。
石井さんの野菜のいいところは、無農薬、味がいい、袋詰めなどの加工が丁寧、そして量が多い!
「お客さんにはたくさん食べてほしいの」と他の農家さんに比べて1.5倍か時には2倍以上も入れてくれます。
なのに値段はほぼ同じ。
つまり安い。
たまに「スーパーなら○○円よ」なんて言われる方がいますが、内容はともかく量も気にしてお買い物していただきたい。
と石井さんに代わりましてお伝えしたいのです。
R0019433.jpg
いんげんも少しですが入荷しました。

お知らせ
今月の宇野さんのお話し会は22日(日)11時〜「TPPの話」です。
食に関心のない方には他人事?かもですが、「十分気をつけないとダメ」と宇野さん。
もちろん無料です。
posted by フレスコ at 15:35| おすすめ商品・新商品

2015年11月12日

絹子、憧れの佐藤さんに出会った

年に数回ですが、食品の展示会に行きます。
新規の生産者さんや商品の開拓が主な目的です。
今、品揃えしている商品の中にも、そんな場で出会ったものがたくさんあります。
数百もある出店者から、優れた商品を見つけるのは容易ではなく、2,3でも出会えれば収穫大で、一日費やしても全く出会えない時もあります。

今回のもう一つの目的は、すでにお付き合いさせてもらっている方へのご挨拶も兼ねて。
リストを見ると、ハンバーグのサカタフーズさんや、お米の米シストさんの名も。
どちらもフレスコが自信を持っておすすめできる超逸品の商品を扱っております。
数年ぶりにお会いした担当の営業さん。
サカタの営業さん、お久しぶりです。
米シストの営業さん、あれ、かなりお太りになられました?
まあ、皆さんお元気そうで何よりです。
また店に遊びに来てくださいね。

今回、スタッフ絹子を連れていった理由は、みかんの佐藤さんが来られるというので。
「憧れの佐藤さん。お会いしたらなんて言おう」と、数日前からそれはもうソワソワしてました。
僕自身も数年ぶりの再会なので、本当に楽しみにしていました。
R0011474.jpg
「佐藤さん!フレスコの絹子です!はじめまして!みかん、とっても美味しいです!」
生佐藤さんに感動しまくりでした。
短い時間でしたが、いろいろお話をさせてもらいました。
詳しくは来月のフレスコ便りの絹子のコーナーでどうぞ。
R0011467.jpg
そうそう、密着ドキュメントのようなテレビ番組で、1ヶ月間佐藤さんを取材しているという人のインタビューも受けちゃいました。
「取引先の方の声も是非」と急に言われてカメラ向けられても、なんとたどたどしいことか。
いつ放送されるのか分かりませんし、僕らの部分はカットされると思いますが…。

店で肉類も充実させたいと、その手のブースを重点的に覗いては試食をさせてもらっていると、絹子が「本当に肉が好きなんだから」と。
そう言う絹子はスイーツのブースに吸い寄せられるようで、あれいない?と思うと、何やらパクパク食べていたりします。
まあ、ちゃんと添加物を使っているかどうかは確認しているようで、あれはダメだとか、これは売れそうだとか、味にはかなり敏感なので、放っておくと結構いい商材を見つけてきたりします。
で、今回の展示会。
これは売りたい!食べてほしい!という商品がいくつか。
細かな商談は後日ですが、ちょっと楽しみにしていてください。

posted by フレスコ at 22:22| オーナーの話

2015年11月11日

身知らず柿とぐんま名月

一年ぶりの入荷です。
昨年は初めての取り扱いでしたが、おかげ様で大好評でした。
R0019419.jpg
小柳さんの身知らず柿。
自分の実が分からなくなるほど、たわわに実を付ける事が由来との説があると小柳さんが言っていました。
R0011077.jpg
昨年、畑を訪れた際撮った写真です。
今年もこんな風景が広がっていることでしょう。
身知らず柿は皇室に唯一献上されている柿でも知られています。
こちら渋柿のため、焼酎に漬けてただいま渋抜き中です。
R0019420.jpg
開封は15日(日)です。
3Lの大玉サイズ。
あと数日お待ち下さい。

こちらは同じく小柳さんの干し柿用の柿。
R0019425.jpg
品種は同じ身知らず柿です。
R0019428.jpg
縄で縛るために枝をT字に残したりしますが、それだと来年実がならなくなってしまうそうです。
だからヘタから切ってしまいます。
じゃあどうやって吊るすのさって話になります。
R0019426.jpg
それがあるんですね。
専用のクリップが。
小柳さん、ちゃんと個数分入れておいてくれました。
しかも皮を剥いてクリップを止めて紐まで結んだ見本まで入れてくれて。
いい人ですね、小柳さん。
とりあえず20s分は、予約のお客様用ですが、今年はチャレンジしてみたいって方は追加しますので、お早めにお申し出ください。
「干柿は天日干しに限る」と小柳さん。
その辺で売っているオレンジ色の干柿ははみんな乾燥機での乾燥だそうです。
色は黒くなりますが、天日干しとは甘さが全然違うとか。
楽しみです。

こちらは西館さんのぐんま名月。
R0019380.jpg
数日前に一度入荷したのですが、ご紹介する間もなく売り切れてしまい、本日再入荷。
これがまた実に美味い品種です。
糖度も高いし、適度に酸味がある。
香りもいいし、食感もいい。
R0019382.jpg
ここ数日、あちこちからサンふじの頼りが届いています。
今年何種類のりんごを扱ったのか、多すぎて覚えていませんが、りんごラッシュもそろそろ終了。
とっても美味しいサンふじが届く前に、抜群に美味しいぐんま名月を食べておいてください。

小森さんから新物ぶどうジュースも届きました。
R0019423.jpg
今年はほとんどがワイン用に回ってしまって、数量はものすごく少ないです。
超貴重なぶどうジュースになってしまいそうです。
無くなったら終了です。
一度は飲んでほしい小森さんのぶどうジュースです。

12日(木)
丹羽さんの野菜(レタス、大根等)入荷します。
13日(金)
石井さんのほうれん草、小松菜、入荷します。

posted by フレスコ at 16:13| おすすめ商品・新商品

2015年11月10日

炊飯器で紅玉とさつま芋の煮物

先日少しだけ書かせてもらった某お魚の干物。
その後、スタッフうっちーにも出勤時に食べてもらいました。
口にして噛み噛みすること数十秒、いや数分。
「なんですかこれ…。噛んでも噛んでも味がしないんですけど。それにまず固くて食べられないんです。何だか悲しくなりますね、これ」
スタッフ絹子も改めて「良かったね、食べておいて。こんなの売ったら店の信用に関わってるわ」
そうなんです。
美味しさを売りにしている店が、美味しくないものを売ってたら、信用失くします。
オーナーのお墨付きも、絹子のイチオシも、うっちーの推奨品も、絶対の自信を持って貼らせてもらっているシール。
原料や製法などの内容はもちろんですが、美味しいものを美味しいと自信を持って伝えるために、食べることも大切な仕事です。
(上記の商品まだ残っているので、興味がある方はどうぞお声掛けを。お気軽に味見していってください。ご希望の方はお取寄せもできます)


R0019387.jpg
りんごの農家さんは言います。
「本当に美味しい紅玉って、ただ酸っぱいだけじゃないんだ。甘みもしっかりあるんだ」
R0019388.jpg
さつま芋の農家さんは言います。
「本当に美味しいさつま芋は、冷めても美味い」と。
R0019389.jpg
レモンの農家さんは言います。
「本当に美味しいレモンは、酸っぱいだけじゃない。風味が良くて旨味を感じる」と。
R0019390.jpg
レーズンの農家さんは残念ながらお会いしたことないです。
R0019391.jpg
紅玉、紅あずまを入れ、レーズンを乗せ、レモンを搾り、焦げ付かない程度の水を入れます。
R0019392.jpg
炊飯と保温の切り替えしかない、めちゃくちゃ旧型のおんぼろの炊飯器ですが、いい仕事してくれます。
ご飯も美味しく炊けるんですね。
R0019402.jpg
炊飯で約30分〜40分位かな。
その間、めちゃくちゃいい匂いが漂ってくるんですねえ。
たまらなくいい香りです。
R0019403.jpg
簡単にして、最高に美味い!
砂糖は使っていないのにこんなに甘くて、爽やかな酸味とのバランスも最高。
R0019405.jpg
さつま芋、甘くてホクホクしっとり。
R0019404.jpg
とろけるような紅玉。
R0019406.jpg
レーズンもいいアクセントになっています。

調味料入れなくても最高に美味い。
これぞ自然の美味しさです。


posted by フレスコ at 11:18| 作ってみました

2015年11月09日

レタスから相場を考える

今日入荷のレタス。
先日までの申し訳ないぐらいしょぼいレタスと打って変わって、とっても素晴らしいレタスが入荷しました。
傷んだ外葉を取ったらソフトボールぐらいのものもあったことも考えると、その3倍か4倍ぐらいはゆうにある。
R0019385.jpg
食感や味もいいです。

有機栽培とか慣行栽培に関係なく、生育に適した天候が続けば、野菜はどんどん成長します。
雨続きや干ばつやらの時はデキが悪いから、供給できず世間では値段が高くなる。
うちみたいな店は値段はあまり左右されないけど、品質が悪いものが入ってきたり。
今日のレタスのように、いいものが入ってくるってことは、順調に生育しているってこと。
世間ではちょっと前の相場高から一気に相場が下がりました。
R0019386.jpg
世間の相場が高い時は「意外と安いわね」と言われ、世間の相場が安い時「やっぱり高いのね」と言われる。
これ、スーパーの値段を基準にしているからそうなる。
見た目がレタスなら、どのレタスもただのレタスって認識。
今でもそう言われることがありますが、以前に比べると少なくなったような気がします。
価値で値段を付けている意味をご理解いただけているお客様が増えたからかもしれません。

あと数日で、群馬丹羽さんからレタスや大根、小松菜が入荷する見込み。
かと思えば、越谷石井さんから電話があり、今週末にはほうれん草と小松菜が出せるとのこと。
スペシャル長ねぎは来月入っちゃうかな、と言っていました。
色々楽しみが多くなってきました。


posted by フレスコ at 22:32| オーナーの話

2015年11月08日

手作りコンポートと手作り味噌

まずは紅玉のコンポート。
フレスコ便りの今月号、うっちーのコーナで紹介している実物です。
自宅で作ったものを持ってきてくれました。
R0019377.jpg
僕なんか、このようなオシャレな食べ物は食べたことがないので、コンポートって何?って感じでしたが、いやあ美味しいもんですね。
下の生地の部分も美味しいですが、りんごがまたいい!
やっぱり、紅玉ってこの手の料理に合うんですね。
作り方の詳細はフレスコ便りをどうぞ。

ここからは味噌。
先日サンプルでいただいた海の精さんの味噌3種です。
このシリーズ、実にいい味で、スタッフ絹子もイチオシの味噌なんです。
R0019320.jpg
豆味噌。
R0019321.jpg
玄米味噌。
R0019322.jpg
麦味噌。

ここ最近、りんごの種類が非常に多く、その都度味を説明するわけですが、甘さや酸味や香りがどうのってだけでは表現できない味の幅広さを感じ、味の表現って難しいなあと思います。
味噌もそう。
全然味が違うのに、甘口とか辛口とかだけじゃない奥深さ。
なので、とりあえずこの3種、味見できるようにしてあります。
どうぞお声掛けください。

海の精の担当者さん曰く「うちの味噌はダシがなくても美味しいんです」と。
実はその通りなんです。
もちろん、味噌汁を作る時はダシ入れますが、味噌の味見をする時には、ただ味噌をお湯に溶かして味を見る。
すると、旨みがバッチリ分かるんですね。
R0019329.jpg
味の好みはもちろんですが、旨みが全然違う。
R0019332.jpg
どんなに粗悪で安価な味噌でも、アミノ酸入りのダシを入れれば、大抵の人は美味しいと感じる。
でもそれが本当に美味しい味噌かどうかは、これですぐ分かってしまう。
本当に美味しい味噌は、ダシを入れなくても旨味を感じます。
一度試してください。

こちらはスタッフ絹子の今年の味噌2種。
R0019325.jpg
米味噌。
R0019326.jpg
そして麦味噌。

美味いです、絹子先生。
それぞれの味の特徴もよく出ています。
でも、例の方法で試してみると、やっぱり違いが分かります。
プロの作る味噌と比べるのがかわいそうですが、これって作り方より、樽の違いもあるかも。
長年使い続けている木の樽とプラスチックの樽では、旨みに違いが出るかもですね。
絹子も「やっぱり違うわ。旨味が全然。私もいつか木の樽で作ってみたいわ」と言っていました。

でも、手作りってだけで、十分価値があるます。
買ってきた味噌より何倍も価値があると思いますね。






posted by フレスコ at 17:00| オーナーの話