2016年05月31日

初めての花豆

花豆。
R0021294.jpg
あまり売れないんでしょうか。
来季はもう作らないかも、との事でした。
R0021295.jpg
なので、なくなったら終了の、まさに限定品。
いずれにせよ、美味しいのかどうなのか、お土産にいただいた花豆。
まずは食べてみましょう。
ちなみに、花豆を煮るのは初めてです。
R0021297.jpg
一晩、水に浸しておきます。
R0021317.jpg
かなり大きくなります。
R0021318.jpg
柔らかくなるまで茹でます。
R0021321.jpg
結構色が出るんですね。
煮豆の場合、火を止めて、ここに砂糖(てんさい糖使用)と醤油少々を加え、一晩寝かせておきます。
R0021385.jpg
するとどうでしょか。
いい感じで煮えたようです。
味ですが、うーん、美味い!
ホクホクで、なんて上品なお味ででしょうか。
R0021327.jpg
こちらは農家さんに教えてもらった一品。
「茹でた豆と豚肉を炒めて、醤油で味付けるだけ。これが美味しいんですよ!」と。
作り方は簡単だし、脂分の多い豚肉と淡白な豆との相性がこれまたいいじゃないですか。
聞いた時は醤油だけ?と思いましたが、全然OKですね。
R0021331.jpg
こちらも教えてもらった一品。
新玉ねぎと合わせてドレッシングをかけただけのサラダ。
これもありですね。
いけます。
R0021332.jpg
今まであまり食べる機会がなかったけど、花豆って美味しいんですね。
R0021381.jpg
せっかく素晴らしい花豆だけど、ラベルがちょっとダサい。
なので、ラベルも作っちゃいましょう。
わずか20袋を販売するために、ここまでするって…、と思ったりもしますが。
「美味い!美味しい!止まらない!」と、ただ茹でただけの花豆をものすごい勢いでパクパク食べていた絹子も気合十分。
ジュースのラベル作りの時もそうでしたが、「農家さんをイメージして」を心がけて文字を書いています。
R0021386.jpg
パソコンに取り込んで、シールにします。
なかなか味のあるラベルになりました。


posted by フレスコ at 08:58| おすすめ商品・新商品

2016年05月30日

赤みず、等々

今日も色々と入荷しています。
詳しくご紹介したい優れものばかりですが、とりあえず急ぎ足で。
R0021367.jpg
加瀬さんの葉付き新人参。
先日絹子が畑で抜いてきたあの人参ですね。
葉っぱは、サラダ、天ぷら、ふりかけ等に。
新物の葉付きは今だけです。
R0021362.jpg
山形からは赤水。
試食は後ほど。
R0021360.jpg
欠品しておりましたスープも再入荷。
分かる人にだけ分かる究極のスープです。
R0021368.jpg
前から紹介したいと思っていたドライトマト。
今まで扱ってきたドライトマトの中で、一番美味しいかもです。
旨みがギュッと詰まっています。
R0021361.jpg
注文しておいた花豆も入荷。
試食の報告は明日。
R0021369.jpg
さて、今日は赤みずを食べてみましょう。
葉っぱと取り除いて鍋に入るサイズにカット。
フキみたいに皮があるので、剥いでおきます。
茹でてからの方が、剥きやすかった気もします。
R0021370.jpg
塩を少々入れて茹でます。
あっという間に、きれいな緑色に変化します。
R0021371.jpg
水に付けます。
R0021374.jpg
なんて美しい緑色でしょうか。
R0021375.jpg
まずは、どんぶり麺の山菜そばに乗せて、これぞ本物の山菜そば。
シャキシャキとした食感と、中心部分から出てくるぬめりが面白い。
R0021377.jpg
もちろん、お浸しでもOKです。
赤みずを食べるのは初めてですが、なかなか美味ですねえ。
R0021378.jpg
萩原さんから、お願いしておいた野菜のサンプルが到着。
R0021379.jpg
一通りかじってみましたが、結構ワイルドな印象。
これからスタッフ皆で少しずつ使ってみます。


posted by フレスコ at 19:57| おすすめ商品・新商品

2016年05月29日

スナップエンドウ

せっかく好調だった柴本さんのほうれん草が2週間ほど欠品だったのは「ちょっと品質が悪くて」との理由でした。
それはそれで大いに結構。
お客様にはご迷惑をおかけしますが、低品質なものを無理やり出してもらうより、よほどありがたい。
たまにですが「なんじゃこりゃ」ってものがあったりして、生産者のプライドを疑う事もあります。
有機だからいいとか、無農薬だからいいって問題じゃなくて、野菜そのものの存在価値の問題です。
スタッフも見る目と舌がしっかりしているので「なんですかこれ!」(うっちー)、「なによこれー!」(絹子)と怒り心頭だったりする訳で…。
なので柴本さん、全然Okですよ。
無事、ほうれん草も復活し、ついでにスナップエンドウも入荷。
R0021325.jpg
そう言えば、柴本さんからスナップエンドウが入ったのは初。
「あれ?作ってましたっけ?」
「いや今年初めて作ったんだ」
「そうですか。ではまず味見からですね」
R0021353.jpg
湯で時間2分程度でしょうか。
うん、甘い!
風味もいい!
さすがですね〜。
それに加えて、安いのも嬉しい。
今まで出してた千葉産の減農薬より、2割程安く出せる。
しかもただの2割じゃなくて無農薬+有機JAS。
この差を分かってほしいですね。

さて、今シーズン初入荷のルバーブでスタッフ絹子がジャムを作ってきてくれました。
R0021358.jpg
今年は極赤がなかったので、ただの赤からスタートしましたが、いやいや全然いいじゃないですか。
美味い!
パンに付けてももちろん美味しいし、ヨーグルトに混ぜてもいい!
R0021356.jpg
何度も言うようですが、ルバーブジャムの作り方は、めちゃくちゃ簡単。
アク抜きなんて必要ないです。
洗って、切って、砂糖と煮るだけ。
15分位で出来ちゃいますよ。

こちらは、先日伺いました八ヶ岳の萩原さんからお土産でいただいた花豆。
R0021294.jpg
もちろん無農薬栽培。
R0021295.jpg
残り僅かと言うことでしたが、美味しければ販売したいと思っています。
R0021297.jpg
とりあえずお水に漬けて一晩。
続きはまた改めて。


posted by フレスコ at 23:58| おすすめ商品・新商品

2016年05月27日

赤玉、ルバーブ、ミニトマト

まずは斉藤さんの畑から。
R0021303.jpg
「まだちょっと早いな」と斉藤さん。
R0021304.jpg
来週からいよいよ梅の収穫です。
R0021306.jpg
それにして雑草がすごい。
R0021308.jpg
カエルが一休み中です。
R0021310.jpg
茄子も来週には何個か収穫できるかな。
R0021311.jpg
トマトはまだ全然赤くなっていません。
R0021313.jpg
今シーズン初入荷の赤玉ねぎ。
R0021314.jpg
今日の麦。
これから振るいにかけて枝や軽い粒を飛ばすそうです。
R0021316.jpg
先週はSサイズでしたが、今日からは2Lサイズの新シンシア。
R0021320.jpg
長野からはルバーブは初入荷。
R0014436
今年も作る予定ですが、とりあえず以前の写真。
これがまた絶品なんですね。
R0014439
作るのが面倒と言う方が少なくないですが、煮物より簡単です。
砂糖と一緒に煮るだけですから。
すぐに溶けるから時間だって煮物より短いし。
R0021322.jpg
最後のご紹介はミニトマト。
新潟は小林さんからです。
ここ数年、秋しか扱っていなかったのは、この時期の味の乗りがイマイチだったからです。
やっぱり小林さんのミニトマトは秋だよなって印象でした。
それはご本人も承知していましたが、珍しく「今年はこの時期でも味がいいよ」と電話があり。
そうまで言うならと送ってもらいました。
味ですが、甘っ!
糖度は秋物より高いかも。
逆にもう少し酸味があってもいいかなというほど。
香りは秋の方が強いですね。
でも、十分甘くて美味いミニトマトです。





posted by フレスコ at 16:35| おすすめ商品・新商品

2016年05月25日

八ヶ岳行ってきました

先週千葉の農家さんを回ったばかりですが、今日は八ヶ岳。
あのレトルトスープや黒うどんを作っている農家さんです。
IMGP3009.jpg
代表の萩原さん。
熱く、かつ冷静で、緻密さと大胆さを持ち合わせている印象です。
人に対する思いやり、考え方がしっかりしている方です。
IMGP2994.jpg
萩原さんの右腕、宮嶋さん。
若いけどしっかりものの営業担当です。
IMGP3004.jpg
埼玉出身の奥さん。
IMGP3026.jpg
新人の若者2人もがんばっています。
IMGP3027.jpg
二人ともまだ20代だそうです。(うらやましい…)
IMGP3030.jpg
今日はズッキーニの作付で忙しそうでした。
IMGP3035.jpg
もちろん、萩原さんもがんばります。
IMGP2990.jpg
畑の様子ですが、いいです!
IMGP2998.jpg
すごくいいと思います。
IMGP2997.jpg
もちろん、一通り食べてからにはなりますが、力強い印象です。
IMGP2992.jpg
とにかく多品種を栽培するという萩原さん。
IMGP2991.jpg
「是非、やりましょう!」と話がまとまり、近いうちにいろんな野菜が入荷してくると思います。
また力強く楽しみな農家さんが増えました。
IMGP3044.jpg
それにしても、とてもいい雰囲気なファミリーです。
色々とお話を聞かせてもらったので、詳しくは来月のフレスコ便りでご紹介します。

先週の千葉に続き、2週連続での農家さん訪問になりました。
そうそう出歩く状況にはありませんし、色んな面でキツキツになりますが、これが僕の本来の仕事!でありたいなあと常々思っているわけです。
行きたい場所も、会いたい農家さんも、もちろんメーカーさんもですが、たくさんありすぎて、悩みどころです。



posted by フレスコ at 23:00| オーナーの話

2016年05月24日

シンプルなトマトパスタ

まずまず好評の小林さんのトマト。
「これからもっと味乗ってくるから」と言っていたので、今後が楽しみ。
同時に来週は千葉からも新しくトマトが入荷する予定なので、トマト激戦期間になりそうです。
R0021264.jpg
今日は小林さんのトマトを使ってパスタ。
まず、新玉ねぎを炒めます。
もちろん、使うは煮干し玉ねぎ。
R0021265.jpg
しんなりしたらトマト。
R0021266.jpg
水は一切使いません。
R0021267.jpg
煮詰まってきたら味付け。
今回はハーブソルトを使用。
R0021268.jpg
パスタも用意。
R0021269.jpg
茹だったら合わせるだけです。
R0021273.jpg
今回は素材の味のみで味わいたかったので、トマトと玉ねぎ以外の具材は一切なし。
超シンプルなパスタにしました。
R0021271.jpg
これが大正解。
トマトの風味と酸味がいい!
砂糖を使っていないとは思えないほどの玉ねぎの甘み!
シンプルなパスタソースで最高の味わいです。
素材を味わうとは、まさにこの事だと実感します。
ちなみに、今回は野菜のおかげも味酵母も使っていません。
R0021277.jpg
余ったらパンに乗せても美味い!
本当なら、最初ににんにくを使いたかったところですが、今は皆無です。
でも、もうすぐ新物のにんにくが入荷します。






posted by フレスコ at 22:47| 作ってみました

2016年05月23日

阿蘇から山草茶

本日入荷のヤングコーン、青ねぎ、スティックブロッコリーにカリフローレ等々。
ご紹介したいものはたくさんありますが、まずはこれ。
R0021279.jpg
阿蘇山草茶パウダー。
注文直後にあの地震。
やっと届きました。
と言うか、がんばって作ってくれたんだと思います。
場所はまさに南阿蘇。
地震で倒壊した大学寮の裏で、崩れてしまった橋もすぐ近くの場所だったそうです。
まだ、流れこんだ土砂がそのままで、人力ではとても取り除くのは無理らしく、それどころか入り込む土砂が日に日に増えているらしいです。
梅雨が心配だと言っていました。
R0021282.jpg
それでも再開に向けてがんばっていらっしゃるようです。
「遅くなって本当にすみません。まだできることは少ないですが、できることは何でもやりますので…」と仰っていましたが、それはこちらのセリフです。
素晴らしい商品なので、がんばって販売したいと思います。

静岡杉本さんのお茶は明日の入荷予定です。


posted by フレスコ at 15:42| おすすめ商品・新商品

2016年05月22日

斉藤さんの畑

斉藤さんの畑。
今日の麦。
R0021235.jpg
すっかり刈り取られていました。
R0021240.jpg
刈り取られた麦は只今乾燥中。
R0021246.jpg
数日間、干すそうです。
R0021248.jpg
「1、2、3、…、6列あるだろ。だから六条麦って言うんだ」
R0021247.jpg
あの香ばしい新物の麦茶が飲めるのももうすぐです。
R0021238.jpg
ピーマンが少し大きくなっています。
斉藤さんのピーマンは香りが抜群。
ピーマン嫌いなお子さんには絶対に食べられないですね。
そうそう、今年のフレスコクイズにも出題された、スーパー向け等に一般的に栽培されているピーマンの農薬使用回数。
正解は、約50回です。
それだけで、この無農薬栽培がいかに凄いかお分かりですね。
本日の初入荷、3袋のみ。
これから数量増えてくると思います。
R0021236.jpg
トマトも大きくなっています。
完全無農薬で露地栽培。
これってものすごーく難しい事なんです。
フレスコに送られてくるトマトも、年間通してほぼハウスだし、どうしても減農薬になっちゃう。
同じ条件で栽培されている農家さんは2,3人でしょうか。
無事に赤く熟すといいなあ。
R0021239.jpg
梅干しに向けて、赤じそ。
昨年、斉藤さんの赤じそで漬けたお客様が、「全然違う!色もいいし、風味も良かったです!」との声をいただきました。
楽しみです。
R0021241.jpg
ブルーベリーの実も膨らんできました。
色づくまで待ちましょう。
R0021242.jpg
さて、梅。
斉藤さん曰く「まだ少し早いかな。青いと言っても、もっと透明感のある緑色って言うかな。そうならないとダメだよ」と。
R0021243.jpg
僕にはその緑色の違いがまだ分かりませんが、あと2週間位みたいです。
今年もいい梅が収穫できそうです。
ご予約も受付中です。

さて、店に戻ると小林さんのトマトが再入荷。
R0021255.jpg
当たり防止策も取ってくれたようです。
熟し加減も丁度いい。
R0021263.jpg
うん、いい!
前回のとは全然違う。
風味もしっかり、程よく酸味があるキリッとした味わいです。
アミーゴトマトが終了すると、中玉系のトマトが来月半ばまであるようで、しばらくは併売できそうです。


posted by フレスコ at 00:18| オーナーの話

2016年05月21日

玉ねぎステーキ等

「記憶が新鮮なうちに」と千葉の農家さん訪問をまとめる絹子。
R0021233.jpg
がんばってます。
R0021234.jpg
なかなか面白いです。
ご来店の際には、見てやって下さい。
R0021212.jpg
今日は、煮干玉ねぎの生産者、内山さんの一番おすすめの食べ方。
玉ねぎステーキを作ってみます。
ただ、厚切りにした玉ねぎを焼くだけです。
R0021216.jpg
油を敷き、蓋をして、蒸し焼きに。
写真では分かりづらいですが、玉ねぎが半透明になってきます。
R0021217.jpg
裏返して、こんな感じ。
R0021218.jpg
塩こしょうだけでもいいし、醤油を垂らしてもいいけど、今日はバターを使ってみました。
軽く塩だけ。
予め茹でておいたアスパラガス。
R0021219.jpg
すぐできちゃいます。
R0021221.jpg
玉ねぎはかなり厚切りでも良さそうです。
R0021222.jpg
玉ねぎが甘っ!
とろけるような食感!
他の農家さんが買いにくるだけありますね。
「何で煮干玉ねぎ?」と聞かれますが、肥料に煮干をたっぷり入れて育てているからです。
本業は煮干屋さんなんです。
またその煮干がこだわり抜いた逸品だとか。
だから美味しい玉ねぎができるんです。
R0021223.jpg
それから長野は吉越さんのアスパラガス。
これがまた絶品!美味い!
こんなに太いのに、全然固くないし筋も全く無い。
風味も抜群です!
R0021229.jpg
こちらも今が旬のそら豆。
R0021232.jpg
塩茹でも良し。
R0021227.jpg
焼きも良し。
R0021249.jpg
それから新玉ねぎと合わせても良し。
R0021250.jpg
溶いた小麦粉と混ぜて焼くだけ。
今回はチヂミ風に胡麻油を使用。
R0021251.jpg
蓋をしてじっくり火を通して、裏返して。
R0021252.jpg
旬を味わえる一品です。
R0021253.jpg
今回は小麦粉だけを使いましたが、片栗粉や米粉を混ぜてもっちり感を出してもいいかもです。
玉ねぎがかなり水分が多いので、水っぽくなりやすいようです。
R0021254.jpg
仕上げは表面をカリッとさせると美味しい!
ポン酢が合います。
R0021214.jpg
ついでにおにぎりも握ってみました。
と言うのは、いただきました海苔の試食。
昔ながらの厚い海苔で、風味がいい!
こんな海苔も置いても面白いかな、という印象でした。
が、その他の条件の部分で、取り扱いはちょっと難しいかな。
今のところ…。
R0021225.jpg
一緒に炊いたアマランサスがプチプチと面白い食感。
市販のタラコなんて怖くて食べられないって人が、よく代用するそうです。
味は違いますが、確かに食感は似てるかも。

入荷情報
来週からヤングコーン始まります。
一応、2,3週間の予定ですが、昨年は終了時期が大幅に早まりました。
「もうないですか?」と言う方が多かったのを記憶しています。
念のため、お早めにどうぞ。
今年は学校給食にも使うそうなので、どれだけ早く終わるか…。
でも、国産で無農薬のヤングコーンを給食で使ってくれる学校って、素晴らしいですね。

只今ほぼ欠品しております杉本さんのお茶各種ですが、人気のあさつゆを始め各種類が2,3日中に届く予定になっています。
今しばらくお待ち下さい。


posted by フレスコ at 17:12| 作ってみました

2016年05月20日

千葉行ってきました

スタッフの絹子が以前から会いに行きたいと言っていた生産者。
千葉の農家さん、押方さんと奥さんのエリッサさん。
僕自身、押方さんと会うのは多分8年ぶり位かなあ。
絹子はエリッサさんに会うのが楽しみだったようです。
IMGP2976.jpg
やっとのことで実現。
この日は営業さんの案内で千葉の農家さんを回りました。
IMGP2973.jpg
僕が会った頃はまだ新規就農の農家さんでしたが、今では中堅。
そしてブラジル出身のエリッサさん。
明るく笑顔が素敵な奥さんです。
IMGP2969.jpg
早速畑を案内してもらいました。
IMGP2974.jpg
今が旬のミニカリフラワー。
IMGP2975.jpg
そろそろ終了のレタス。
IMGP2978.jpg
2人仲良くお仕事されています。
P5180748.jpg
エリッサ&絹子。
すっかり仲良くなったようです。
IMGP2960.jpg
丁寧な作業で出荷準備です。
他にも、ちょっと珍しい野菜を色々と育てています。
今後注目の生産者さんです。
P5180752.jpg
「エリッサさん、ありがとう!またね♪」
P5180768.jpg
続いてはご存知加瀬さん。
P5180754.jpg
「まず大根食べて欲しいんだ」と抜いたばかりの大根をカット。
P5180757.jpg
「甘ーい!」
皮の方はやや辛みがありますが、この時期にしては十分すぎるほどの美味しさです。
P5180780.jpg
来週から出荷予定のレタス。
P5180773.jpg
こちらもむしってバリバリ。
うん、美味い!
P5180770.jpg
レタスにはアブラムシを食べてくれるてんとう虫がたくさんいました。
P5180787.jpg
「その辺、いいかな」
P5180794.jpg
「はい、お土産。食べて」
P5180797.jpg
立派なブロッコリーです。
P5180790.jpg
「わーい!ありがとうございます!」
P5180809.jpg
「玉ねぎもな。この根っこは天ぷらにすると美味いんだ」
P5180766.jpg
落ちていた間引きの泥付きの人参を拾って食べる絹子。
「甘ーい!間引きのでも美味しい♪」
P5180813.jpg
新物の人参も大きくなり始めています。
P5180815.jpg
いい型です。
P5180820.jpg
「ほら、その辺抜いてみろ」
P5180822.jpg
「これでいいですか…」
P5180823.jpg
「わーい、加瀬さんの人参!」
P5180826.jpg
「こっちはお土産に持って帰ります」
P5180828.jpg
玉ねぎ、人参等々…。
もう持てませんが。
P5180840.jpg
そろそろ終了のキャベツ。
P5180830.jpg
「これも食べていって」
P5180832.jpg
「結構でかいな…」
P5180834.jpg
バリバリ食べる絹子。
「こっちも美味しい!」
P5180844.jpg
こちらはさつま芋を貯蔵する地下の室。
P5180842.jpg
絹子には下りられなさそうだったので、僕が下りてみました。
P5180846.jpg
地下にはいくつかの部屋。
下ろしたり上げたり、作業は大変ですが、ここで貯蔵するすることでさつま芋の美味しさが何倍にもアップするんです。
P5180857.jpg
残念ながらお会いできませんでしたが、こちらは須賀さんのスティックブロッコリーと。
P5180858.jpg
カリフローレ。
P5180865.jpg
集荷場に戻ります。
今日収穫した野菜がここに集まり、仕分けされて出荷。
明日の朝には店に届きます。
P5180863.jpg
納品に来ていたのはもしかして…。
「あれ水菜の井口さんじゃない?」と井口さんを発見する絹子。
毎日水菜を食べている絹子が憧れの生産者。
P5180866.jpg
「井口さんの水菜、毎日食べてます!一緒に写真撮って下さい!」
快く応じてくれる井口さんでした。

皆さん、お世話になりました。
ありがとうございます。

当日の様子を簡単にご紹介しましたが、詳しくは来月のフレスコ便りで特集する予定です。
お楽しみに。

posted by フレスコ at 11:20| オーナーの話