2017年12月03日

かぶの食べ比べ

まずは石井さん情報から。
DSC03379.jpg
今日の仕入れ。
長ねぎ、小松菜、春菊、赤水菜とからし菜のサラダセット、白菜。
DSC03380.jpg
そして、そろそろ収穫が始まる大根を1本もらってきました。
さすがに採りたて、葉っぱが元気です!
大根は、甘みもあり程よく辛味もあり、やや小さいけど美味しい大根です。
次の週末に少し入れようかと思っています。
一時欠品していたほうれん草も大きくなり始めているので、次回仕入れできそうです。
少量ですが、八頭も入荷します。
石井さん曰く、すごく美味しいそうです。

のらくらさんからは今シーズン初の長芋。
DSC03382.jpg
やや小ぶりですが、むしろこれぐらいの方が使いやすいかも。
DSC03383.jpg
味はどうでしょうか。
非常に気になるところです。
DSC03384.jpg
摺り下ろしてみましたが、結構いいと思います。
一昨年入荷した藤田さんの長芋がめちゃくちゃ美味しかったので、その印象が強く残っていて、比べてしまうとっていうのがどうしてもありますね。
近日、長芋を使って何か作ってみます。

さて、今日の本題。
DSC03385.jpg
かぶの食べ比べ。
一度に3人のかぶが揃うのは珍しいです。
DSC03388.jpg
右から長野は八ヶ岳ののらくらさん。
中央が長野の中野から柴本さん。
左が千葉の飯田さんです。
のらくらさんと柴本さんは洗いで、飯田さんのみ泥付きです。
すでに気温がかなり低い長野ののらくらと柴本さんは、霜で葉が傷んでいるようです。
飯田さんは台風の影響で葉が傷み、上部はカットされています。
のらくらさんの葉先が傷みがややとろけ気味になっているので、ここはバッサリカットして出荷した方が良さそうです。
ちなみに全て完全無農薬栽培です。
DSC03389.jpg
まず生で食べてみましょう。
切った感触ですが、すでに差があります。
果肉が固いのか、柴本さんのはパリッとした切れ方。
包丁がスッと入っていくのは飯田さん。
DSC03391.jpg
さて試食。
のらくらさんのは程よく甘みを感じますが、すごく甘いとまではいきません。
食感はややパリッとしています。
柴本さんのは若干甘みが弱いようです。
食感は一番固いかな。
そして飯田さん。
甘っ!
甘さはダントツです。
そして食感はしっとりタイプ。
キメが細かいです。
一押しは文句なしに飯田さんのかぶです。
寒さが増すと甘みも増す事を考えると、長野に比べ千葉は不利ですが、それでもこの味ってすごいです。
DSC03392.jpg
では蒸してみましょう。
DSC03393.jpg
さらに甘みが増したのが飯田さん。
これはすごい。
果肉はやわらかでとろけるようです。
生よりも加熱した方がいいのがのらくらさん。
甘みが急に増しました。
柴本さんはさほど味に変わりはないようです。
筋はどのかぶもありません。

と、三者三様の味わいになっています。
さすがに飯田さんはかぶ作りの名人だけに、別格の感がありますが、多種の品種を作っているのらくらさんと柴本さんもかなりがんばっていると思います。
今回やや評価が低かった柴本さんですが、今までの経験上、こんなものではないです。
飯田さんに匹敵するほど美味しい時もあったので、今後味が乗ってくるかもしれません。
また、昨日斉藤さんの畑に行ったら、かぶが大きくなり始めていたので、こちらも楽しみです。
かぶ、激戦です。

ちなみに今回の試食、スタッフ絹子に、誰のかぶか言わずに試食して当ててもらいましたが、全問正解でした。
さすがです。

入荷情報
斉藤さんの菊芋は9日(土)入荷の予定です。


posted by フレスコ at 21:05| おすすめ商品・新商品