2018年05月31日

きゅうり再開と試しに生姜の加工変更

ようやく人参が再開したと思ったら、今度はきゅうりが欠品して。
もしかしたら、また数週間欠品かなと覚悟していたら、タイミングよく出荷してくれた柴本さん。
DSC05980.jpg
7月になったらきゅうりだらけになり、頼まれてもごめんなさい状態になるのは毎年のこと。
だから、この時期に柴本さんが出してくれるのは、本当に助かります。
DSC05984.jpg
食味もいいです。
きゅうりの風味、そしてパリッとした食感。
まだ数は少ないようですが、可能な限り欠品しないように注文出します。
ちなみに、有機JAS付き無農薬です。
普段その辺はあまりアピールしていませんが(当店では当たり前なので)、実はすごいこと。
一般に販売されているきゅうりの農薬回数は40回ほどで、化学肥料もほぼ同じくらいです。
茄子やトマトやピーマンも相当多いですね。
それを考えると、無農薬の野菜を栽培して出荷するってホント大変なんです。


これからの季節、鮮度管理に気を使います。
DSC05982.jpg
鮮度保持が難しいのが生姜。
DSC05979.jpg
生姜は南国原産なので、寒さに弱いんです。
だから冷やし過ぎはだめ。
かと言って夏場の常温は高すぎ。
難しいのは、冷ケースに陳列していると、結露で傷みが早まってしまうこと。
DSC05977.jpg
で、考えました。
ラップする際、結露防止に新聞紙を一緒に巻いてみることに。
DSC05978.jpg
少しでも湿気を吸ってくれれば。
試しです。
効果がなければ、また考えます。
辛味も風味も最高の黄金生姜なので、少しでもいい状態でお渡しできるように。

ついでにミニトマト情報。
アミーゴトマトが終了してしまったため、アミーゴミニトマトを入れてみました。
DSC05985.jpg
でも、味がダメでした。
世間一般に比べたらどうか分かりませんが、うちで買ってもらうもらうには申し訳ない味。
なので、得用サイズでいつもの半額の値段で売り切りにします。
来週から、味が乗ってきている大木さんのミニトマトを中心にします。


posted by フレスコ at 15:11| おすすめ商品・新商品

2018年05月30日

初めて作るらっきょう甘酢漬け

「今年のらっきょうはよくできたぞ」と斉藤さんが自慢げに話していました。
「そうですか」とは言ったものの、僕はらっきょう漬けを作ったことがないので、その良さが分かりません。
「斉藤さんのらっきょうがすごく美味しかった!」とお客様から言われても、そうなんだ〜と思うしかありません。
それではいけない。
では、作ってみるか。
とらっきょう漬け、初挑戦。
DSC05938.jpg
もちろん、泥付き。
DSC05939.jpg
バシャバシャと洗います。
DSC05941.jpg
よく面倒だと聞きますが、要するにここなんですね。
上下を切って、皮を剥く作業。
確かに面倒…、って言うか飽きる…。
毎年漬けている母親に聞いたとろこ「2kgで1時間はかからないかな」と言っていました。
DSC05942.jpg
結果、1kgで45分位でした。
DSC05944.jpg
ここで熱湯をかけ回します。
これ、母親に教わった技。
これをすると2年経っても3年経ってもパリッとしているそうです。
理由は分からないそうですが、確かにうちのらっきょう漬け、何年も前の食べてもパリッとしています。
母親も昔教わったそうですが、昔の人の教えは学ぶべきですね。
DSC05946.jpg
さて味付け。
今回は、ベースを富士酢と味酵母にしてみましょう。
DSC05947.jpg
富士酢500に味酵母200でどうかな?
まず味見。
ケホケホ。
結構酸っぱい。
このままだと甘酢漬けと言うより、ただの酢漬けだ。
DSC05948.jpg
甜菜糖をスプーン3杯入れてみよう。
あまり甘くはしたくないので少しずつ。
うん、少しイメージと近づいてきたかな。
市販の原材料見ても(正しいものでも)砂糖が先頭にきていたりするから、結構な砂糖の量なんですね。
DSC05950.jpg
蜂蜜なんか入れてみたりして。
スプーン3杯位でどうだ。
うーん、もうちょい砂糖かな。
だんだんアバウトになってきた…。
でも、ちょっといい感じ?
DSC05952.jpg
宮内さんの唐辛子。
瓶がなかったので余っていたタッパーで代用。
トータルで約1時間ちょっと。
これを手間と見るか、面倒と感じるか、それとも有意義な時間と取るか。
人それぞれでしょうが、僕は一番後者だと感じられる人間になりたいですねえ。
まあ、出来上がりにもよりますが、さてさてどんな感じになるでしょうか。
数カ月後が楽しみです。


posted by フレスコ at 08:59| 作ってみました

2018年05月29日

むね肉の春菊梅肉乗せ

肉は何でも好きですが、特に鶏は好きです。
でも、やっぱりもも肉多いですね。
ムネ肉はあまり…。
でも、どうせ食べるなら美味しくいただきたい。
DSC05893.jpg
で、いきなり料理開始。
開いた鶏のむね肉に塩コショウ。
余っていたミックススパイスも使ってみました。
ちなみに、ありたどりさんをチョイスしました。
DSC05894.jpg
片栗粉をまぶします。
DSC05896.jpg
野菜のおかげに塩を入れたスープを沸騰させ、むね肉を投入。
火を止め、予熱で30分位かな。
DSC05897.jpg
冷めたらスライスして出来上がり。
これがですね、簡単なのに結構美味しいんですよ。
DSC05898.jpg
さっぱりしていて、でもパサパサ感はなく、かなりしっとり。
スパイスとスープの味もとてもいいです。
でも、どこか物足りない。
DSC05902.jpg
で、さらに美味しく。
柴本さんの春菊に、サンプルでいただいた柚子ドレッシングをちょこっとかけてみました。
すっごい美味しい!
美味しさ2倍!
でも、これは春菊が美味しくないとダメだと思いますね。
DSC05904.jpg
さらに、ここに梅肉をほんの少し乗せてみました。
うっ、美味い!
美味しさ3倍!。
夏にピッタリではないでしょうか。

きゅうり情報
近日、柴本さんのきゅうり入荷します。
「きゅうり、まだですよね?」(←ダメ元で)
「そうそう、今日から採れ始めたよ」
「ホントに!なくて困ってたんですよ」(←ただいま欠品中)
「他にも頼まれててさ。回せるかな」
「頼みますよ、柴本さん。今度遊びに行くから」(←意味不明)
「フレスコさんの頼みだからなあ。じゃあ、近い内に送るよ」
困った時の柴本さん。
ありがたいです。
まあ、柴本さんが困った時にはよく電話がかかってくるので、お互い様ですね。


posted by フレスコ at 18:26| 作ってみました

2018年05月28日

祝!人参入荷

約1ヶ月弱、人参が欠品していました。
毎年、この時期はギリギリつながっているのですが、実際欠品したのは数年ぶりです。
人参に限らず、主力野菜の欠品は、本当に気が気じゃなくてストレスになります。
スーパーで売られているような、どんな人参でもいいのなら手配することも可能でしたが、ここはじっと我慢の子でした。
DSC05922.jpg
祝!人参入荷!
まずは高仲さんから泥付きでの入荷です。
DSC05926.jpg
泥付きがいいか悪いかは賛否両論あり、僕は洗い推進派ですが、まずは入荷の喜び。
DSC05927.jpg
意外なほどに糖度が高いですね。
もちろん香りもしっかりあります。
DSC05930.jpg
こちらは加瀬さんから葉付人参。
さすが、香りはいいですね〜。
人参の香りがプンプンします。
期間、数量とも限定です。
DSC05931.jpg
新じゃがも入荷。
味見は改めて。
DSC05928.jpg
ついでにセロリも初入荷。
これ、かなりいいですね〜。
品質も高いし、セロリの香りすごっ!
セロリ好きな方にはたまりませんね。

まだまだ安定しない野菜もありますが、徐々に揃ってくると思います。
6月に向けて乞うご期待。


お詫びとお願い
「じゃが芋の中が傷んでいた」「納豆がネバネバしない」等、お客様からの声をいただいております。
大変申し訳ありませんでした。
無農薬であるが故の病気による傷み、店での鮮度チェック不足、生産者側での不良等、原因は様々ですが、店が原因のものはさらに鮮度チェック等、生産者側で原因のものは速やかに連絡する等、なお一層の商品管理を心がけます。
また、不良等の商品がございましたら、どうぞ遠慮せずにお申し出ください。
味が良くないでも構いませんし、切ってみないと分からない、食べてみないと分からない、等の場合もあり、お申し出いただくと非常に助かります。
なお、納豆の件に関し、生産者に問い合わせた結果、納豆菌を変更したところ相性が悪かった可能性があり、直ちに改善するとの事でした。
今後ともご指導宜しくお願いいたします。


posted by フレスコ at 09:37| おすすめ商品・新商品

2018年05月27日

春菊、小松菜食べ比べ

同じ品種の農産物が同時に入荷すると特に気になるのが味の違い。
そこは正確にお客様にお伝えしなくてはいけません。
ただ有機ですとか無農薬だとかじゃお話になりません。
フレスコの場合は。
DSC05910.jpg
ではまず春菊。
右は長野は八ヶ岳からのらくらさんの春菊。
左は同じく長野の中野から柴本さんの春菊。
いずれも無農薬です。
DSC05912.jpg
のらくらさんの春菊は定評があり、毎年大人気です。
非常に香りが強く、エグミがないので、生でサラダがお勧めです。
うん、相変わらず美味い!
DSC05911.jpg
さて、柴本さん。
のらくらさんに比べて、葉がやや大きめ、茎が太めかな。
おっ、いい!
香りいいですね〜。
こちらもサラダがお勧め。
のらくらさんと比べると、うーん、甲乙つけがたいなあ。
強いて言えば、柴本さんの方がしっとり?
どちらも文句なしに美味しい。
ただ黙って並べておくと、のらくらさんの方が断然売れます。
昨年、春菊の専用袋を作った甲斐もあり、見た目に優れるのらくらさんが有利と言えます。
DSC05915.jpg
続いて小松菜。
左から千葉の篠崎さん、真ん中のらくらさん、右が柴本さん。
全部無農薬です。
DSC05916.jpg
では篠崎さんの小松菜から。
うん、普通に美味しいです。
とても食べやすいですね。
DSC05917.jpg
そしてのらくらさん。
うん、普通に美味しい。
言われなければ篠崎さんのと区別はつかないかも。
ちなみに、ここで言う普通は、レベルの高いフレスコの基準であり、スーパーの野菜と比べたものではありません。
DSC05918.jpg
最後は柴本さん。
おっ、違う!
これはかなりジューシーですね。
そして小松菜の風味がしっかりあります。
DSC05919.jpg
ただ柴本さんのは虫食いが多いです。
篠崎さんはハウス、のらくらさんは標高が高い、柴本さんは盆地で気温が高く露地栽培。
その差が出ているのかもです。
のらくらの萩原さんは「柴本さんはすごいですよ。あそこ(気温が高い場所)で有機栽培やってるんだから。技術者ですよ」と先輩の柴本さんを高く評価しています。
皆さん、素晴らしい方ばかりです。
DSC05920.jpg
うちのスタッフは「食べないとポップのコメントも書けない」「お客さんに説明できない」と率先して食べています。
ありがたいことです。



posted by フレスコ at 19:10| おすすめ商品・新商品

2種類のオムライス

1年に1回位かな、オムライスを作るのは。
玉子がたくさん売れ残ってしまった時とか。
一瞬迷うのが玉子の乗せ方。
迷ったついでに2種類作ってみましょう。
DSC05840.jpg
新玉ねぎとひき肉を炒めます。
もちろん、普通の玉ねぎでも鶏肉でも。
DSC05841.jpg
ご飯にケチャップ。
DSC05842.jpg
このまま食べても美味しいでしょう。
DSC05843.jpg
さて玉子。
ここからが大事なんですが、玉子料理は時間と火加減の勝負。
DSC05845.jpg
これ以降、写真を撮っている暇がないので残念ながら割愛。
それにしてもIHってのは使いづらいですね。
持ち上げた瞬間に火力0ですし、火加減が感覚的に分かりづらい。
DSC05851.jpg
でも、とりあえず完成。
しっかり玉子バージョンとふわとろバージョンの2種類。
出来栄えとしては、まあまあかな。
DSC05847.jpg
こちらしっかりバージョン。
昔懐かしいベーシックタイプです。
DSC05846.jpg
そしてトロトロ感を打ち出した今どきのタイプ。
DSC05850.jpg
玉子の風味って言うんでしょうか、玉子感がしっかりしたオムライスです。
放し飼いの正しい玉子を使っているから、より際立っています。
DSC05849.jpg
玉子のトロトロした食感がいいですね〜。
玉子が美味しい♪って感じます。
いずれも、全て正しい材料を使っているので、ご飯も玉ねぎも、もちろんケチャップも、それぞれの素材の魅力を十分に楽しめるものになりました。
今回、一つのオムライスに付き玉子を3個も使ってしまいました。
ちょっと食べ過ぎですが、滅多に食べるものではないし、こんな時位は気にせず美味しくいただきましょう。

お知らせ
フレスコでもお取り扱いさせていただいております下仁田納豆さんが28日(月)テレビで紹介されるそうです。
以下、下仁田納豆さんからの案内です。
........................................................................................
この度、5月28日(月) 20時〜テレビ東京【世界!ニッポン行きたい人応援団】にて下仁田納豆を取り上げていただく事となりました。長期間の撮影・取材を受け非常に大変でしたが、従業員&パートさんはじめ、阿部経木店さまや、かぶら大豆生産者協議会のみなさまの、ひとかたならぬご尽力、ご協力を頂きながら無事に撮影を終えることができました。私自身も放映がとても楽しみですし、みなさまにもご覧頂けましたら幸いです。5月28日(月) 20時〜テレビ東京【世界!ニッポン行きたい人応援団】
........................................................................................
時間が合うようでしたら、ご覧ください。



posted by フレスコ at 09:07| 作ってみました

2018年05月26日

白加賀梅初収穫

今年も梅の季節がやってきました。
と言うことは収穫をがんばらないといけない訳です。
DSC05859.jpg
無農薬の梅を自ら収穫して販売する。
なんて手間のかかる事をする八百屋でしょうか。
DSC05860.jpg
でも斉藤さんの梅を待っていてくれるお客様が多いですから、がんばらないとですね。
DSC05866.jpg
今日の同行は収穫大好きスタッフ絹子。
DSC05869.jpg
「ほらあそこ、大きいよ!」
見つけるのは得意です。
DSC05864.jpg
高いところは僕が台や木に登り収穫、低いところは絹子に任せます。
DSC05872.jpg
木にはまだたくさん実っていましたが、まずは大きい梅だけを収穫しました。
DSC05867.jpg
とりあえず客注分は確保。
後は次回ですね。
ちなみに、今日と来週は白加賀で、その次が南高梅の収穫です。
DSC05874.jpg
「結構粒大きいのが採れたな」
選別して袋詰してくれる斉藤さん。
DSC05879.jpg
こちらは今シーズン初のらっきょう。
らっきょうも斉藤さんのをご指名されるお客様が多くて、それだけ美味しいんですよね。
でも、今年は数が少ないみたいで、数量限定です。
DSC05877.jpg
赤じそはまだ小さいですが、すくすく育っています。
DSC05875.jpg
斉藤さん自慢の麦茶用の六条大麦。
こちらも楽しみにしている方が多いです。
DSC05876.jpg
種取りように残しておいたねぎ。
自家採種、素晴らしい!
斉藤さんの野菜や果物は全て完全無農薬。
素晴らしい!
DSC05880.jpg
「昔はみかんもたくさん採れたんだけどな。オイラの時は300万トン位かな。昨年なんて74万トンだってよ。木が古くなっているのと、新しい柑橘が増えたからな」
DSC05889.jpg
「6月は色々野菜出せるからな。5月は何もなかったからな」
DSC05890.jpg
収穫の後、斉藤さんと話すのも楽しみの一つです。

徳用有機梅干し入荷しました。
DSC05892.jpg
これ、美味しいですよ。
原材料は間違いなし。
28年度に漬けたものなので、塩の角が取れて非常に食べやすくなっています。
数量限定です。

お知らせ
杉本さんのお茶をご予約のお客様、新茶入荷しております。
posted by フレスコ at 14:36| おすすめ商品・新商品

2018年05月25日

スペシャルなジュース勢揃い

小森のお父さん、早速送ってくれました。
DSC05828.jpg
スペシャルなぶどうジュースです。
これ、最高に美味いんです。
味が濃くて、甘さも十分で、それでいて適度な酸味、そして大切なのが風味。

そう言えば何年も前の展示会。
同行したスタッフ絹子がこのジュースの味に感激し、それがきっかけでお付き合いが始まりました。
あれ以降、多くのぶどうジュースを飲みましたが、今現在これ以上のぶどうジュースには出会えていません。
DSC05834.jpg
せっかくなので、フレスコ自慢のジュースを並べてみましょう。
佐藤さんのやさしいみかんジュース、小森さんの父と息子のぶどうジュース、西舘さんと類家さんの元気なりんごジュース、丸山さんの明るいりんごジュース。
超スペシャル、壮観と言ってもいいです。
でも、意外と全部が揃う時が少ないんです。
DSC05835.jpg
これら全てフレスコのオリジナルラベル。
うちで手作りのラベルをわざわざ作る商品は、味や品質に絶対の自信があるものだけです。
DSC05836.jpg
写真、文字、イラスト、背景、レイアウト等々、ものすごく考えて作っています。
農家さんにとっても、また僕らにとっても、ものすごく大切なジュースなんです。
どれを選んでも間違いないです。
まだ味わったことのない方は、是非ご賞味ください。

梅情報
26日(土)斉藤さんの白加賀初収穫の予定です。






posted by フレスコ at 17:17| おすすめ商品・新商品

福島を走ってきたよ

さてさて、小森さんの畑を後にし、2人とは別行動でツーリング開始。
日頃の行いがそれほどいいとは思えませんが、二日間とも快晴でした。
IMGP50851.jpg
バイクで来てよかった。
IMGP50491.jpg
裏磐梯から磐梯山を眺めながら走り始めます。
気持ちのいいワインディングはゴールドライン、緑のトンネルはレイクライン、ワイルドな山岳道路はスカイライン。
かつて全て有料道路だっただけあり、走り応えのある気持ちのいい道でした。
IMGP5056.jpg
先日、とんかつは当分食べたくないと言っていたにもかかわらず、途中で食べてしまったカツカレー。
普通に美味しかったです。
IMGP5053.jpg
塩ラーメン。
普通に美味しかったです。
IMGP5057.jpg
アイス。
塩アイスとアスパラアイスのダブルをチョイス。
素材感がしっかり出ていて結構美味しかったです。
でも、フレスコのアイスの方が上だね。
IMGP5078.jpg
周辺は温泉の宝庫。
当然入ります。
IMGP5067.jpg
内湯、いい雰囲気ですねえ〜。
お湯の温度もちょうどいい。
IMGP50741.jpg
外は新緑。
IMGP5077.jpg
露天風呂、大好き。
めちゃくちゃ気持ちいい〜。
IMGP5076.jpg
見上げると新緑と青空。
最高!
たまには入浴シーンも公開しようと思いましたが、苦情が来そうなので割愛。
この時、アブだかブヨだかに4箇所も刺されてしまいました。
こういう所に多いんですよねえ…。
足とお尻、すっごい痒いんですけど。
IMGP5082.jpg
スカイラインの途中にあった吾妻小富士。
うーん…、登っとくか。
IMGP5083.jpg
結構登ってきたな。
かなりキツイっす。
ああ、運動不足。
IMGP5084.jpg
一応、火口まで見える場所まで登りました。
IMGP50871.jpg
うん、絶景、絶景。
とりあえず、登ってよかった。

その後、東北道で一路埼玉へ。
眠気覚ましのドリンク剤を服用し、快調な走り。
滅多に飲まないから、効くんだな、これが。

実質、一泊一日ちょっとって感じでしたが、非常に充実した時間でした。
福島、また行きたいです。


入荷情報
26日(土)
柴本さんの春菊、小松菜、パセリ入荷します。
のらくらさんの春菊、小松菜、にんにくの芽、入荷します。


posted by フレスコ at 08:52| オーナーの話

2018年05月24日

絹子&よっしーの木地体験してきたよ

今回の福島の旅、僕が2人と合流したのは初日の夜。
夕方からうっちーに店を任せ、それから出発したのです。
会津若松で合流する前、絹子とよしぴーさんは南会津で木地体験をしてきました。
これは僕が昨年訪れた時に撮った写真ですが、この方は絹子のおじさんです。
木を削り、器を作る人が木地師です。
今はほとんどいなくなってしまった木地師。
おじさんもこの地域では最後の木地師だと言います。
DSC05673.jpg
その木地体験に挑戦の絹子。
DSC05665.jpg
そしてよしぴーさん。
DSC05666.jpg
なかなか難しいそうです。
DSC05686.jpg
数時間?かけて削り出した器。
いいですね〜、温もりのある木の器。
DSC05680.jpg
素人が作ったにしては、上出来じゃないですか?
DSC05677.jpg
2人のお弟子さん(右と左)と談笑している様子。
おじさんの元で何年も修行し、今度工房を持つとか。
「その時は是非、来てくれよな」と言っていたそうです。
大切な日本の伝統工芸。
絶やさず伝えていきたいですね。
DSC05689.jpg
さて、昨年ご予約でご注文をいただいておりましたお客様。
だいぶ出来てきた様子ですが、なかなか時間がかかるようで、もうしばらくお待ち下さい。
絹子の報告によると、とても素敵な器が出来ているそうです。
DSC05696.jpg
外の水車は動力として今も使っています。
素晴らしい!

入荷情報
新ごぼう、ピーマン入荷しました。

きゅうり情報
人参は来週月曜日から再開しますが、今度はきゅうりが欠品です。
石毛さんのきゅうりに病気が発生してしまったため(全滅)、当分入荷はありません。
次の生産者さんが出てくるまでしばらくお待ち下さい。


posted by フレスコ at 09:36| オーナーの話

2018年05月23日

ぶどうの小森さんに会ってきたよ

昨年、小森さんを訪れたのはちょうどぶどうがなっている時期でした。
今年は新芽が出てきたこの時期に訪れてみました。
IMGP5024.jpg
小森のお父さん。
相変わらず笑顔が素敵です。
IMGP5027.jpg
今回の同行はスタッフ絹子と、お客さんのよしぴーさん。
IMGP5048.jpg
二人は車で、僕は後からバイクで、現地集合現地解散です。
DSC05759.jpg
田植えで忙しい息子の治郎さんも顔を出してくれました。
IMGP5006.jpg
詳しく丁寧にぶどうの話をしてくれる小森さん。
初めてぶどう畑を訪れる2人も熱心に聞いています。
IMGP5018.jpg
ぶどうはちょうど蕾の時期。
すでにぶどうの形をしていますが、実はこれから花が咲きます。
IMGP5011.jpg
もう少し早いと、このぶどうの蕾を天ぷらにして食べると美味しいそうです。
ぶどう農家さんだけの特権でしょうか。
IMGP5010.jpg
30種類以上の品種を栽培する小森さん。
今の季節は枝がぐんぐん伸びます。
IMGP5044.jpg
「雑草にもそれぞれ意味があるんです」
みかんの佐藤さん、りんごの西舘さん類家さん同様、雑草を大切にする小森さん。
IMGP5035.jpg
かえるがいっぱいいました。
健康な畑です。
ついでに蚊もすごかったです。
IMGP5038.jpg
とてもいい話が聞けました。
また来月のフレスコ便りで絹子が報告すると思います。
お楽しみに。

福島の旅、その前後の話は次回以降にします。

ぶどうジュースがまだあるとの事で注文してきました。
品種はレッドポート。
めちゃくちゃ美味しいですよ。
近日入荷します。


人参情報
大変お待たせしました。
新物人参が28日(月)からスタートです。
普通の人参と葉付人参も品揃えします。


posted by フレスコ at 19:31| オーナーの話

2018年05月21日

ルバーブジャムと桑の実ジャム

今日はジャムを2品作ってみます。
ルバーブジャムと桑の実ジャム。
DSC05635.jpg
まずはルバーブから。
2,3センチにカット。
DSC05637.jpg
甜菜糖をまぶして火にかけます。
500gに対して200gの砂糖で作ってみます。
焦げないように少しだけ水を入れました。
DSC05639.jpg
最初は弱火で。
すぐに水分が出てくるので、そしたら火を強めてもOK。
DSC05640.jpg
5分程度でこんなにとろけてきます。
DSC05641.jpg
ルバーブは早いですね。
10分でできちゃいます。
DSC05642.jpg
ルバーブは酸味があるので、入れても入れなくてもいいですが、最後に少しレモン汁を。
佐藤さんのレモン果汁なので、酸味をプラスすると言うより、フルーティーさを足す意味で。
DSC05631.jpg
さて、桑の実。
DSC05632.jpg
斉藤さんに言われた通りよく洗います。
確かに虫さんが少しいました。
DSC05643.jpg
桑の実はほとんど酸味がないので、甜菜糖は桑の実500gに対して150gにしてみました。
ここでも水を少々。
枝?茎?の部分はそのままで、後でいいと斉藤が言っていたので、そのまま使っちゃいました。
DSC05645.jpg
ルバーブと違ってすぐにはとろけない桑の実。
DSC05646.jpg
でもこれが本来のジャム作り。
根気強く。
もはや、茎を取り除く事は不可能です。
DSC05647.jpg
30分くらいでしょうか。
やっとジャムらしくなってきました。
茎は残っていますが、さほど気にならないかも。
DSC05648.jpg
こちらは酸味をプラスする意味で多目にレモン果汁を入れます。
DSC05651.jpg
こうして出来上がったジャム2品です。

で、ジャム作りをしてみて思ったこと。
世間の安いジャムの原材料見ると先頭が砂糖。
つまりほぼ砂糖ってこと。
煮詰めながら、ここでトロミが付いて欲しいよなってところでゲル化剤を使えば、カサが減らずに済む。
その時点では味が薄いから様々な添加物。
ほぼ砂糖で、味を添加物で誤魔化して、果物なんてほんの少しだから安い。
手作りするとそれが分かっていいですねえ〜。
原材料を見ると一目瞭然です。
今回の場合、原材料表示をするとすれば、「ルバーブ 砂糖(てんさい糖) レモン果汁」「桑の実 砂糖(てんさい糖) レモン果汁」と非常にシンプルです。
DSC05653.jpg
さて、ルバーブジャム。
酸味がいいですね。
ただ個人的にはちょっと甘いかな。
もう少し砂糖を少なくすればよかったかもです。
DSC05652.jpg
そして桑の実ジャム。
すごいですね、見た目が…。
味ですが、なかなかいいです。
ただ、この味をどう表現していいものやら…。
桑の実自体、特に酸味が強いわけでも、甘みが強いわけでもないので、難しいですね表現が。
でも、機会があれば食べてみる価値はあると思います。

さて、今年も参加します。
東川口スタンプラリー2018。
R5166013.jpg
今年は期間が長くて、今日から6月30日までです。
詳しくはこちら。
フレスコのお客様でも、昨年結構当たった方が多かったようで、今年も是非参加してください。
今年はWチャンスもあります。
R5166014.jpg
3年目の今年も絹子が文字を書いたこのロゴを使っていただきました。


posted by フレスコ at 10:34| 作ってみました

2018年05月20日

宇野さんと焼きそばと冷麺と

特に新商品は僕らで味見をしてから扱うかどうか決めますが、僕らの味覚が正しいかどうか、時には第三者の意見も聞くこともあります。
R5165988.jpg
先日、フレスコ従業員全員一致の反対多数でボツになったインスタント焼きそば。
R5165989.jpg
今日は宇野さんに食べてもらうために作りました。
「宇野さん、どうですかね」
R5165990.jpg
「これさあ、なんだよこれ、コメントのしようがないけど、ナメてるよなあ」
「ですよね」
「◯◯の麺だろ。終わってるよな。くっついてんじゃん、これ。あそこの商品開発とか営業とか、何も言わねえのかよ。こんなの出しやがって。俺だったら叩きつけてるよ」
R5165992.jpg
「こういうのを平気で出すって、問屋も食ってないんだよな。原材料とか価格だけしか見てない証拠。何がベジタリアンだよ。これを美味いって言うやつがいたら、俺会ってみたいよ」とご立腹の宇野さんでした。
R5165994.jpg
宇野さんのお昼はちゃんとご用意しています。
宇野さんの大好きな激辛冷麺。
R5165986.jpg
隠し味は、ハバネロを酢で数ヶ月漬けた手作りハバネロ酢に、さらに唐辛子を一晩漬けた特選辛味酢をかけます。
R5165998.jpg
「すっげー辛いけど美味いねえ。体の中から燃えるようだよ」
「辛すぎました?」
「いや、全然。さっきの食べた後だから何百倍も美味く感じるよ」
R5166002.jpg
と、激辛冷麺でさらに元気になった宇野さん。
今日のお話し会も絶好調。
R5166009.jpg
「今日のためにさっきコンビニで買ってきたんだけど、カット野菜。人気なんだよな。でもさ、こんなに怪しい商品買っちゃダメなんだよ。どこが怪しいか分かる?考えてみて…」
とてもいい内容でした。
詳しくは来月のフレスコ便り、宇野さんの話のまとめで。




posted by フレスコ at 19:46| オーナーの話

2018年05月19日

斉藤さんの桑の実と胡麻洗い

梅の収穫は来週。
今日の収穫は無しかなと思っていたら「桑がちょうどいいぞ。採っていけ」と斉藤さん。
KIMG0264.jpg
ちょうど黒く色づき、食べ頃の桑の実。
KIMG0250.jpg
桑の実の収穫、初めてかも。
黒く熟した実は、触れるだけでポロポロと取れていきます。
KIMG0251.jpg
今日は助っ人がいなかったので高いところは無理ですが、下の方だけですぐにこれだけ収穫できました。
KIMG0253.jpg
「薬使ってないからな、虫がいるかもしれないから、よく洗わないと」と。
これ、ジャムにしてみようと思います。
KIMG0257.jpg
僕が収穫している間、斉藤さんは胡麻を洗っていました。
KIMG0255.jpg
胡麻そのものを洗うと言うより、選別の意味があるようです。
軽くて上に浮いた胡麻は実が入っていないので、最初に取り除きます。
KIMG0260.jpg
また胡麻も農産物なのでどうしても砂が付きます。
その砂は重いので下に沈みます。
KIMG0262.jpg
砂が落ち、きれいになった上質な胡麻だけを干して乾かします。
ものすごく手間がかかる胡麻。
ただでさえ生産量が減っている超貴重な国産の胡麻。
99%以上が輸入です。
斉藤さんの無農薬で香りのいい金胡麻。
素晴らしい胡麻です。

斉藤さんと、斉藤さんの畑、そして林。
ここに来て教わることがものすごく多いです。
ホント勉強になります。


posted by フレスコ at 19:57| オーナーの話

いちごの旬は今

昨年、いちごの苗を販売していたのを覚えていらっしゃるでしょうか。
購入された方、その後いかがですか?
スタッフの絹子もその一人で、苗は元気に冬を越したそうです。
そして、見事にいちごが実りました!
DSC05605.jpg
ちっちゃ!
大きいのはお母さんにあげて、一番小さいのをおすそ分けしてくれたようですが、小さいながらもちゃんといちごの味がするんです。
と言うか、美味い!
酸味がしっかりあって、程よく甘みもある。
世間で売られている甘いいちごとは全く違いますが、すごく美味しいいちごです。

で、なぜ今いちごなのか。
実は、いちごの本当の旬は今、4月から5月なんです。
スーパーで売られているハウスで栽培されているいちごは、クリスマス頃にはピークになりますが、本当の旬ではありません。
スーパーに通っていると、旬が全く分からなくなります。
かつてスーパーに勤めていた僕でさえも、ピンとこなかった気がします。

逆にフレスコには旬しかありません。
だから旬を大事にしたいと日々思っています。

さて、長野では今が旬のアスパラガス。
DSC05619.jpg
今年も届きましたアスパラガス。
これ、美味しいんですよねえ。
DSC05620.jpg
例年からすると、一ヶ月あるかないかでしょうか。
一番美味しい時期に食べていただきたいです。
DSC05618.jpg
ルバーブも今が旬。
極赤で届きました。
後半になると、色が薄くなります。
真っ赤なジャムを作りたい方は今がチャンスです。
r0014436.jpg
近日作ることになると思いますが、とりあえず以前作った極赤のルバーブジャム。
これ、めちゃくちゃ美味しいんですよ。
作るのは超簡単です。
近いうちに作ってみましょう。





posted by フレスコ at 11:12| おすすめ商品・新商品

2018年05月18日

僕らのファーマーズファミリー2018ダウンロード版

何気に好評なフレスコDVD「僕らのファーマーズファミリー2018」無料レンタル版。
こんな素人が作ったものに興味を持っていただき、また様々な感想をいただき、ありがたい限りです。
DSC05616.jpg
でも、遠方で店に行けない方、借りたり返したりが面倒な方、実は借りるのがちょっと恥ずかしい方等、そんな皆さんのためにダウンロード版をご用意しました。

パソコン、スマートフォン、タブレット等での視聴が可能です。
DVDのPC版よりファイルのサイズを小さくしているので、若干画像が荒いですが、普通に観るには特に問題ないと思います。
以下をクリックして、ダウンロードしてご覧ください。
MP4に変換してあるので、だいたい観られると思いますが、もし再生できないようでしたらご連絡ください。

A絹子編1 [3:55]
B絹子編2 [2:49]

なお解説は前にご紹介したブログをご覧ください。

ご注意
・生産者さんの写真集です。一部の動画を除き、ほぼ動きません。
・素人が趣味で作ったDVDです。過度の期待は無用です。
・個人で楽しむ目的以外のご利用はご遠慮ください。


posted by フレスコ at 09:38| お知らせ

2018年05月17日

今年も石井さんのスペシャルサニー

冬の長ねぎやほうれん草等、スペシャルな野菜を提供してくれる石井さん。
今日はサニーレタスの収穫。
KIMG0233.jpg
もちろん、あのスペシャルサニーレタスです。
とにかくビックサイズ。
大きいから大味かというとそうではなく、ちゃんと美味しいところがすごい。
KIMG0235.jpg
普通のサニーレタスだと1コンテナに10〜12個は入りますが、石井さんのは4個。
すごすぎ…。
KIMG0237.jpg
ついでに他のお野菜の様子も見てみましょう。
枝豆は花が咲き始めました。
あと数週間かな?
KIMG0240.jpg
茄子。
こちらも花が咲き始めています。
KIMG0241.jpg
きゅうりも元気そう。
夏野菜が楽しみです。
KIMG0244.jpg
店に戻りサニーレタスの袋入れ。
根っこ付きなので、袋に水を入れ輪ゴムで留めます。
KIMG0245.jpg
でかいので結構手間のかかる作業です。
毎年思うのですが、こんな事している八百屋ないだろうなあ…。
でも、いいんです。
これがフレスコなんです。

入荷情報
土曜日入荷予定だったルバーブとアスパラガスは、1日早まり18日(金)に入荷します。

posted by フレスコ at 12:30| おすすめ商品・新商品

2018年05月16日

枝豆とうふはどうかな?

実は昨年の試作段階から何度か試食させていただいていました。
椿き家さんの枝豆とうふ
DSC05606.jpg
ようやく発売。
DSC05609.jpg
まずは内容から。
なんと、北海道の枝豆使用!
と、ここでびっくりしてほしいんです。
椿き家さんがこの商品を開発するにあたり、市場調査をしたところ、まともな枝豆豆腐が見つからなかったそうです。
ほぼ、枝豆のペーストか粉を使っていて、生の枝豆から作っている枝豆豆腐がなかったとか。
あとは、香りや色を付けるために様々な添加物を使っていたり。
もしかしたら、個人のお豆腐屋さんでは、真面目な枝豆豆腐を作っているところもあるかもですが、流通しているものに関しては皆無。
つまり、超レアものって事です。
DSC05612.jpg
で、味の方です。
お豆腐としては非常に濃厚な味わいです。
ただ、僕らが試食してきた中では、最初に食べたものの方が枝豆の風味が強かった気がします。
それに比べるとやや風味が弱い?と感じたりもします。
DSC05614.jpg
「色んな意見がありすぎて、途中訳が分からなくなってしまって…」と担当者が言っていました。
「夏に食べやすく、ややさっぱり目に仕上げました」との味わいになったのだと思います。
さて、どうでしょうか。
とりあえず、食べてみてください。
お客様のご意見もお待ちしています。

入荷情報
17日(木)
石井さんのサニーレタス入荷します。

お知らせ
近日、僕らのファーマーズファミリー2018ダウンロード版を公開します。


posted by フレスコ at 20:50| おすすめ商品・新商品

5月の新緑ととんかつ

5月が誕生月と言う事もあるのか分かりませんが、この季節の新緑が好きです。
DSC05601.jpg
海に行こうか、山に行こうか少し迷いましたが、やっぱり山かな。
DSC05572.jpg
すっごい気持ちいい!
暑すぎず寒すぎず、ツーリングにはちょうどいい気温だし、山道のワインディングも心地良い。
DSC05571.jpg
バイクを下りて、歩くにもちょうどいいです。
DSC05570.jpg
ツツジの仲間かな?ヤマツツジとか?
桜にしても何にしても、やっぱり野生は趣があっていいですね。

さて、お昼。
蕎麦にしようか、とんかつにしようか、走りながら悩んでいましたが、かなりお腹が空いてきたので気分はとんかつ。
2時過ぎなのに、地元の車が数台止まっているお店発見。
きっと美味しいだろうと踏む。
そして一番ベーシックなとんかつ定食を注文。
待つこと10分。
で、出てきたのがこれ。
DSC05573.jpg
思わず店員さんに言ってしまいました。
「でかいっすね、これ」
DSC05576.jpg
っていうか、厚いんです。
3センチ位ありそうです。
最近少食だからなあ、食べられるかなあ。
メニューにレディースサイズがあったのは、そういう事か。
でもレディースじゃないのに、レディースサイズを頼むのは抵抗があるよなあ。
DSC05577.jpg
とんかつは美味しいです、かなり。
すごい厚いのに、めちゃくちゃ柔らかいし。
油もいいもの使っているんでしょうね。
カラッと揚がっているし、全然油っぽくない。
ただ、さすがにキツかったですね、量が。
やっぱり若くないよなあ。
DSC05579.jpg
とんかつがめちゃ大きいのに、味噌汁の豆腐がなぜこんなに小さく切っているのか、ちょっと笑えました。
5ミリ四方位?
箸でつまむのが非常に面倒でした。
豆腐を食べている間にも満腹中枢が…。
DSC05580.jpg
がんばって全部食べましたが、パセリだけは半分だけ残してしまいました。
だって、美味しくないんだもん。
やっぱり世間ではパセリは飾りかあ。
キャベツもイマイチだったなあ。
すっごい細かく刻んであるし。
これが柴本さんのパセリに、山口さんのキャベツ、佐藤さんのレモンに、向井さんの辛子とかだったらなあ…。
って、それを求めちゃいけませんね。
「あそこのとんかつ屋のパセリ、めちゃくちゃ美味いんです」って人、いないでしょ。

それより、とんかつを消化しなくては。
DSC05594.jpg
途中にあった滝でも見に行こう。
と、往復15分ほどの急な階段を上り下り。
空気が薄いわけでもないのに、何だこの激しい息切れと動悸は。
って、日頃の運動不足でしょ。
で、吐き気は?
食べ過ぎですね。
DSC05590.jpg
ツーリングは気持ちよかったです。
でも、とんかつは当分食べたくないかな。
ああ、夜になっても全然お腹減らない…。


posted by フレスコ at 08:56| オーナーの話

2018年05月14日

そら豆が旬です

あと1ヶ月しない位で石井さんの枝豆が始まると思います。
ちょうど旬が始まったそら豆と入れ替わるように。
DSC05544.jpg
それまでの間、楽しませてくれるのが、佐瀬さんのそら豆。
DSC05547.jpg
さすが、いい豆です。
DSC05548.jpg
そら豆がかぶる程度のお湯で、塩を少々。
今日は湯で時間、2分半でした。
DSC05555.jpg
ちょうどいい感じ。
程よいホクホク感と甘み、そして風味がいいですね〜。
ビールのつまみにも最高です。
DSC05556.jpg
でもお料理にも色々使えます。
内山さんの新玉ねぎと合わせて、チヂミ風に。
DSC05563.jpg
うーん、衣が緩かったかな。
ボロボロ崩れて、そら豆と玉ねぎがバラバラ。
でも、味はいいです。
そら豆の風味、新玉ねぎの甘さ。
初夏の味わいって感じです。
塩でも醤油でも、個人的にはポン酢が好きですね。

入荷情報
16日(水)
枝豆豆腐入荷。(15時頃)
満を持しての新商品。究極の枝豆豆腐です。
19日(土)
ルバーブ、アスパラガス入荷。
今年もやってきます。期間限定、お早めに。
20日(日)
アイス、シャーベット入荷。
ただいま欠品中にてご迷惑をおかけしています。


posted by フレスコ at 16:25| おすすめ商品・新商品