2018年06月03日

玉ねぎいっぱいトマトミートソース

うーん、ミニトマトだらけになりそうな予感…。
小林さんのミニトマトが出だしから好評。
そしてすでに発注してしまった大木さんのミニトマトが到着。
DSC06051.jpg
これがまた、味いいんですよ、困ったことに。
甘みもあるし、酸味とのバランスがいいですね。
そして、トマトの香りも程よくあり、小林さんのミニトマトの方が上だと想像していましたが、いやいや甲乙つけがたい。

それに加え、越川さんのミニトマトも頼まれてしまい…。
「急に沢山採れてしまって、なんとかならないですかね。困っちゃって。味はいいです」
「いや〜、うちもミニトマトだらけなんですよ。でもどうしてもって事情なら。週末だったら何とか」
「助かります。何とかなりますか」
「何とかしましょう」
と言うわけで、美味しいミニトマト、たくさん食べていただけると助かります。

困ったといえば、味が今ひとつのアミーゴミニトマト。
先程のミニトマトに比べてしまうと、やはり味の差は大きい。
DSC06040.jpg
試しにミートソースに使ってみました。
作り方はいつもと同じなので割愛しますが、今日のポイントは内山さんの新玉ねぎを大量に使ったこと。
トマトの何倍も多く使いました。
DSC06043.jpg
だから玉ねぎの甘みがすごい!
糖分は少量のケチャップに含まれているもの以外、何も使っていないでこの甘さ。
そしてセロリも刻んで使いました。
風味と清涼感がプラスされて、これまた正解でした。
DSC06044.jpg

生で食べ比べると劣ってしまうトマトも料理に使えば、十分美味しいです。
皆さん、レベルが高すぎるんですね。


昔働いていたとあるスーパーで「相手が困って頼まれた時は、全部引き受けろ。そしてその時は絶対に値切るな」と超おっかない上司に教わった事があります。
普段は相手がかわいそうになるくらい値切る人です。
でも「だからこっちが困った時に頼めるんだ。お互い様だ」との言葉をこんな時に思い出します。
まだ全部を引き受けるだけの販売力はないですが、その心がけはしていきたいといつも思っています。



posted by フレスコ at 20:25| 作ってみました

絹子のアレンジ、デザート&おつまみ

発売直後に注文したのに、すでに欠品。
メーカーさんでも製造が追いつかないとか。
何度か注文してようやく入荷しました。
DSC05971.jpg
豆シリーズが人気のだいずデイズさんの新商品です。
問屋の担当者さんも「久々の大ヒットになりましたねえ」と言っていました。
DSC06035.jpg
まずは黒豆バージョン。
袋を開けるとこんな感じ。
ちょっとイメージと違ってました。
DSC05957.jpg
説明書きだと、先に袋の中でスプーンで崩すようです。
パッケージのイメージとはちょっと違いますが、味はいいですね。
お豆のメーカーだけあって黒豆が美味いです。
本葛や寒天も正しいものを使っているだけあって、正しい味わい。
スイーツなので甘いですが、決して甘ったるくないところもいいと思います。
DSC05934.jpg
こちらは小豆バージョン。
黒豆に比べてさっぱりしていますが、こちらも美味しい。
なるほど、これは売れるはずです。
以前、メーカーの担当者さんと話しましたが、原材料にはものすごくこだわって使っているようです。
「安全で美味しくて、それでいてお買い求めやすいお値段で」と言っていました。
本質が分かっている、いいメーカーさんだと感じました。
DSC05959.jpg
で、今日の本題はスタッフ絹子のアレンジ。
このままで終わらないのが、すごいところ。
こちらも人気の阿蘇のアイス。
DSC05961.jpg
これをトッピング。
今日はバニラをチョイスしましたが、これが合うんですねえ。
見た目はなんですが、これは美味いですね。
夏に嬉しいスイーツです。

絹子のお勧めと言えば、落花生+柿の種。
DSC06036.jpg
宇野さんのジャンボ落花生。
甘くて大粒で、もちろんこのまま食べても美味しい。
以前、落花生農家さんの畑を訪れましたが、土が良かったです。
この土が美味しい落花生を作るんだなあとつくづく感じたものです。
DSC06037.jpg
こちらも絹子のお勧め。
なんと言っても手のし。
一粒一粒が手作りなんです。
ちゃんとお米が原料なんだって分かる味わい。
もちろん原材料も完璧。
水稲もち米(新潟)、醤油[大豆(遺伝子組換えでない)、小麦]、ビート糖、酒、唐辛子のみ。
見る人が見れば、おーすげー!となる原材料。
内容も味も、世間の柿の種と一緒にしてもらっては困ります。

で、落花生と柿の種を一緒に食べると美味しいよって話なんですが…。
DSC06038.jpg
改めてご紹介するのが、内山さんの食べる煮干し。
イワシの風味といい、塩加減といい、完璧です。
パッケージはなんですが、一度食べたほとんどの方がリピートしてます。
ちなみに、この煮干しを堆肥に使って栽培しているのが、今販売している内山さんの新玉ねぎです。

そして絹子のアレンジ。
DSC05908.jpg
スペシャルな三位一体!
今までお勧めしていた、落花生+柿の種に、食べる煮干しをプラス。
これがですね、素晴らしくいい仕事をしているんですよ。
この小さいイワシ君が。
自らも主張し、でも主張しすぎず、落花生と柿の種をより強く結び付けるような存在。
個人的には、落花生1粒、柿の種1粒、煮干し2匹を一口で食べるのが最高かと思っています。
口の中でそれぞれの香ばしさが溢れるようです。
めちゃくちゃ美味しい組み合わせです。
ただし、ビールがあまりにも進んでしまうので、ご注意ください。


明日、新冷凍ショーケースが届きます。
posted by フレスコ at 08:55| おすすめ商品・新商品