2018年06月06日

栃木プチツーリングA大貫さんは現役です

今年は北海道相内さんと秋田加藤さんのお米が販売のメインとなり、大貫さんのお米を仕入れに行くことがめっきり減ってしまいました。
数年前は月に数回行っていたんですが…。
たまには顔を出さないと。
近くまで来たので、ツーリング途中に立ち寄ることにしました。
R0010550.jpg
「大貫さん、ご無沙汰してすいません」
「お〜、来ないから店辞めちゃったのかと思って心配してたよ」
「すいません、何とか続けていますよ」
「んだ、うちも不景気だけど、辞めちゃっちゃダメだな」
R0010533.jpg
「こんにゃく、食べていきなさい」
R0010534.jpg
「ちょうど作ったところだ。ここで薪を燃やして沸騰させて煮る」
R0010535.jpg
すごっ!年季が入っているなあ。
大貫さんは芋の栽培からこんにゃく作りまで、全部自分でやっています。
もちろん、昔ながらの作り方。
そして今や超貴重な芋100%。
「今はみんな粉だかんね。粉使ったら、うまかないな」
R0010538.jpg
「煮ておいたかんね。さあ、食べてっておくれ」
R0010539.jpg
こんにゃくとダシのいい香り♪
これこれ、これが大貫さんのこんにゃく。
R0010546.jpg
「みんな、これを美味いって言ってくれるんだな」
R0010541.jpg
相変わらず美味いですねえ。
いや、ホント美味いですよ。
この風味、弾力、他では味わえない完全手作りの美味しさ。
店でもメーカーさんの正しいこんにゃくを扱っていますが、全くの別物です。
R0010542.jpg
ちょうど真竹も茹でていました。
「そのカンカンに20本位は入るかな」
一斗缶ですか、すごい…。
R0010543.jpg
バイクだったので持ち帰りは出来ませんでしたが、これもまたすっごい美味しいんですよ。
R0010553.jpg
大貫さんの事が大好きな絹子と電話で話す様子。
いつものように大笑いしながら話します。
とても嬉しそう。

今年88歳、米寿だそうです。
「みんな死んじゃったから、この辺だと残ってるのは3人だけだな。一人はデイサービス行ってるし、一人は寝たきりだし」
大貫さんはバリバリ現役です。
最近目が悪くなったそうですが、他はいたって健康だとか。

ちなみに、大貫さんはお饅頭とか甘い物が大好きです…。(思いっきりお砂糖ですね)
コンビニの菓子パンとかおにぎりをよく食べているのを見かけます…。(添加物も豊富ですね)
ご飯はもちろん白米です…。(白い方がうまかっぺ!とご本人が言っています)
もっとも、若い頃は否応なしに100%正しい食生活だっただろうし、今でも朝晩は手作りの正しい食事をしていると思います。
ただ思うのは、僕らが闇雲にあれがいいとかあれは食べるなとか言う前に、もっと大切なものがあるんじゃないかって、大貫さんと会うといつも感じるんですね。

何でも食べ、体を動かし、そしてよく笑う。
それが健康の一番の秘訣じゃないでしょうか。

大貫さん、また会いに行きますね。
posted by フレスコ at 08:58| オーナーの話