2018年06月24日

あなたはどっち?

2種類の梅があったとします。
品種はどちらも南高梅だとします。
梅干しを作ろうと考えているあなた。
どちらの梅を選びますか?
DSC06282.jpg
非常にきれいな梅です。
傷も虫食いも見当たりません。
DSC06283.jpg
いわゆる肌が汚いと言いますが、シミのような斑点が見られます。
よく見ると、たまに虫食いもあったりします。
DSC06286.jpg
最初の梅。
農薬を使用した梅です。
だからきれいなんです。
DSC06284.jpg
こちら無農薬の梅。
薬を使わないとこうなります。
梅干しが出来上がった時も、このシミは残ります。

梅に限らずです。
どんな農産物も同じ事が言えます。
世間では汚い肌が嫌がられる。
見た目がきれいな方が好まれるから、生産者も一生懸命農薬を使います。
さて、あなたはどちらを選びますか?
ちなみに、後者の梅の方が断然味はいいです。

今月の宇野さんのお話会は、主にこの内容でした。
来月のフレスコ便りに入れるために、まとめ中です。


入荷情報
石井さんの枝豆、25日(月)入荷します。

posted by フレスコ at 20:14| オーナーの話

紅芯大根を食べよう

紅芯大根がたくさん入荷しました。
さほど人気がある種類ではないので、これを大箱で注文するのって、ちょっと勇気がいります。
DSC06276.jpg
産地で袋詰したものを少量で仕入れるより、この方がはるかに安く出せます。
でも、売れてなんぼ。
数が多くなるので、これが残ってしまうようだと、やっぱり高いけど少量で注文するしかないかって話になってしまうんです。
なので、ある意味一か八かって感じ。
DSC06279.jpg
紅芯大根はサラダでもOK。
でもやっぱり甘酢漬けかな、オススメは。
漬物って言っただけで、面倒くさいって思う人もいるけど、全然面倒じゃないですって。
DSC06280.jpg
皮を剥いてスライスして、甘酢に漬けるだけ。
タッパーでやろうと思ったら、小さすぎて入らないので。
DSC06281.jpg
ビニール袋に変更。
甘酢を入れて袋を閉じるだけ。
ね、簡単でしょ。
DSC06305.jpg
はい、1日でこんな感じです。
きれいですね〜。
食感パリパリ。
富士酢を使ったので、パンチのあるお酢感も楽しめます。
甜菜糖は若干控えめですが、酸っぱいだけじゃ美味しくないし、その辺はお好みで。
昆布とか入れてもいいかもですね。



posted by フレスコ at 09:08| おすすめ商品・新商品