2018年11月16日

ブロッコリーが豊作につき

昨日、のらくらの宮嶋君から「ブロッコリーがたくさん採れてしまって、少しでもやってもらえれば…」と電話がありました。
「宮嶋君の頼みならなあ。入る分だけ入れといて」と。
DSC09916.jpg
で、今日届いたブロッコリー。
DSC09917.jpg
やや小ぶりです。

あの電話の直後「ブロッコリーがたくさん採れて…」と同じ内容の電話が今度は千葉から。
「モノはかなりいいですよ。すごいです」
「ダブっちゃうなあ…。でもそこまで言うならやりましょうか」
DSC09918.jpg
で、こちらも本日届いた永澤さんのブロッコリー。
DSC09920.jpg
立派ですねえ。
すっごい美味そう。
DSC09928.jpg
中〜特大サイズで、一番大きいものは1s超え。
大横綱級です。
「なにこれ〜!こんなの初めて!絶対美味しいよ、これ」とブロッコリーにはうるさい絹子。

ちなみに昨日出勤だったうっちーは「両方受けちゃってどうするんですか。どっちか断りますよね普通」
今日出勤の絹子は「どうするの?ブロッコリーだらけじゃない」
いいんです。
こんな時はやるんです。
お安く提供できれば。
特に小さい方は儲けゼロの特価で!
それでも、鮮度が良いうちに食べてもらった方がいいんです。
味の差ですが、今日絹子が夕食で食べ比べしてみるそうです。
なお、どちらも無農薬ですが、永澤さんの方がたまに虫さんがいらっしゃるかもです。

そうそう、ブロッコリーの芯は捨てずに食べてくださいね。
DSC09930.jpg
少し厚めに皮を剥けばOKです。
ここも甘みがあって美味しいんですよ。



posted by フレスコ at 20:21| おすすめ商品・新商品

2018年11月15日

NORA宮嶋&TEA杉本 イベントのお知らせ

昨年の11月。
長野のらくらさんからスタッフの宮嶋君と、静岡杉本園さんから杉本君(三男)が来てくれました。
DSC02965.jpg
初対面の2人ですが、イベント前夜、夜中2時位まで飲んでいた記憶があります。
放っておいたら朝までコースの勢いでした。
DSC03004.jpg
それでも翌日は、なんてことない2人。
若いっていいなあ…。
DSC02973.jpg
お茶の試飲販売。
DSC02977.jpg
野菜スープの試飲販売。
いい一日でした。

あれから1年。
今年も2人が来てくれます。
ただ、今年は2人の予定が合わず、別の日のイベントになります。
DSC09915.jpg
11日23日(金)の祝日は宮嶋君。
13時〜19時の予定です。
今年も野菜スープの販売を中心に。
まとめ買いで実質半額セールも予定しています。

11月25日(日)は杉本君。
11時〜16時の予定です。
もちろんお茶の試飲販売。
最高品種の極上も飲めます。

皆さん、素敵な2人に会いに来てください。

入荷情報
16日〜ブロッコリー大量に入荷します。


posted by フレスコ at 21:06| お知らせ

2018年11月14日

干し柿作りませんか?

今年もやってきました、小柳さんの身知らず柿。
DSC09883.jpg
でも、今年は超不作だったらしく、この1箱だけで終了。
R5163664.jpg
こちら昨年の写真ですが、思い出すだけでよだれが…。
非常に上品な甘さで、きめ細かい食感。
固めの状態でもしっとり、熟すとネットリ。
皇室献上品としても知られている柿なんです。
DSC09884.jpg
で、今年の開函日は11月18日(日)になっています。
ただいま箱の中で渋抜き中なんです。
今年は数量限定になりますので、お早めにどうぞ。
DSC09896.jpg
こちらは干し柿用の身知らず柿。
DSC09905.jpg
いいですねえ。
身知らず柿の干し柿、最高に美味いんですよ。
DSC09912.jpg
今年も干し柿にチャレンジする絹子。
「ずっしり重いね。がんばらなくちゃ!」と気合十分。
と言ってもそんなに難しくはありません。
皮を剥いて、クリップで留めて、紐を通し干すだけです。
あとは天気を見ながら、かびに注意するだけです。
DSC09906.jpg
ご予約分以外でも、まだ若干余裕がありますので、興味がある方はお声掛けください。
なくなり次第終了ですので、早めの方がいいかと思います。

お知らせ
23日(金)のらくら農場さんから、NORA宮嶋君が来店され、試食販売します。
詳しくは改めて。

posted by フレスコ at 20:19| おすすめ商品・新商品

2018年11月12日

まだ観ていない方へ佐藤さんの…

今年は特に美味しい佐藤さんのみかん。
DSC09869.jpg
箱によって若干の味の差はあるにせよ、甘さ、酸味、コク、風味、全てがいい。
完全無農薬につき、皮ごと食べてもOKです。
DSC09563.jpg
フレスコとしては、味はもちろん、生産者の想いや愛情も伝えたい。
で、2年前に作ったフレスコDVD、僕らのファーマーズファミリー2016版。
この年は佐藤さんの特集でした。
DSC09879.jpg
このDVDを佐藤さん本人がえらく気に入ってくれて、取引先のお客様が来るたびに見せまくっているとか。
ありがたいです。

まだ観ていない方、知らなかった方へ、web版を用意しました。
佐藤さんの特集のみを抜粋し編集しています。
imagea.jpg
PCでもスマホでも、You Tube等が再生できる環境であれば観られると思います。
なお、過度な期待は禁物。
素人が作った写真集程度に思っていただければと…。

本編…絹子が現地を訪れた様子を交え、一部パロディチックに。(14:36)

おまけ…うっちー主演のCM編。(1:11)

興味がある方はどうぞ。


posted by フレスコ at 21:03| オーナーの話

2018年11月11日

僕らの味噌で作ったもつ煮をどうぞ

取引先の方が来られたら(飲みに)、何を食べてもらおうか、色々考えます。
先日、加藤さんが来てくれた時に作ったのはもつ煮。
DSC09685.jpg
使うはもちろんフレスコの材料。
こだわりの八百屋なので、そこは自信あり。
もつだけは販売していないので買ってきました。
DSC09686.jpg
使う味噌は、僕らが作った味噌を使うことにしました。
写真の味噌は、うっちーが今年仕込んだ4種類の味噌。
味噌作り歴3年?
すっかり味噌作りにハマっているようです。
DSC09687.jpg
それに、左上の絹子の味噌と、左下の僕の一昨年の味噌をプラス。
DSC09689.jpg
みんな味も風味も違うんです。
味噌作りって面白いですね。
ちなみに僕のは、八丁味噌のようになっていました。
DSC09690.jpg
これをブレンドして味付け。
DSC09697.jpg
味を見ながら、少しずつ味噌を足していきます。
DSC09708.jpg
食べる前日から煮込んでいたので、味染みもよろしい。
もちろん、野菜も美味しい。
DSC09707.jpg
で、ダシの味ですが、ブレンドしたどの味噌がどんな味わいなのかは、すでに分かりません。
でも、これがまた奥深くて、いい味なんですねえ。
結果的に調和した素晴らしく美味しいダシになりました。
加藤さんとお客様のOさんにも大変喜んでいただけました。

来年でフレスコは10年。
ずっと3人でやってきましたので、このブレンド味噌のような味わいのある、良き関係でこれからもいきたいものです。

お知らせ
今月の宇野さんのお話会は18日(日)13時〜です。
テーマは「化学物質の話」です。

posted by フレスコ at 21:00| 作ってみました

2018年11月10日

完璧な里芋だ

雨上がりの畑。
DSC09806.jpg
里芋の葉の上を踊る水玉。
DSC09796.jpg
こんな日の農作業は気持ちがいいものです。
DSC09797.jpg
今日も斉藤さんの畑で収穫する絹子。
DSC09812.jpg
「大根も採れるんじゃないか?」と斉藤さん。
「まだちょっと小さいです」
DSC09817.jpg
「でも、これは大きいかな?」
DSC09823.jpg
「やったー!」
DSC09827.jpg
「はい、斉藤さん」
「これはまずまずだな」
DSC09830.jpg
まだ大きいのは少なく、今週はお試し程度の収穫。
本格的には来週以降ですね。
DSC09839.jpg
帰ってから味見をしましたが、なかなか美味しい。
すごく甘いわけではないけど、ちゃんと大根の風味があります。
この陽気で、この味が出せるってすごいです。
DSC09841.jpg
ホースラディッシュ。
いわゆる西洋わさび。
これ、香りと辛味がたまらないんです。
DSC09835.jpg
そして、斉藤さんの里芋。
DSC09837.jpg
立派です。
これ、絶対美味しいだろうなあ。
DSC09842.jpg
茹でて食べてみました。
DSC09844.jpg
皮を剥くとしっかりとした粘り。
期待大です。
DSC09845.jpg
うん、美味い!
もっちり感、ねっとり感、風味、甘み、旨味、全てが揃っています。
前に食べ比べをした時の加藤さんの味わいに似ていますが、形やサイズがバラバラだった加藤さんの里芋に比べると、大きく丸く使いやすい。
その点を考慮すると、斉藤さんの里芋は完璧と言ってもいいと思います。
「これ、パーフェクトじゃないですか?」と里芋にうるさいうっちー。
斉藤さん、やっぱりすごいなあ。
DSC09846.jpg
その他、のらくらさんの赤かぶ、紅くるり大根、紫大根、白南瓜が入荷しました。
こちらは改めて試食してみます。

お知らせ
昨日ご案内した、加藤さんの新米の応募の締切は、今月末です。
よろしくお願いします。


posted by フレスコ at 16:35| おすすめ商品・新商品

2018年11月09日

加藤さんの新米プレゼント

「よかったらお客様に」と秋田の加藤さんから、お客様にプレゼントです。
有機栽培自然乾燥あきたこまちの新米です。
限定8袋です。
DSC09782.jpg
「でも、この写真だと大きい袋だと勘違いされませんか?」とスタッフうっちー。
ですねえ。
こちら150g、約1合となっております。
DSC09783.jpg
「じゃあ、持ってくれる?大きさ分かるように」
「いやですよ。私撮ってどうするんですか」
DSC09784.jpg
「そう?いいアイデアだと思ったんだけど」
「私、忙しいんで」
「まあ、そう言わずに」
DSC09785.jpg
「プーに持たせたらいいんじゃないですか?」
DSC09788.jpg
「滑っちゃって、なかなか上手くいかないですね」
「まあ、熊だからなあ」
DSC09787.jpg
「どうですか?こんな感じで」
「これって、サイズ感出てるのか?」
とりあえず、150gの1回分です。
DSC09794.jpg
8袋なので抽選にさせてください。
今日発行のフレスコ便り11月号に応募券を入れてあります。
必要事項を記入の上、スタッフにお渡しください。
たくさんのご応募、お待ちしています。


posted by フレスコ at 19:11| お知らせ

2018年11月08日

職人のカステラ到着です

うっちーと一緒に行った先月の展示会で出会ったカステラ。
DSC09463.jpg
話しているのは営業さんで、右の方が職人さん。
DSC09462.jpg
選び抜いた極上の素材はもちろん、この五三焼カステラを焼ける職人は本場長崎でも数人しかいないとか。
現地でいただいたカステラを試食し、即「やりましょう!」と決めた商品。
DSC09752.jpg
そのカステラが届きました。
こちらは型おとし、切れ端ですね。
担当の方も「味は同じなので、ご家庭で食べるのならこちらがお勧めです」とおっしゃっていました。
いわゆる正品の半値ですから、超お得です。
DSC09755.jpg
切れ端なので細長いのとかがバラバラ入っているのかと思ったら、全然普通じゃないですか。
なんてお得なんでしょうか。
DSC09758.jpg
玉子の黄身を多く使っていて、玉子感がしっかり、風味がいいんです
しっとりフワフワ食感で、味わいは甘すぎ、後味もよろしい。
DSC09756.jpg
底の部分にザラメが付いていますが、数日するとこれが溶け出しカステラに染み込んでいきます。
その頃がまた美味しいんですよ。

カステラ売り場はとりあえず入口入って右側に設置しました。
その上段には売り切り特価の、のらくらさんのスープ。
DSC09749.jpg
じゃが芋と南瓜の2種。
DSC09748.jpg
40入り×6箱=240箱
DSC09751.jpg
まだ数千箱が残っているそうで、なんとか数をさばかないといけないですね。
賞味期限は来年の1月。
全然大丈夫です。
ご協力いただけると助かります。




posted by フレスコ at 20:58| おすすめ商品・新商品

ようこそ加藤さん

はるばる秋田から、米農家の加藤さんが遊びにきてくれました。
DSC09700.jpg
お出迎えのうっちー。
「遠いところ、ありがとうございます」
「いえいえ、フレスコさんに来るのが私の楽しみなもんで」
DSC09710.jpg
どうしても加藤さんにお会いしたいというお客様Oさんも参加。
「○○と申します。はじめまして。お米美味しくいただいています」
「こちらこそ、よろしくおねがいします」
名刺交換するお二人。
DSC09721.jpg
「米作りはですね…」
と真面目な話から。
DSC09729.jpg
「私、若い頃は、少年隊の東に似てるってよく言われてまして」
と楽しい話も。
DSC09730.jpg
加藤さん持参の秋田の地酒。
いつもありがとうございます。
DSC09731.jpg
「うちの息子が金足農業野球部のコーチをしてまして…」
「ほう、それはすごい」
DSC09738.jpg
ビールも日本酒も飲み尽くし、お客様が差し入れしてくれたウォッカにまで手を出し…。
DSC09739.jpg
「加藤さん、一緒に写真撮ってもらっていいですか?」とお客様。
「私でよろしければ」
DSC09740.jpg
楽しい時間でした。
DSC09743.jpg
皆さん、ありがとうございました。
(Oさんと絹子の笑顔が同じで親子みたい)

今回も、非常にいい話を沢山してくれて、これを是非直接お客様に伝えたいと思いました。
「今度、お話会などできないですかね」
「喜んで!私もお客様と直接お話したいですし」
と言うわけで、加藤さんのお話会開催決定です!
年明けになりそうですが、実現できるようにプランを立ててみます。




posted by フレスコ at 13:46| オーナーの話

2018年11月05日

超スペシャルな3人のかぶ

3人のかぶ。
フレスコのお客様なら、この3名の勢揃いを「すげー!」となるはず。
DSC09675.jpg
右から柴本さん、飯田さん、斉藤さん。
これはめちゃくちゃ豪華です。
言うまでもなく、皆さん無農薬栽培です。
DSC09676.jpg
食べるまでもなく、皆さん美味しいことには間違いないのですが、今日は食べ比べの意味で試食してみます。
DSC09678.jpg
まずは長野代表、師匠柴本さん。
包丁で切った感触は少しザクッとした感じで、果肉はしっかり目。
甘さは程よく、やはり歯ごたえがいいです。
特にかぶの風味が際立っています。
DSC09679.jpg
続いては、千葉代表飯田さん。
もちろん、かぶ作りのスペシャリストです。
果肉はしっとりした感じで緻密。
切った感じも、包丁がスッと入ります。
特に甘さが際立ち、みずみずしさもあります。
今シーズンも変わらず、素晴らしい食味です。
DSC09680.jpg
そして、埼玉代表、ご存知斉藤さん。
こちらも、ものすごく甘みがあります。
そしてジューシーと言ってもいいほどみずみずしい。
スペシャリストの飯田さんに負けず劣らず、素晴らしいかぶです。

なお、試食に立ち会ったスタッフ絹子に、生産者名を言わずに食べて当ててもらいました。
「これ柴ちゃんでしょ。それからこれが斉藤さん。で、これが飯田さんね」
と、全て正解!
さすがフレスコのスタッフです。
DSC09681.jpg
続いて、加熱して食べてみます。
DSC09683.jpg
生ではしっかり目だった柴本さんのかぶが、いい感じで歯ごたえを残し、かぶの存在感を感じさせます。
飯田さんと斉藤さんは、柔らかくとろけるような食感で、これもまた美味しい。
誰のが美味しいかより、好みと調理法で選ばれるといいかもしれません。
個人的には、サラダや漬物だと飯田さんか斉藤さんで、煮物やシチューなどでは柴本さん、かな?
DSC09565.jpg
甘さ、風味、食感、若干のタイプは違っても、どれを選んでも間違いない3者3様のかぶ。
どれも、オーナーのお墨付きシールを張ってもいいほどです。

今日の3人のかぶ食べ比べは、間違いなく最高峰のものであります。
ちなみに、美味しさを比較を文字で表すと…。
今日の3人のかぶ>>>フレスコの他の人のかぶ>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>世間一般のかぶ。
って感じでしょうか。
レベルが違います。
DSC09684.jpg
残ったかぶは、スタッフうっちーが出勤の時に食べてもらうため、ラップして名前を貼っておきます。
さすがに切ってしまったかぶの外見で、誰のかぶか判別するのは僕らでも困難なので…。



posted by フレスコ at 21:16| おすすめ商品・新商品

2018年11月03日

斉藤さんの栗と柚子で絹子が作ってくれた

自分で収穫したもので何かを作るっていいですね。
しかもそれが斉藤さんの畑のものだったりすると最高です。
DSC09661.jpg
絹子が自ら収穫した素材で作ってきてくれた、柚子のピールと、栗の渋皮煮。
DSC09660.jpg
砂糖の分量は通常の5分の1位だそうです。
DSC09663.jpg
これ、美味っ!
砂糖の甘さは極端に控えめですが、栗がすごく甘いのでちょうどいいです。
それに、栗の風味がものすごくいいんですね〜。
さすが斉藤さんの利平栗だけあります。
大粒で食べ応えもあるし、最高に美味いです!
これ、作るのに手間も時間もかかるし、大変なんですよねえ。
DSC09658.jpg
そして柚子のピール。
見た目も美しいです。
こちらも香りが素晴らしい!
一本食べただけで、口の中が柚子の爽やかな香りで溢れます。
DSC09669.jpg
そして絹子が考案したチョコ&柚子ピール。
搾った柚子果汁と水と甜菜糖で10分位煮詰めたそうです。
DSC09674B.jpg
これ、すげー美味い!
チョコレートはもちろんフレスコの正しいチョコを使用。
濃厚でしっかりとした味わいのチョコレートに決して負けない柚子の風味。
と言うか、最高のマッチングではないでしょうか。
香りだけでなく、柚子のほのかな苦味もまたいいんです。
これ、ワインとかにも合いそうだなあ〜。

斉藤さんの素材もさることながら、うちのスタッフは2人とも料理が上手で、僕としては本当にありがたいです。

posted by フレスコ at 21:06| 作ってみました

2018年11月02日

絹子の柚子とかぶの収穫

今年もこんな時期なんですね。
DSC09597.jpg
斉藤さんの柚子が始まりました。
今日は絹子同行で収穫です。
DSC09589.jpg
低い場所はすでに斉藤さんが収穫済みなので、台に登って高い場所の収穫です。
DSC09587.jpg
柚子は鋭いトゲがあるので、細心の注意が必要です。
ものすごく尖っているので、刺さるとめちゃくちゃ痛いです。
DSC09583.jpg
これがまたいい香りなんですね。

続いてかぶの収穫です。
DSC09605.jpg
先週が初入荷でしたが、あっという間に完売してしまいました。
DSC09607.jpg
今日は少し多めに収穫。
DSC09618.jpg
それにしても、今日は最高の天気。
収穫も気持ちのいいものでした。
DSC09623.jpg
斉藤さんのかぶは手洗い。
真冬は手が凍りつくようですが「人間が朝起きたら顔を洗うのと同じ。野菜だってきれいにして出してやらないと」と斉藤さんは言います。
DSC09627.jpg
「いいかぶだよなあ」
「すごく甘くて美味しいです♪」
DSC09630.jpg
「揃えて入れれば数えやすいだろ。葉っぱも傷まないし」
DSC09631.jpg
今年の斉藤さんのかぶ、最高に美味いです。
DSC09635.jpg
年々、農家姿が様になってきている気が…。
DSC09644.jpg
収穫後、斉藤さんの話を聞く絹子。
勉強になります。

その他、斉藤さんのさつま芋。
DSC09641.jpg
品種はシルクスイート。
見た目は悪いけど、これが美味しい。
DSC09656.jpg
そして毎年大人気、菊芋も始まりました。
正に日本のスーパーフードですね。
でも、体調不良の方だけでなく、健康な方にも美味しく食べていただける斉藤さんの菊芋です。

なお、柴本さんのかぶも入荷しています。
こちらもかなり美味しいかぶですが、来週は飯田さんのかぶが入荷するので、食べ比べをしてみます。


posted by フレスコ at 18:10| おすすめ商品・新商品

2018年11月01日

りんごの生産者の名前は…

フレスコの農産物は全て生産者から直接送られてくるものです。
その生産者の一人一人に、尊敬の念は払い、愛情を感じ、親しみを持ち、だから自信を持って「○○さんの」と表記しています。
だからフレスコにとって、生産者名はすごく大事なんです。

りんごもそう。

フレスコがオープンした年からお世話になったりんごの西舘さんが不慮の事故で亡くなり、後を継いでくれた類家さん。
今年はその生産者名をどうするか悩みました。
今は100%類家さんが栽培されているりんご。
だから「類家さんのりんご」として紹介するのが筋であり、正しいと思います。
DSC02522.jpg
しかし、今の土壌を作り、今の木々を育ててきたのは紛れもなく西舘さん。
長年の苦労と努力の結果、多くのお客様を魅了したあの最高に美味いりんごを作ってくれました。
そんな意味では、西舘さんの名前を残すのも間違ってはいない気がしました。
DSC02514.jpg
西舘さん亡き後、畑の木を見に来た職人さんが「これはすごい!この木を育てた人はすごい人ですよ」と驚いた様子だっとか。
そのりんご畑を訪れた時の風景を思い浮かぶながら、誰にでも出来る仕事じゃないんだよな、と悩みました。
もしかしたら、西舘さんの名前がフレスコからなくなることに抵抗があっただけなのかもしれませんが…。

スタッフの絹子とうっちーとも何度も話し合いました。
どちらがいいのか、はっきりとした結論は出ず、結局食べてから決めることになりました。
良くも悪くも、全くの別物となっていれば「類家さんの」でいこう。
その味わいが残っていれば「西舘さんと類家さんの」でいけないか。

前置きが長くなりましたが、今日、類家さんからりんごが届きました。
DSC09568.jpg
紅玉。
DSC09569.jpg
西舘さんの紅玉と同じ、真紅の色合い。
DSC09570.jpg
とき。
DSC09571.jpg
プーンと甘い香りも変わりありません。
DSC09572.jpg
では食べてみましょう。
DSC09574.jpg
紅玉。
美味い!
酸味がしっかりしているけど、酸っぱいだけじゃなくて、ちゃんと甘みと旨味もある。
DSC09576.jpg
とき。
これも美味い!
甘さがしっかりあり、そして独特のいい香り。

食べた瞬間に、西舘さんの味だ!と感じ、迷わずに「西舘さんと類家さんのりんご」でいくと決めました。
類家さんが育ててくれた西舘さんのりんご。
フレスコが自信を持ってお勧めします。




posted by フレスコ at 20:03| オーナーの話