2019年01月31日

味噌作りから考える

昨年は作らなかった味噌、今年は仕込みました。
DSC01662.jpg
作ってみると分かりますが、手間と時間はかかります。
DSC01666.jpg
でも、だからこそ、有り難さが分かります。
DSC01669.jpg
それは味噌に限ったことではないです。
DSC01672.jpg
食べ物の有り難さ、作ってくれる人への有り難さ。
DSC01674.jpg
それから、命を頂いているんだという実感も。
DSC01677.jpg
今、ありがとうの気持ちが、全くない人があまりにも多いように感じます。
DSC01680.jpg
ただ金を払って買っているという意識とか、捨てることにも何の抵抗も感じなかったり。
DSC01681.jpg
節約の意味を取り違えている人も少なくないんじゃないでしょうか。
DSC01682.jpg
ただ食べるだけのための味噌作りなら、買った方が安いし楽です。
DSC01695.jpg
でも、たまにでもこんな事をすると、改めて感じることって多いです。
DSC01699.jpg
味噌ってすごいな、発酵ってすごいな、昔の日本人はすごいな、とか色々とね。
DSC01706.jpg
それを感じることができると、ひとつまみの味噌とか、一滴の醤油とか、いと惜しくなるし、わずかでも捨てるなんてもったいなくてできなくなる。
DSC01709.jpg
皆さん忙しい日々を送られていることとは思いますが、半日ほど時間を作って味噌作りなんていかがですか?
DSC01710.jpg
半年後の楽しみのために。
きっとものすごく美味しいお味噌汁が飲めるはずですよ。



posted by フレスコ at 20:42| 作ってみました

2019年01月30日

ブロッコリーの生産者がいいなあ

先週から取り扱いを始めた九州長崎のブロッコリー。
おかげさまで好評です。
DSC01713.jpg
「甘みがあってすごく美味しかった!」との声を多数いただいています。
この酒井さんって生産者、ブロッコリーを作るのが上手なんだなあと思うのと同時に、プライドを持って栽培している結果が出ているように思います。
DSC01714.jpg
箱ごとに1枚入っている紙。
アンケートまで付いています。
お客様の感想を直に聞きたいという姿勢、すごくいいですねえ。
有機の業界でも、売ったっきり、なんて農家さんも少なくないですからねえ。
もっと販売店や消費者の声に耳を傾けて、味や品質の向上に努めて欲しいぞと思う農家さんもいますよ、実際。
でも、このアンケート、どうやって送るのでしょうか。
FAX番号はないし、住所が書いてあるから郵便で送るとか?

さて、相内さんの玉ねぎがそろそろ終了との知らせ。
「あと何ケースあります?」
「大きいのはなくなっちゃった。小玉なら10か20位は残ってるかな」
「じゃあ、10ケースお願いします」
DSC01716.jpg
で届いた10ケース。
確保成功。
今の気温なら持つはず。
DSC01717.jpg
でも、思ったよりちっちゃかった…。
DSC01719.jpg
大玉と比べるとこの差。
でも、無いよりいいかな。
少しお安くご提供します。
DSC01712.jpg
昨年秋、発売直後から大ヒットし、それっきり入荷がなくなってしまったオーガニックスープ4種。
問い合わせを多数いただいておりましたが、やっと再入荷しました。
しばらくはあると思います。
DSC01715.jpg
2月3日の節分に向けて、福豆も入荷です。
この豆、食べても結構美味しいんですよね。
ちなみに鬼のお面付きです。

入荷情報
佐藤さんのぽんかん、そろそろ終了です。
近日、佐藤さんのネーブルと伊予柑が入荷します。
しばらく欠品していましたきゃべつは2月4日(月)から再開の予定です。

posted by フレスコ at 17:05| おすすめ商品・新商品

2019年01月27日

おやじの切干大根でハリハリ漬け

斉藤さんの切干大根。
この切干大根がすごくいい。
KIMG0348.jpg
「こいつが売れるんだよなあ。作っても作っても間に合わないんだよなあ。もう残り少ないぞ」
DSC01255.jpg
毎週「全部持っていっていいですか?」と全部買い占めてくるんですが、もっと欲しいくらい。
それほど美味しくて大人気。

斉藤さんが育てた無農薬栽培の大根、そして天日干し。
基本的に切干大根なんて無添加が当たり前でしょうが、乾燥はほぼ機械だと思います。
天候に左右されていては製造に支障をきたしますから。
でも、この天日干しってのが重要。
加藤さんの天日干し米や、柳橋さんの天日干し干芋も同じ、太陽の力が美味しくさせているんだと思います。
DSC01630.jpg
袋から出すだけでものすごくいい匂い。
これ、このままポリポリ食べるのが、大根の風味と甘味が感じられて一番美味しい。
「このまま食べられるんですか?」と聞かれることがありますが、だって大根じゃないですか。
DSC01635.jpg
今日はポン酢に漬けてハリハリ漬け風に。
袋に切干大根とポン酢を入れて一晩。
それだけ。
DSC01638.jpg
箸休めに、お酒のおつまみに最高なんです。
DSC01640.jpg
食感といい、噛んでいくと滲み出てくる旨味といい、これは美味しい!
DSC01647.jpg
ポン酢は正しいものであればどれでもいいと思います。
DSC01648.jpg
でも、フレスコで扱っているポン酢の中から選ぶとすれば、これかな。
切干大根の風味を生かすために、ゆずの香りが強すぎず、醤油の旨味が生きている大徳さんのゆずポン酢。
色々試してみてください。





posted by フレスコ at 11:43| おすすめ商品・新商品

2019年01月25日

ピンク色の甘酒を作ってみよう

まずは佐藤さんのポンカン情報。
当店でも大人気のポンカンですが、佐藤さんの方にも注文が殺到しているようで、終了間近のFAXが来てました。
今シーズンは特に美味しいですからね。
DSC01629.jpg
今月末までかな…。
「みかん、ないですか?ポンカンはいらないかな」って方も少なくないですが、もったいない。
今のうちに食べておいてくださいね。
早くしないと終わっちゃいますよ。

さて、今日は甘酒を作ってみましょう。
DSC01628.jpg
使うのは純米酒粕。
甘酒は麹から作った甘酒と、酒粕の甘酒の2種類があり、全くの別物です。
DSC01627.jpg
こちらの酒粕ですが、色が変色していると消費者からクレームがあったとかで、わざわざこんな販促物を用意してくれています。
色の変化は自然の変化。
熟成してきている証です。
DSC01616.jpg
分かりづらいですが、ほのかにピンク色。
これがいいんです。
DSC01620.jpg
水300に酒粕100gで、カップ2杯分くらいできると思います。
DSC01621.jpg
作り方は簡単。
煮ながら溶かしていくだけです。
麹の甘酒と違って甘くはないので、ここで砂糖を加えます。
スプーン2杯位入れて、あとは好みで調整してください。
ちなみにてんさい糖を使用。
DSC01626.jpg
ほんのりピンク色。
麹の甘酒も美味しいし、内容も優れものですが、冬はこちらの甘酒もいいですね。
温まりますよ。
ちなみにですが、麹の方の甘酒は元々暑い時期に飲むもので、だから甘酒の季語は夏なんです。


posted by フレスコ at 20:26| 作ってみました

2019年01月24日

うっちー、石井さんに会いに行く

うっちー、久々に石井さんの畑へ。
手作りのさつま芋パイと味噌持参です。
まずは畑の様子。
DSC01593.jpg
「ブロッコリー、どうですかね?」
DSC01596.jpg
「ちっちゃ…。全然まだまだじゃないですか」
DSC01602.jpg
ただいま欠品中のきゃべつ、欲しいところですが。
DSC01603.jpg
「全然ダメです。一応中で丸くなってますけど、いつになるんでしょうか…」
DSC01588.jpg
その後、縁側で石井さんとお話。
「水餅、持ってくか?」
「水餅ですか?」
DSC01592.jpg
昨年末に搗いたお餅ですが、水に漬けておくとカビもひび割れもしないそうです。
DSC01590.jpg
「これが美味いんだよ」
DSC01608.jpg
「いつもありがとうございます。また来ます。お餅も、ありがとうございました」
DSC01613.jpg
帰って早速食べてみました。
石井さんの小松菜入り鰹だし汁に入れました。
滑らかで喉越しがよく伸びのいい餅、そして小松菜とだし汁も美味しかったです。
石井さん、ごちそうさまでした。

今日現在の石井さんの野菜品揃えは、ほうれん草、小松菜、長ねぎ、白菜、サラダセット。
週末は数量限定で大根も。
全て味よし、無農薬、大容量のスペシャルなお野菜たちです。

posted by フレスコ at 21:07| オーナーの話

2019年01月23日

試しに仕入れてみた野菜や果物

10年前、オープンの頃とは比較にならないほど、今は多くの生産者さんとお付き合いするようになりました。
そのほとんどが生産者さんから直接の取引です。
でも、どうしても穴が空いてしまったりする時期やアイテムが出ます。
今回、その穴を埋めるために、問屋さんからの仕入れをしてみました。
もちろん、取り扱いの基準は今と同様です。
DSC01579.jpg
問屋さんを使うと、少量のロットでも注文できるし、今まで品揃えできなかったアイテムが注文できたりします。
通常だとまだ品揃えできない中玉トマトは九州長崎から。
この時期にしてはまずまずの味です。
DSC01582.jpg
今が食べごろのキウイフルーツ。
大粒でジューシー感がありました。
DSC01581.jpg
いちごなんてオープン当初扱って以来、超久々。
1パック単位で注文できるのはありがたい。
小粒ながら非常にナチュラルな味わいです。
DSC01583.jpg
こちらも九州長崎から。
石井さんのブロッコリーが出てくるまでのつなぎで注文してみましたが、これがなかなかよかった。
DSC01611.jpg
ブロッコリー大好きな絹子が「うん!これ美味しい!」と絶賛したほど。
甘みもあるし、風味もいいです。

もちろん、どこから仕入れようと、今まで通り味見は欠かしません。
今回は試しで仕入れてみましたが、生産者も栽培方法も明確ですし、様子を見ながら上手にお付き合いしていきたいと思っています。


posted by フレスコ at 21:09| おすすめ商品・新商品

2019年01月21日

だからこのピザ美味しいんだよね

「近くまで来ているので、寄らせてもらっていいですか?」と電話があったのは松本さん。
冷凍ピザが大人気、福島のステラフーズの営業さんです。
まだ昨年秋からの取り扱いにも関わらず、わざわざ店に立ち寄ってくれるなんて嬉しいですね。
DSC01522.jpg
うっちーは展示会の時にお会いしていますが、絹子は初対面です。
「本当にすごく美味しくて、お客さんにも喜ばれています!」
「それは嬉しいです」
DSC01526.jpg
絹子が書いたピザのブラックボード、まだ残しておいてよかったです。
DSC01529.jpg
店内をご覧になっていた松本さんは「すごいこだわりですね。自然食大手のチェーン店にも負けてないですよ」と嬉しいことを言ってくれます。
DSC01535.jpg
新たにサンプルまでもってきていただき、ありがとうございます。
DSC01568.jpg
改めて原材料や製法などのこだわりについてお話させてもらいました。
今でも美味しいと思われる原材料をさらに良いものに改良し、もっと美味しいものを作れるように試作中だとか。
DSC01566.jpg
聞くと、一昨年亡くなられた先代の社長さんが、イタリア人とのハーフで、やはり本場の味にこだわりたいと奮闘されていたそうです。
本物へのこだわり。
そんな思いのあるメーカーさんとお付き合いできることは、僕らにとってもお客様にとっても幸せなことです。
DSC01574.jpg
「スーパーのピザってなんであんなに安いんですか?何が違うんでしょうか」と絹子。
そもそも生地自体が異なっていて、こちらは天然酵母でしっかり発酵させたピザ生地。
当然、発酵に要する時間もかかります。
スーパーのは伸ばした生地を丸く打ち抜いただけの、ただの小麦粉の生地で、発酵はされていないそうです。
多くのお客様が「生地が美味しくて」と言われる理由はここなんですね。
もちろん、厳選した小麦粉や、こだわった素材を使っているのも大きな違いです。
DSC01531.jpg
新たに提案してくれたのは、生パスタ。
今度サンプルを送ってくれることになっていますので、味見をして品揃えを検討してみようかと思っています。
ピザの美味しさを考えれば、間違いなく美味しいでしょうね。
楽しみです。
「今度会社にも来てください。工場なんて言えるもんじゃないですが、色々お見せできますので」
そんな嬉しいことを言われちゃうと、本当に行っちゃいますよ。
松本さん、ありがとうございました。

こちら、今日入荷の干芋。
DSC01563.jpg
粉ふき干芋です。
素晴らしい粉ふき具合じゃないですか。
DSC01564.jpg
干芋は元々保存食。
昔は、こんな干芋をおやつに食べていたそうですが、今思えば最高のおやつですね。
体に悪い変なお菓子を食べているより、よほどいいです。
やや固めですが、噛んでいくと芋の風味と旨味がしっかりあり、これはこれで美味しいですね。
DSC01578.jpg
ちょうどピザを焼いたトースターが出ていたので、ついでに焼いてみました。
右は焦げたところ、左は焼く前に絹子がつまみ食いしてかじったところ。
少し焼きすぎましたが、香ばしさが増して、ちょっと焼き芋風?
これ、美味しいです!

粉ふき干芋は、数量限定ですが格安で販売します。


posted by フレスコ at 20:28| おすすめ商品・新商品

みかんからポンカンへ

数日前でしたか、あるお客様から突然。
「オーナーさん、結婚したんだって?」と。
「へ?僕がですか?えー!何ですかそれ」
「そうなの?結婚したって聞いたから」
「あの、僕の話ですよね?いや、全然してないですけど。って言うか、誰が言ってたんですか?」
「噂で。困るわよね。誰も来なくなっちゃうわよね」
噂って…、びっくりしたのと同時に可笑しくて思わず笑ってしまいました。
どこで噂になっているのか知りませんが、そのような事実も予定も前兆もございませんので…。
DSC01506.jpg
さて、今シーズン非常に美味しかったみかんはそろそろ終わり。
佐藤さん、越智さん、ありがとうございました。
DSC01488.jpg
代わって入荷したのが佐藤さんのポンカン。
DSC01492.jpg
これが美味しい!
酸味はしっかり残っていますが、味が濃くて、多少の種はありますが、今年は非常にいい出来だと思います。
DSC01489.jpg
そして同時にだいだいも入荷です。
見かけによらず非常にジューシーで、爽やかな酸味。
ギュッと絞って使っていただきたいし、ポン酢作りにも最高ですよ。



posted by フレスコ at 10:37| おすすめ商品・新商品

2019年01月20日

野菜もたくさん食べてね雑炊

今日の宇野さんのお話会。
数日前から何を食べてもらおうか考えていました。
好物のおかゆか、先日作ったハンバーグの残りもあるし…。
ミスマッチだけど両方作っちゃおうか。
DSC01490.jpg
で、野菜嫌いな宇野さんに、野菜たっぷり雑炊を作りました。
ちゃんと野菜食べてくださいね。
DSC01491.jpg
鶏団子に、大根、白菜、長ねぎ、菊芋、そして生姜の千切りをたっぷり。
DSC01493.jpg
ご飯を入れて煮込めばOK。
DSC01496.jpg
宇野さんが好きな梅干しもトッピングしてあげました。
これが我ながらかなりいい出来で、味付けが最高でした。
ご飯はもちろん、具材が美味しいのは当然として、決め手はダシですね。
すごくいい味。
たっぷりの生姜で体もホカホカで、風邪ぴっきの人もこれ食べたらすぐ治っちゃいますよ。
DSC01497.jpg
ハンバーグはチーズを乗せてチーズハンバーグ。
DSC01499.jpg
はいどうぞ。
「雑炊もハンバーグもすっげー美味い!いい味だねえ」と喜んで食べてもらいました。
DSC01518.jpg
いつもはバイクで来る宇野さんですが、今日は電車。
バイクがパンクして、電車を乗り間違えて、駅から道に迷って、ようやく店にたどり着いた宇野さん。
ややお疲れでしたが、美味しいお昼で元気を取り戻したようで、お話も絶好調でした。
今日もありがとうございました。

入荷情報
21日(月)ブロッコリー、ミディトマト、いちご等入荷予定です。

posted by フレスコ at 19:12| 作ってみました

2019年01月18日

超久々に作ってみたハンバーグ

ハンバーグが食べたくなった。
と言うか、作りたくなった。
前にハンバーグを作ったのは、うーん、10年以上前だったような…。
DSC01459.jpg
作り方は至って普通です。
DSC01460.jpg
なので、作り方の詳細は割愛します。
DSC01463.jpg
超久々ですが、今のところ順調かな?
DSC01462.jpg
で、今日のポイントはソース。
フレスコでは圧倒的な人気を誇るパパヤさんのトマトケチャップとソース。
これ、絶対美味いはず。
DSC01465.jpg
ハンバーグを焼いたフライパンに、トマトケチャップとソースを入れて煮詰めます。
本当はワインとかあるといいんですが、今日はこれだけで。
DSC01466.jpg
半分くらいの量になるまで、煮詰めればOK。
DSC01468.jpg
はい、完成。
なかなかいい感じの出来だと思いますが。
DSC01471.jpg
見た目は美味そうですが、焼き具合はどうかな?
DSC01470.jpg
で、このタレ、ソースですが、予想通り絶品ですね。
「パパヤのケチャップやソースは、他のメーターとは作り方が全然違うから、素材感が抜群。これしっかり売らないと」と現役当時の宇野さんがよく言っていました。
甘さ、酸味、風味、旨味、ホント最高。
ちなみに、今回はケチャップ8、ソース2位の割合で使いました。
DSC01478.jpg
焼き具合も良かったです。
切ると肉汁がジュワッと、しっかりジューシー感が残っています。
我ながら、満足のいくハンバーグができました。
うん、美味い!
DSC01487.jpg
ご飯でもいいし、パンに挟んでも美味しいですよ。


柑橘情報
越智さんのみかんが終了間近です。
今後はその他の柑橘が色々と入荷します。
まずは近日佐藤さんのポンカンとだいだいが入荷します。

posted by フレスコ at 21:02| 作ってみました

2019年01月17日

売り切りのお餅がたまらなく美味い

売り切りセールの鏡餅。
今日から、1個買うと2個プレゼント。
DSC01359.jpg
もうお供えはしなくていいです。
じゃんじゃん食べていただきたい。
DSC01360.jpg
開け方ですが、底の部分を切っても出てきません。
DSC01361.jpg
容器に切れ目を入れてパカっと開いた方がよろしいようです。
DSC01363.jpg
一口大に切ったお餅を茹でます。
煮立たせず、保温位の温度で柔らかくなります。
DSC01364.jpg
茹でて小豆を乗せます。
DSC01370.jpg
美味いですねえ〜。
この餅、ただのお供え餅じゃなくて、実はかなり美味しいんです。
ちなみに有機栽培です。
DSC01372.jpg
それから、トースターで焼いた餅に、バターと醤油。
もちろん、正しいバターと醤油を使うことを強くおすすめします。
風味が全然違いますから。
DSC01378.jpg
これが最高!
めちゃくちゃ美味いです。
DSC01376.jpg
この辺の溶けたバターと醤油が混ざりあったところ、たまりません。
香り豊かなバターと醤油に負けていない餅の風味。
実に美味い!
バター醤油ご飯って、懐かしいとか言う方も多いですが、すごく合いますよね。
それのお餅版。
もちろん、これに海苔を巻いて食べてもすごく美味しいです。

posted by フレスコ at 12:07| おすすめ商品・新商品

2019年01月16日

絹子の玄米餅ピザ

相変わらず大人気の玄米餅。
DSC01457.jpg
もちろん、加藤さんの玄米餅です。
「玄米餅のピザ食べる?」と絹子が作ってくれました。
DSC01418.jpg
割った玄米餅をフライパンで焼きます。
DSC01423.jpg
程よく柔らかくなったら裏返します。
DSC01427.jpg
次にパパヤさんのトマトケチャップ。
DSC01429.jpg
うーん、味の想像が出来ないなあ。
DSC01430.jpg
予め炒めておいた、玉ねぎ、ピーマン、ウインナー。
DSC01431.jpg
チーズを乗せて蓋をして蒸し焼き。
DSC01434.jpg
「出来上がり♪」
DSC01436.jpg
美味そうです。
でも、どんな味なんだろう…。
DSC01437.jpg
ちょっと不安と言うか、未知の味わい?
ですが…。
DSC01443.jpg
これが美味い!
和の雰囲気のあるピザかな?
粘りの少ない玄米餅を使うことで、ちゃんと生地になっていますし、全て正しい原材料を使っているので、素材の一つ一つが美味しい。
そして玄米餅の存在感。
さすが、加藤さんの玄米餅です。
DSC01446.jpg
洋+和。
飲み物に悩むところですが、こんな時にピッタリの、これがあるじゃないですか。
DSC01450.jpg
杉本さんの和紅茶。
和にも合う紅茶、ぴったりです。
ちなみにラベルはフレスコオリジナルです。
DSC01451.jpg
残った玄米餅はもちろんこれ。
DSC01456.jpg
フライパンで焼いて、加藤さんの籾発芽玄米味噌。
この組み合わせ、最高です!


posted by フレスコ at 19:31| 作ってみました

2019年01月14日

石井さんとスペシャルな野菜たちは元気です

まずお詫びです。
ここ数日間で販売していたじゃが芋のはるかに、中心部が黒い芯黒が確認されました。
外見は全く普通ですが、切ると真っ黒なのですぐに分かります。
購入されたお客様がいらっしゃいましたら、お手数ですがスタッフまでお声掛けください。
生産者にはすでに連絡済みで、原因の究明をお願いしていますが、生育時である夏の暑さの影響も考えられるとの話です。
また、農産物の傷み以外でも、味が悪かったとか、りんごの芯が黒かったとか、納豆が粘らなかったとか、どんなことでもご報告いただけると店としても非常に助かります。

さて、今年になってすでに数回訪れている石井さんですが、今朝はスタッフ絹子を連れて行きました。
DSC01387.jpg
納品する野菜を車に積み込んだ後は、縁側でお茶タイム。
と言っても開店準備までに帰らなければいけないので、そうそうゆっくりもしていられません。
DSC01381.jpg
ついでなので、畑も見ていきましょう。
スペシャルな長ねぎはまだまだあります。
DSC01386.jpg
こちらもスペシャルな白菜ですが、残り少ないかな?
その他、ほうれん草、小松菜はまだたくさんありました。
DSC01384.jpg
朝の冷え込みで、霜が降りているブロッコリーの葉。
DSC01391.jpg
「まだ蕾がないみたい…」
DSC01398.jpg
「あった!でもこんなに小さいよ」
ブロッコリーはもうしばらくかかりそうです。
DSC01408.jpg
「柚子、持っていくか?」
DSC01411.jpg
「ほれ」
「わー、ありがとうございます」
DSC01413.jpg
「今日は柚子風呂♪」と嬉しそうな絹子でした。
DSC01403.jpg
石井さんの健康状態は良好のようで、安心しました。

安全で、美味しくて、お買い得。
特にこの季節欠かせない石井さんのスペシャルな冬野菜、まだまだあります!


続きを読む
posted by フレスコ at 22:55| オーナーの話

2019年01月13日

加藤さんも話す、身体と食べ物の関係

今月のフレスコ便りに挟みました、加藤さんのお話会のまとめ。
毎月、宇野さんのお話もまとめていますが、なるべくリアルな雰囲気を崩さないような感じで書いています。
宇野さんの口調はかなり慣れましたが、初めての方は難しいですね。
約1時間の話の録音を聞きながら、5,6時間ほどかかってしまいました。
DSC01325.jpg
宇野さんも加藤さんの話もそうですが、実際の話の内容の半分も書ききれない。
多くを割愛しちゃってますから、勿体無いなあと思いながら、ポイントを抜き出し、分かりやすく読みやすくを心がけています。

で、今回の内容で、僕が感じた興味深い箇所を抜粋してみました。


「体が悪くなっていくっていうことは、親が色んなものを与えるものですから、だんだん子供の味覚が変わっていき、体もおかしくなると思います。」

「結局は自分の体が参っている証拠ですからね。もうちょっといいものを食べて自分の免疫力を高める必要があるように思います。」

「日本では医療費が60兆円かかってますからね。その中でいいものを食べて、体にいいものを入れなくちゃいけないんじゃないかなと思います。」

「買う時は高いと思います。私達の米も高いと思います。ただ、茶碗一杯で計算すれば100円しないじゃないですか。美味しいものを食べて、医療費がかからない生活を送って、健康であればいいんじゃないかなと思います。」
DSC01117.jpg

米農家さんの話なので、お米の話が大部分を占めましたが、一番のポイントはここかなと感じます。
宇野さんを始め、フレスコの多くの農家さんが話していることと全く同じ。
そう言えば、昨年ぶどうの小森さんを訪れた際、お父さんは「水はお金を払って買うのに、米にはお金かけないんだよな。水は米より高いんだよ」と言っていました。

皆さんが話すように、正しい食べ物こそが健康な身体を作るって事です。

昔は意識しなくても、普通に健康な食品を食べられましたが、今は逆。
良く考えないと、正しい食品が食べられない。
何も考えず食べる食品の多くは、ほぼ病の元。
そんな残念な時代だって事です。

最後に加藤さんは言いました。

「今、フレスコさんに置いている自然乾燥の米が一番の贅沢とも言えますし、当たり前の米だとも言えます。昔ながらの作り方ですし、乾燥まで太陽のエネルギーで自然です。非常に美味しいです。」

フレスコは美味しいがいっぱいの店です。
でも、それは決して贅沢品ではなく、本当は当たり前の食品なのです。

DSC01327.jpg
まとめながら改めて感じましたが、内容の濃い本当にいい話でした。
裏表1枚の短いまとめになってしまいましたが、今月のフレスコ便りに挟んでありますので、興味がある方はお読みになってください。



posted by フレスコ at 09:45| オーナーの話

2019年01月12日

固い干芋を焼いてみよう

今日現在品揃えしている干芋は、玉豊と紅はるかの2種類です。
風味と甘味のある玉豊、ねっとり柔らかな紅はるか。
それぞれ特徴があります。
DSC01246.jpg
今、入荷している玉豊はやや固め。
それが好きという方もいらっしゃいますが、これ焼いてみたらどうだろう。
干芋は元々保存食で、昔の人はカチカチに固くなった干芋を食べていたそうです。
DSC01238.jpg
ストーブの上とか、七輪とかで焼くといいのかもですが、なければトースターとか。
今日はフライパンで焼いてみました。
DSC01239.jpg
「なにこれ〜、すごい美味しい♪」とスタッフ絹子。
香ばしさが増すんですね。
焼き芋があるくらいですから、当然焼きにも合うはずです。
DSC01241.jpg
ほんのり焦げた感じの部分が美味しい。
固かった干芋も少し柔らかくなって食べやすくなっています。
これはそのまま食べるより美味しいかもです。
DSC01248.jpg
「これお客さんに教えてあげなきゃ」とすかさずポップを書いて貼り付けるスタッフ絹子。
焼き干芋、おすすめです。

お知らせ
今月の宇野さんのお話会は1月20日(日)13時〜です。
テーマは「安心と安全な日本を考える」です。
「1月から飛ばすよ」と言っていました。

posted by フレスコ at 16:56| おすすめ商品・新商品

2019年01月10日

さつま芋パイとりんごジャム

今月は正月三日の後、棚卸しをやったり、イベントがあったり、なんだかバタバタ。
ああ、フレスコ便りが…。
今、加藤さんのお話会のまとめを必死にやっています。
明日には完成させねば…。

今月のフレスコ便りに掲載するうっちーのコーナーは、さつま芋パイ。
記事を書く前に、現物を持ってきてくれました。
DSC01199.jpg
うっちー曰く「過去最高の出来かもです!」と言うように、これが本当に美味しい。
DSC01198.jpg
サクッとしたパイ生地の食感、そして風味が素晴らしくいい。
小麦粉の香りもすごくいいんです。
DSC01195.jpg
そして、加瀬さんのさつま芋が、さすがだなあ、と関心するほどの味の良さ。
小豆がまた、いいアクセントなんです。
レシピは、明日完成予定?のフレスコ便りでどうぞ。

僕と絹子はりんごジャム作り。
DSC01211.jpg
売り物にはちょっと無理かなという最後の紅玉を使います。
DSC01218.jpg
砂糖はりんごの三分の一なので、かなり少なめです。
ちなみにてんさい糖使用。
DSC01220.jpg
グツグツ煮ていきます。
DSC01222.jpg
30分ほどでいい感じです。
DSC01228.jpg
その後、りんごの皮を一度入れ、取り出し、最後に佐藤のレモン搾りました。
DSC01230.jpg
酸っぱくて、甘くて、香りがいい。
いいかも♪
パンにでも乗せて食べてみます。

さて、フレスコ便り、やらなくちゃ…。



posted by フレスコ at 20:01| 作ってみました

2019年01月08日

合鴨ステーキと2種のピザ

加藤さんの田んぼで働いていた合鴨ちゃん。
昨年送ってもらい、鴨鍋にした残りを冷凍してあったので、ステーキにしてみます。
初めてなので、どんな風になるか…。
DSC01158.jpg
もも肉一枚。
DSC01159.jpg
切れ目を入れて塩こしょう。
DSC01160.jpg
皮目を下に弱火で焼いていきます。
DSC01163.jpg
しばらくすると皮から脂が出てくるので、それを表面にかけながら焼きます。
DSC01164.jpg
エリッサさんのローズマリーを加えて香り付け。
DSC01174.jpg
このような焼き方が初めてなので、どれ位焼いていいものか、見当がつきません。
DSC01176.jpg
うーん、これってどうなんだ?
DSC01179.jpg
でもでも、初めてにしてはいいかも?
DSC01185.jpg
やや、火が入りすぎでした。
ここは経験ですね。
でも、味はグー!
嫌な臭みは全くなく、むしろ風味。
噛むほどに旨味が出てきます。
DSC01184.jpg
脂の部分もすごく美味しい。
これは間違いなくビールですね。
ローズマリーの香りはさほどでもなく、もう少し多く入れてもよかったかな。
でも、向井さんの黒こしょうは、ものすごい存在感です。
「私が最後まで餌をやって世話をしていました」と加藤さんが言っていた鴨。
大変美味しく、そしてありがたくいただきました。

ちなみに、こちらの鴨さんはフレスコでは非売品ですが、ごく僅か(数羽)在庫があるそうなので、どうしても食べたい方はお早めにお声掛けください。

さて、昨年も後半に品揃えを始めた冷凍ピザが大好評。
マルゲリータとクワトロフォルマッジに2種類を品揃えしていましたが、新たに新味を増やします。
DSC01162.jpg
サンプルで送ってもらったホワイトマルゲリータとジェノベーゼ。
どちらも魅力的です。
DSC01166.jpg
まずはホワイトマルゲリータ。
美味いですねえ〜。
チーズ、ドライトマト、最高です。
DSC01168.jpg
お客様の多くがおっしゃっていたように、このピザは生地も美味しいんです。
正しい小麦粉を使っている証です。
DSC01171.jpg
それからジェノベーゼ。
これも美味い!
DSC01172.jpg
バジルの香りが抜群です。

ちなみに、1種類×20枚×2箱が条件。
悩んだ末、現在品切れ中の定番のマルゲリータと、ホワイトマルゲリータの2種を注文しました。
他の種類は次回の注文にするので、お楽しみに。

ピザ入荷情報
2種類のピザは9日(水)入荷します。


posted by フレスコ at 19:07| おすすめ商品・新商品

2019年01月07日

新年会メニュー紹介

加藤さんを囲っての新年会。
お客様が来る時はいつもの事ですが、何を食べていただこうか、結構考えます。
今回は前日の3日から各自仕込みをしていました。
DSC00932.jpg
絹子は木みたいなゴボウを切っています。
ちょうどいい棒がなかったので、金づちを手に、思いっきりゴボウを叩いていました。
ストレス解消に良さそうです。
DSC00936.jpg
僕は鯖の灰干しの南蛮漬けの仕込み。
今回使用した灰干しは、生産者のイブスキー浜上さんの提供です。
DSC00939.jpg
片栗粉をまぶし揚げた鯖に、炒めておいた人参と玉ねぎを乗せ、南蛮漬けのタレをかけておきます。
もちろん、タレも手作りです。
DSC00933.jpg
寒いので鍋もいいですね。
DSC00950.jpg
今回は粕鍋にしましょう。
新たに品揃えを始めた蔵出し純米酒粕を試すいい機会です。
DSC00951.jpg
味噌と酒粕を汁で溶かしてから鍋に入れます。
DSC00949.jpg
石井さんに頂いたお餅を油揚げに入れておきます。
数が多かったので、前日にやっておいてよかったです。
DSC00967.jpg
出来上がった鍋に投入し煮ます。
DSC00980.jpg
うっちーは得意の餃子。
これも前日に作っておいてくれました。
皮は店で販売しているものを使用しました。
DSC00982.jpg
焼きは当日、食べる直前に。
DSC00952.jpg
石井さんの山東菜漬等、その他もろもろを添えて皆様をお出迎えです。
DSC00955.jpg
鯖の灰干しの南蛮漬け。
鯖と野菜の味はもちろんいいですが、初めて作ったタレが絶妙なバランスで、かなりいい感じの味付になりました。
一晩で味が染みていい感じ。
DSC00953.jpg
絹子のゴボウと豚肉に煮物。
木みたいなゴボウですが、叩いて煮込んで、とても柔らかく、そして味がよく染みています。
素材を生かす味付と、風味がまたいいですねえ。
DSC00975.jpg
粕鍋汁。
酒粕の風味と旨味がしっかり、食べづらさは全くなく、野菜からのダシも加わり汁が絶品です。
この酒粕、かなりいいです。
石井さんの長ねぎや白菜を始め、フレスコ自慢の野菜も美味しい。
体が温まります。
DSC00985.jpg
うっちーの餃子。
相変わらず、美味いですねえ。
翌日の宇野さんの分3個を含め、40個作ったのに、あっという間になくなってしまいました。
パリパリもちもちの皮も最高です。

誰が来ると、こんな感じで料理をしています。
外に飲みに行っても楽でいいんですが、こっちの方が安いし美味しいし気楽だし。
それとフレスコの素晴らしい食材で楽しんでいただきたいという気持ちもあったりします。
美味しいがいっぱいの店フレスコ。
食材はいくらでもありますから。

干芋情報
1.2kg超得サイズ、たくさんできています。
かなり上物が入っています。
ただいま10%増量中です。

posted by フレスコ at 09:22| 作ってみました

2019年01月06日

加藤さんと新年会

秋田から加藤さんが来られたのは、イベントの前日でした。
となると、当然新年会です。
DSC01067.jpg
横浜で仕事を終えてのご来店は、スーツ姿の加藤さん。
そして、素敵な着物でご来店のよっしーさん。
皆さん、あけましておめでとうございます。
DSC00968.jpg
加藤さんファンのお客様Oさんも、初仕事を終え、駆けつけてくれました。
「昨年は大変お世話になりました」
「いえいえ、こちらこそ」
サラリーマンですねえ。
DSC00992.jpg
「よっしーさんが差し入れしてくれた、手作りのアップルパイです。美味しいですよ〜」とうっちー先生。
DSC01036.jpg
「私、日本酒が大好きで」
「これは、地元のあきたこまちを使いまして…」
DSC01032.jpg
「まあまあ、どうぞ」
「これはこれは、ありがとうございます」
DSC00971.jpg
気の合うお二人です。
DSC00965.jpg
「こんなチラシまで作っていただいて。緊張しますねえ」
DSC00964.jpg
笑ううっちー、笑う絹子。
楽しいスタッフなんです。
DSC01060.jpg
「いいものお見せしましょう」
DSC01055.jpg
「これ、金足農業の吉田君です。隣は息子の嫁さんです」
コーチの息子さんと一緒の写真はないんですか?
「コーチが吉田君に一緒に写真撮ってとは言えないでしょ」
ですよね。
DSC01057.jpg
「右はうちの長女。左はハリーポッターです。イギリスに行った時に知り合いまして」
すごっ!
って言うか、知り合わないですよね、普通。
DSC01059.jpg
「秋田の大晦日と言えばなまはげです」
生なまはげですね。
迫力あります。
DSC01062.jpg
それにしてもよく飲みました。
よっしーさんの差し入れの地球を救うビール、Oさんの差し入れの茨城の地酒、加藤さんのお土産の秋田の地酒、うっちーの差し入れの芋焼酎も飲み干しました。
DSC01022.jpg
楽しい新年会でした。
DSC01026.jpg
皆さん、どうもありがとう。
DSC01050.jpg
そして、今年もどうぞよろしくお願いします。



posted by フレスコ at 20:32| オーナーの話

2019年01月05日

一年の始まりは、加藤さんと斉藤さんと宇野さんと

今日は加藤さんのお話会でした。
実は昨日から来られていて、昨夜は新年会を開きましたが、その様子はまた改めて。

今朝は、毎年恒例の斉藤さんの七草セットを受け取りに、加藤さんを連れてお邪魔しました。
DSC01078.jpg
斉藤さんの畑で採れた七草。
DSC01073.jpg
ちょうど加工の最中でした。
DSC01074.jpg
丁寧に汚れや傷んだ葉を分けて、パックに入れていきます。
すごく手間と時間がかかる作業です。
それだけにありがたみがありますね。
DSC01075.jpg
僕らも少しですが手伝いました。
「斉藤さん、これ入ってなかったですね」
「おお、そうか、抜けたら六草になっちまうからな」
DSC01082.jpg
作業後「まあ、座りなさい」と珍しく椅子を出してくれて、加藤さんと農業について語ります。
DSC01085.jpg
「日本の米事情は…」
「そうなんですよ…」
DSC01086.jpg
もっと話していたかったですが、午後からはお話会なので、名残惜しく帰ってきました。
「お会いできてよかったです」
「またいつでも来なさい」
斉藤さんと加藤さん。
二人共、素晴らしい農家さんです。

店に戻ると遊びに来てくれていたのは…。
DSC01091.jpg
今日のスペシャルゲストは、毎度おなじみの宇野さんです。
DSC01095.jpg
とりあえずお昼ご飯。
昨夜の残りですみません。
「これ美味いなあ。体が温まるよ」と宇野さん。
DSC01098.jpg
絹子も後ろでいただいております。
DSC01109.jpg
さて、お話会の始まり。
「司会の宇野です」
最初の挨拶から始まりました。
DSC01112.jpg
いつもは話す側の宇野さんも、今日は聞く側。
最前列で加藤さんの話に耳を傾けます。
加藤さんに会いに来ていただいた皆様、本当にありがとうございます。
DSC01117.jpg
貴重なお話をしていただき、お越しいただけなかったお客様にもお伝えしたいので、今月か来月のフレスコ便りにまとめを挟む予定です。
DSC01120.jpg
終了後は玄米餅の試食。
DSC01123.jpg
「はい、皆さん、順番に。並んでね」と行列の整理を担当してくれる宇野さん。
DSC01140.jpg
加藤さんの玄米餅には、加藤さんの籾発芽玄米味噌がよく合います。
DSC01141.jpg
素晴らしい美味しさです。
DSC01138.jpg
この笑顔が全てを表しております。
夕方までたくさんのお客様がお餅を食べに来られ、皆様美味しさに驚かれていました。
DSC01150.jpg
よっしーさんが差し入れしてくれたあんこも、よく合います。
甘さ控えめで、小豆の風味がしっかりした手作りのあんこです。
DSC01152.jpg
宇野さんには、うっちー手作りの餃子を。
DSC01156.jpg
「すっげー美味い!いつもここに来るとご馳走だよな」
DSC01149.jpg
加藤さん、宇野さん、お客様Oさんで記念写真。

加藤さんに宇野さんに、そしてたくさんのお客様。
新年早々、素敵な方々に囲まれ、いい一年のスタートが切れた気がします。
皆さん、ありがとうございました。


斉藤さんの七草セット情報
昨年よりやや少なめの入荷になりました。
お求めはお早めにどうぞ。


posted by フレスコ at 19:36| オーナーの話