2019年05月31日

石井さんの畑の様子

今日はらっきょうだけ仕入れに石井さんの畑に行ってきました。
DSC04002.jpg
なお、石井さんのらっきょうを予定していましたが、数量が少なく、石井さんの友人のらっきょうを譲ってもらいました。
石井さんが「うちより作るの上手な人だから」と言っていたので安心です。
DSC04003.jpg
粒の大きさにはばらつきがありますが、良さそうならっきょうです。
数量限定ですので、お早めにどうぞ。

さて、畑の様子。
DSC03979.jpg
石井さんの夏と言えば、枝豆。
DSC03977.jpg
順調に育っているようです。
DSC03982.jpg
まだ小さけどサヤ。
「6月末くらいかな」と石井さん。
DSC03983.jpg
こちらはいんげんです。
マルチ(ビニール)の穴の部分に種を蒔いたそうですが、一番奥だけに育った苗が見えます。
それ以外の部分は全部種を鳩に食べられてしまったそうです。
DSC03994.jpg
じゃが芋畑。
DSC03998.jpg
「まだ小さいけど、食べてみて」
DSC04000.jpg
美味しそうですね。
DSC04001.jpg
こちらは石井さんの茄子。
もう実が成り始めています。

で、シバキンプロジェクトの苗はどうなっているのでしょうか。
DSC03988.jpg
「ここ、花咲くよ」
DSC03991.jpg
小さいけど、もうすぐ花が咲くんでしょうね。
DSC03985.jpg
いんげんはツルがしっかり伸びています。
少し弱り気味だった苗ですが、茄子もいんげんも元気に育っている様子。
さすが石井さんですねえ。
フレスコ農園の苗とは全然違います。
ちなみに、石井さんは畑はピーマンが合わないとのことで、茄子といんげんをお願いしました。
収穫が楽しみです。


スタンプラリー情報
DSC04016.jpg
今年も参加しています、東川口スタンプラリー。
明日6月1日〜30日。
今年は3店舗回ってスクラッチカード方式です。
フレスコにも是非お越しください。
DSC04019.jpg
ポスターに使われているロゴ。
数年前にうちのスタッフ絹子が書いたものです。
本人は「もう変えてほしいわ」と照れています。
明日は絹子を連れて梅の収穫です。


posted by フレスコ at 20:54| オーナーの話

2019年05月29日

やっぱり小林さんのミニトマト

農産物に限らずですが、色んなサンプルや試食を送ってもらったり、持ってきてくれたり。
本当にありがたいです。
素晴らしい商品を通して、新たな出会いが生まれることもあり、僕らとしても嬉しいことです。
DSC03974.jpg
でも、その中でも売り場に並ぶのはほんの一部。
ただ有機だとか無農薬だからとかで選びません。
内容、味、そして価格は最後で、その商品に見合っているかどうか、単なる安さで決めたりはしません。
お客様に喜んでもらえるかどうかが、フレスコの品揃えの基準です。

ここ最近、ミニトマトを持ってきてれる新規の農家さんが多く、悪くはないんだけどもう一つかなあってのが多いです。
少し前から品揃えは始めた、内山さんのミニトマトは特徴がはっきり出ていてよかったですね。
DSC03973.jpg
今日新潟から届いたのは小林さんのミニトマト。
小林さんと言えばミニトマトですね。
普通のサイズのトマトも作っていますが、そちらはやっぱりアミーゴにお任せしたい。
このミニトマトの特徴は、甘さも酸味もちょうどいいですが、やっぱり香りですね。
DSC03976.jpg
本日出勤のうっちーに「今回のミニトマト、出来は?」と聞いてみると。
「一番最高の時を100としたら75点でしょうか。8割まではいかないけど、7よりは上です」
「今品揃えしているミニトマトで一番お勧めは?」
「好みもありますが、私は断然小林さんですね」
元々、秋の方が味の乗りはいいのですが、75点で一押しって、どれだけレベルが高いんだって話です。
目をつぶって食べても、これは小林さんのミニトマトだと分かる味。
ミニトマトの小林さん、さすがですねえ。

梅、らっきょう情報
今年の梅の初収穫は1日(土)になりそうです。
まずは白加賀。
らっきょうは、今年は斉藤さんが作っていないので、石井さんにお願いしました。
こちらも1日(土)から販売出来ると思います。
品質はかなりいいそうですが、数量限定になりますので、お早めにどうぞ。


posted by フレスコ at 20:08| おすすめ商品・新商品

2019年05月28日

新緑とカツ丼でリフレッシュ

久しぶりにバイクでツーリングに行ってきました。
DSC03967.jpg
余暇の唯一の楽しみです。
DSC03957.jpg
ここの所暑い日が続いていたので、より山の空気が気持ちよく感じます。
DSC03951.jpg
程よく冷たい川の水。
DSC03945.jpg
これから新緑の季節。
DSC03961.jpg
この季節、好きなんですよねえ。
DSC03958.jpg
何もしないでしばらくぼーっとしていましたが、かなりリフレッシュ。
ただコーヒーセットを持って来なかったのは失敗でした。

昼は地元の車でいっぱいの食堂を見つけ入ってみました。
DSC03942.jpg
悩んだ末ソースカツ丼。
これ、当たりです。
サクッと揚がったヒレ肉は柔らかく、タレも甘ったるくないのがいいですねえ。
ちょうど昼時でかなり混んでいましたが、手際良くそんなに待たされなかったし、感じもよかったです。
他県ナンバーの車とか観光客が並んでいるようなお店で当たる確率は低いです。
美味しいお店は地元の人に聞くのが一番です。


posted by フレスコ at 21:05| オーナーの話

2019年05月27日

刺身こんにゃくを二度楽しむ

昨日ご紹介したこんにゃくの生芋さしみこんにゃくの方。
実食です。
DSC03938.jpg
食感、風味ともに、生芋感がいいんですよね。
それとこのランダムな切り方もいいです。
DSC03939.jpg
添付のタレ。
もちろん無添加。
これがなかなかいい味なんです。
DSC03934.jpg
もう一つご紹介したいのは、新商品の有機柚子のスプレッドって言うんですか?
ジャムとは違うのかもですが、まあジャムみたいな感じ?
DSC03935.jpg
原材料は有機ぶどう果汁と有機ゆずのみ。
砂糖は使わず、ぶどうの汁で甘みを付けてるんですね。
なお、柚子は国産です。
ジャムみたいなものなので、パンに塗ったり、ヨーグルトに混ぜたりが定番でしょうか。
DSC03936.jpg
今日は味噌と混ぜてみます。
使用したのは一番人気の加藤さんの籾発芽玄米味噌。
DSC03937.jpg
で、混ぜ混ぜして、柚子味噌の完成です。
これがまたいい味なんですよね。
DSC03941.jpg
そして先程のこんにゃくに付けてみると、これがまた合う!
すごく美味しいです。
甘すぎず、柚子の味わいもあり、そして味噌との相性もいいです。
こんにゃくだけでなく、里芋とか大根とか茄子とか、色々使えそうですね。



posted by フレスコ at 20:03| おすすめ商品・新商品

2019年05月26日

刺身こんにゃく入荷です

昨日、斉藤さんの梅の収穫はできませんでしたが、貴重なものを頂いてきました。
DSC03918.jpg
畑の土。
土にこだわっている農家さんは、土を持ち出されるのを嫌うものだと斉藤さんが話してくれたことがありました。
DSC03919.jpg
どの農家さんも、土が命ですからね。
斉藤さんの場合、何十年もかけて作り上げた土です。
今回、配りきれなかった苗を店の裏で面倒見ていますが、土が足りずに斉藤さんに相談。
「ホームセンターとかで買えばいいですかね」
「うーん…、あれは土じゃねーからなあ」
「えっ…そうなんですか」
「うちの持っていっていいぞ」
DSC03920.jpg
斉藤さんの土に、加藤さんの籾殻と米ぬかに、うちの堆肥も混ぜました。
これだけ見ると、美味しい野菜ができそうな気がしますが。
DSC03922.jpg
小さい鉢だとかわいそうだと、プランターまで買ってきちゃって。
何だか大掛かりと言うか、本格的になってきちゃいました。
DSC03923.jpg
狭苦しい場所だけど、苗さんたちには我慢してもらって…。
DSC03925.jpg
じゃが芋だけのはずだったのに、そのうち苦情がきそうだなあ。

さて、今日はこちらを紹介するつもりでした。
一昨年売り残り、昨年は取り扱わなかった刺身こんにゃく。
DSC03926.jpg
でも、本物はやはり食べて頂きたいと、今年は早めに注文。
と言っても、この暑さですから、タイムリーだったかもです。
DSC03927.jpg
左の生さしみこんにゃくは伊勢の青のりがいい香りです。
ブロック状なので、好みの厚さに切ってください。
右の生芋さしみこんにゃくは、製粉ではなく生芋が原料。
こんにゃく芋そのもの風味や食感を味わえます。
どちらも無添加のタレ付きです。

入荷情報
29日(水)小林さんのミニトマト入荷します。
飯田さんのかぶはそろそろ終了です。

posted by フレスコ at 17:37| おすすめ商品・新商品

2019年05月25日

梅の収穫は来週へ

気合を入れて、一発目の梅収穫!
今年はうっちーが最初の同行。
DSC03883.jpg
生い茂る雑草(主にわらび)をかき分け…。
DSC03886.jpg
でも、まだ小さい?
DSC03884.jpg
丸々はしていますが、少し早いかなあ。
DSC03889.jpg
「雨が少なかったからなあ。大きさより、まだ梅に透明感がないんだな。あと一週間だな」
と言うことで、梅の初収穫は来週に持ち越しです。
DSC03905.jpg
畑で枯れた草に火をつける斉藤さん。
DSC03904.jpg
この灰を畑の肥料にするそうです。
DSC03879.jpg
「先週の苗、ちゃんと見ておかないとダメだぞ!」
「はい」
DSC03881.jpg
あまり変化はなさそうですが、植えてすぐはこんなものだそうです。
来週また見にきましょう。





posted by フレスコ at 20:06| オーナーの話

2019年05月24日

プロと素人の土作り

エムプランさんの社長に頼んで送ってもらった柴本さんの苗。

のらくらの宮嶋君から「あまり状態良くないですね。何とか延命処置は取ってみますが、ちょっと厳しいかも」との電話。
確かに日数が経っていたし、社長も忙しくすぐに発送できなかった事が要因でしょうか。

同日に発送した加藤さんにも確認を入れると「確かに元気なかったですね。こっちは当日寒かったので保温して、水やって、魚から作った液肥を与えて、米ぬかたっぷり与えて、翌日にはすぐに畑に植えて、何とか元気になりましたよ」とのこと。

皆さんにお願いした野菜が元気に育ったとして、どんな味の違いになるのか非常に興味深いです。
同じ苗ですから、あとは栽培とか、主に土でしょうね。
柴本さんは菜種粕やきのこの培養土を混ぜて使っていたようですし、斉藤さんの土は野菜くずとか、石井さんは鶏糞とか、加藤さんはハタハタや比内地鶏や米ぬかの堆肥とか、皆さん工夫されています。
それを何年も何十年も続けて豊かな土になるんですね。

さて、僕ら素人の土作り。
DSC03857.jpg
生ゴミや枯れ葉から作った堆肥、加藤さんの米ぬかと籾殻を混ぜて使いました。
DSC03860.jpg
栄養とか全然分かりません。
そもそも、花じゃないんだから、こんなに小さい鉢ってどうなんだ?って話だし。
よほど美味しくなければ、無農薬であっても売り物にはしないつもりです。
だってプロの農家さんやお客様に失礼ですからね。
僕らが食べる用かな?
DSC03876.jpg
少し復活して伸びてきたきゅうりのためにネットも張ってみました。
DSC03871.jpg
最初に植えたじゃが芋は健康そのものです。

農薬や化学肥料を使わない農業は、ものすごくリスクが高いし大変です。
でも、その分美味しく育てたいと様々な工夫をする農業って、やり甲斐があるし楽しいんじゃないかなって思います。
その苦労は僕らの想像以上だと思うけど、売る側としても、その工夫を伝えるのは楽しいものです。

入荷情報
25日(土)
斉藤さんの梅、初収穫の予定です。まずは青い白加賀から。
刺身こんにゃく、生芋刺身こんにゃく入荷します。
ムソー得用有機梅干入荷しました。限定品です。

特売情報
大好評に付き、入荷増やしました。飯田さんのにんにくの芽、得用2袋500円。
柴本さんのほうれん草、売り切りのため1袋198円。

posted by フレスコ at 19:28| オーナーの話

2019年05月22日

超得用アミーゴトマト

「ちょっと採れすぎちゃって、安く出すので少しやってもらえると…」
「困ってるなら引き受けますよ。あるだけ出してもらっても」
「助かります」
DSC03850.jpg
おっと、結構ありますね。
いつものに比べて少し赤らんでいるとのことでしたが、これ位なら全然OK。
量があるので得用サイズだけに加工しますが、普段より3割ほど安くご提供でいかがでしょうか。
DSC03852.jpg
価値あるものをお安く出せるのは大歓迎。
価値がないものに定額を付けて、お金をいただくのは忍びない。
例え無農薬であれ有機であれ、できれば売りたくないと思うもので儲けたいとは思いません。
DSC03856.jpg
今日初めて仕入れたミニトマトは残念な味でした。
だから儲けなしの仕入値で値付けします。
「シールどうします?作りますか?」とうっちー。
「手書きでいいだろ。もう注文しないから」
「そうですね。小林さんもそろそろ入りますしね」
「名前だけ書いて貼っておいて」
「何だか体操服みたいですね(笑)」と一人でうけてるうっちーでした。


posted by フレスコ at 18:48| おすすめ商品・新商品

レアな麦茶とレアなにんにくの芽

今年もできました。
斉藤さんの麦。
DSC03768.jpg
麦茶用の麦です。
と言っても、まだ刈り終わっただけの状態です。
DSC03770.jpg
「まずはこのまま持っていくか?今の消費者は、麦茶が何からできているかも知らないからな」
「ですね。そうします」
DSC03836.jpg
束ねて袋に入れました。
うっちーが加工担当しましたが、この状態にするまでに、ものすごく苦労し、ものすごく時間がかかりました。
「刺さって痛いんですけど。向きもバラバラだしすっごい地道な作業です。もう代わってくださいよ!」
DSC03835.jpg
翌日は絹子がポップ作り。
手作り麦茶の作り方。
@干します。斉藤さん曰く「米みたいにかじってボリっとした固さになればいい」そうです。
A脱穀します。麦を穂から外していきます。
B煎ります。フライパンで乾煎り。プチプチと弾けて麦が丸くなります。
C煮ます。袋に入れるといいでしょう。市販の麦茶と同じ要領です。
香ばしくてめちゃくちゃ美味しい麦茶、完全無農薬です。
毎回は大変かもですが、一度でもいいから体験としてお子さんと一緒に麦茶作り、やってほしいですね。

本当にたまにしか入荷しないにんにくの芽。
まさにレア物です。
DSC03826.jpg
今年は飯田さんから入荷しました。
食べた頃ありますか?
国産で無農薬のにんにくの芽。
DSC03827.jpg
触るだけで柔らかいのが分かります。
DSC03830.jpg
シンプルに炒めて食べてみましょう。
味付けは塩だけで。
DSC03831.jpg
すっごいいい香り!
食感はシャキシャキ?ホクホク?
味わいしっかりで、甘みも感じます。
茹でてサラダでもいいし、味噌汁に入れたら美味しかったと絹子が言っていました。
是非食べてみて下さい。

posted by フレスコ at 09:23| おすすめ商品・新商品

2019年05月21日

つながるシバキンプロジェクト

長野へ行った翌日は、柴本さんの苗を持って斉藤さんへ。
「これこれこーゆー訳で…」と説明。
DSC03791.jpg
「うーん、64歳なんてこれからじゃないか…」
「そうなんです…」
DSC03772.jpg
「早く植えてやった方がいいな。一緒にやってけ」
「はい」
DSC03775.jpg
「さて、どこに植えるかな」
「どこかありますか…」
DSC03776.jpg
「枯らす訳にはいかないからなあ」
いつにも増して、頼りがいのある後ろ姿。
DSC03777.jpg
「ここ使うか。そっちから順番に植えてけ」
「はい」
DSC03786.jpg
「茄子は向きがあるからな」
「向きですか…。これでいいですか?」
DSC03782.jpg
「水、2杯!たっぷりやっとけよ。ケチるなよ。土、乾いてるからな」
「はい」
DSC03787.jpg
「よかった〜。ありがとうございます!」
「野菜はこれからが大変なんだぞ。管理するのが」
「すいません」
「結構出来るから、週2回来ないとダメだぞ」
「はい」

アミーゴトマトを配達してもらったついでに。
DSC03815.jpg
「早船さん、よろしくお願いします」
「いいですよ〜。でも、どこまで手をかけられるかなあ」
「いいんです。気持ちですから」

そして日曜日。
「宇野さん、ちょうどいいところに」
「何?」
「苗、植えてって」
DSC03818.jpg
「土、混ぜりゃいいんだろ」
「もうちょっと下から混ぜた方が。腰、入ってないですよ」
「うるさいなあ」
DSC03819.jpg
「うっちー、そっち持って」
「いいですよ、今です、土入れて下さい」
DSC03821.jpg
「これ、元気ないなあ。しおれてるぞ」
「長野から運んで来たんで。水、あげておいて下さい」
DSC03822.jpg
「向こうに持っていくよ」
「お願いします」
DSC03824.jpg
ミワちゃんが「これはダメかも」と言っていたきゅうりを数本だけ持って帰りました。
かなりしおれていましたが、元気になるでしょうか。
これ以上の移動には耐えられそうになかったので、このきゅうりは店で育てることにしました。

そして今日。
DSC03845.jpg
「石井さん、苗、持ってきました」
「品種は何だろうな」
「分かりません」
「いんげんは、ツルありか?」
「分かりません」
DSC03842.jpg
「まあ、やってみるか」
「石井さん、よろしくお願いします」

こうしてつながる僕らのシバキンプロジェクト。
他県の農家さんのも届いていることでしょう。
あとは農家さんにお任せです。
皆さん、よろしくお願いします!


posted by フレスコ at 19:02| オーナーの話

2019年05月20日

僕らのシバキンプロジェクト

柴本さんが残した夏野菜の苗が数千。
image02.jpg
柴本さんのユーチューブ動画から、これでもほんの一部です。

農場の継続が不可能となり、従業員のミワちゃんが「意味もなく水だけやってます」と言っていました。
今後、育てることも売ることもできない苗、でも枯らすのは忍びない。
シバキンファームの資材関係の一切の使用ができず、車も使えず自宅から徒歩で長時間かけ通い、散水の機械も使えずじょうろで水やり…。

何とかならないか、どうにかならないか、それをずっと考えていました。
苗が枯れていくって、柴本さんだって悔しいだろうに。
全部は無理でも一部でも…。

で、一生懸命考えました。
柴本さんが喜んで、お客さんも喜んで、みんなが喜ぶ方法はないか…。
そして考えついたのが…。

シバキンプロジェクト!
DSC03838.jpg
簡単に説明すると、残った苗を引き取り、フレスコの農家さんに協力し栽培してもらう。
できた野菜はフレスコで仕入れ、店で販売する。
これなら苗も無駄にならないし、お客さんにも食べてもらう事ができる。
さらに、生前「有機で社会に貢献したい」「貢献しなければ意味がない」と常に言っていた柴本さんの意志を汲み、野菜の売上の一部、正確には利益の半分を、フレスコが協力しているウルトラマン基金に募金する。

これでどうだ!これしかない!
(↑我ながらいいアイデアと満足し、元気になってくる)

栽培をお願いするのはもちろんフレスコファーマーズファミリーの農家さん。
でもこれがなかなか難しかった。
「協力はしたいけど場所が…」
時期的にすでに野菜を植えてしまって場所がなかったり。
そうかあ…、そんな事があるんだなあ。

でも、結果的にお願いできた農家さんがこちら。
image01.jpg
地元埼玉の斉藤さんと石井さんは大ベテランにして大人気の農家さん。
秋田の加藤さんも快く協力してくれました。
長野はりんごの丸山さん。
のらくらのNORA宮嶋君は個人で協力してくれたので、初の宮嶋ファーム(仮)の栽培。
そして一番量を引き受けてくれた地元のアミーゴ早船さん。

どうですか、この面々。
これはお客さんも喜ぶだろうし、楽しみじゃないかな。
皆さん、感謝です!

で、長野に行く当日の計画。
斉藤さん、石井さん、早船さんの分は持って帰る。
丸山さんは近所なので当日渡し。
加藤さんと宮嶋君は現地から発送で、エムプランの吉田さんに全部任せよう。
これで手はずは整ったはず。

が、長野に行く前日、丸山さんから「不幸があってさ、明日無理そうなんだよね。苗は吉田さんに渡しておいて」
これは、仕方ないです。
さらに、夜になってエムプランの社長から「吉田さん倒れちゃって」「えっ!何で!」「心筋梗塞」「大丈夫なんですか?」「まだ会ってないけど、意識は戻ったとか」(現在は快方に向かっているそうです)
社長にはシバキンプロジェクトの件は伝わっていなかったらしく…。

うーん、吉田さんがいないと…、どうするか…。
なかなかスムーズに進まないなあ。
もう考えてもしょうがない、とりあえず行ってみよう!
段ボールとかガムテープとかも一通り持っていくか。

で、当日。
DSC03707.jpg
「茄子といんげんとピーマンです。きゅうりはダメでした」とミワちゃん。
DSC03715.jpg
それでも可能な限り面倒見ましょう。
「皆さんのところで元気に育つんだよ」
発送分は、エムプランの社長がやってくれました。
DSC03741.jpg
その後、収穫の途中、秋田の加藤さんと電話で話す絹子。
「あれ〜、絹さんも来てたんですか」
「はい、長野にいます」
「この度は大変でしたね。苗の件、聞いていますよ」
「無理言ってすいませんがよろしくお願いします」
「はい、大丈夫です。任せておいてください!」

と、こんな感じです。

柴本さんには色んな頼み事もしたし、色んな頼まれ事もされました。
でも今回、僕が柴本さんのためにできる唯一の、そしてきっと最後の事。
いつもの調子で「申し訳ない。苗、面倒見てくれる?」「しょうがないなあ。柴本さんの頼みならやりますよ」って、そんな感じかな。
シバキンプロジェクト、うまくいくといいなあ。


posted by フレスコ at 22:51| オーナーの話

長野に行った時の話

先日、柴本さんの故郷へスタッフ絹子と行ってきました。
当日、案内してくれたのは、柴本さんの弟子のミワちゃんです。
DSC03704.jpg
まず作業場へ。
DSC03706.jpg
ずいぶん散らかっているのは前からです。
もう乗ることがない軽トラはそのまま。
寂しいですねえ。
DSC03705.jpg
作業場の脇に梅の木。
本当は今年この梅を出してもらうはずでした。
「手間賃だけはもらうよ」
「ちゃんと払いますから、よろしくお願いしますよ」
そんな話をしていたのが、あの日の僅か数日前でした。
DSC03711.jpg
きゅうりの畑へ。
「しばらく水やっていないから、本当ならもう枯れてるんですけど、まだ元気なんですよ」とミワちゃん。
DSC03710.jpg
小さいきゅうりがなっています。
「食べてみて下さい。美味しいですよ」
DSC03719.jpg
「かわいい〜」
3本収穫して、僕らが1本ずつで、あと1本は留守番してくれているうっちーのお土産。
その場でかじりましたが、これが美味しかったですねえ。
甘みもあるし、味が濃いです。
DSC03717.jpg
「今年はいちごにもチャレンジするんだって、栽培していたんですよ。苗がめちゃくちゃ高いって、実が全然ならないって、文句言ってましたけど」
そう言えば、昨年だったか、柴本さんに相談されたことがありました。
「いちご、売れる?」
「欲しいですね、美味いの作ってくださいよ。買いますよ」
なんて話をしたのを思い出しました。
本当に作っていたとは、冗談かと思っていました。
DSC03713.jpg
このいちご、すっごい美味かったです!
甘いとか酸っぱいとかより、とにかく味が濃くて。
こんなに味が濃いいちごを食べたのは初めてかも。
たくさん採れれば、絶対売れてましたよ、柴本さん。

次に立ち寄ったのが、きのこのエムプランさん。
が、いつも相手をしてくれる営業の吉田さんが前日にまさかの緊急入院。
で、めちゃくちゃ忙しい時に時間を作ってくれたのが、社長の山内さん。
DSC03723.jpg
「ご無沙汰してます」
「今回は色々と大変でしたね。吉田さんは大丈夫なんですか?」
「忙しくてまだ病院行ってないんです。吉田さんに頼り切りだったから、出荷も分からなくて…。私がいかに仕事をしていなかったかですね」
ご近所の柴本さんとも付き合いがありました。
「つい先日も、柴本さんに南瓜の育て方聞いていたばかりで」
DSC03722.jpg
でも、柴本さんの話になると、なぜか笑い話で盛り上がっちゃうんですよね。
色んな話を聞き、多くの取引先の方々にも愛されていたんだと実感しました。
DSC03731.jpg
「うちで作ったりんごジュースです。どうぞ」
「いいんですか!ありがとうございます♪」
DSC03726.jpg
「変わったデザインのラベルですね…。誰が作ったんですか?」
「私です」
「社長自ら…。キャラクターが舞茸持ってるんですか…。きのこ屋さんだからね。そうですか〜」
DSC03735.jpg
「だってさ」(絹子)
「そうなんですね〜」(ミワちゃん)
「いやあ〜、照れるなあ〜」(社長)
「いや、目立っていいんじゃないですか…」(僕)

最後に柴本さんの畑へ。
DSC03739.jpg
「春菊、すっごい柔らかい。食べてみなよ。香りもいいよ!」
「お客様、喜んでくれるといいなあ」
DSC03744.jpg
「せっかく来てくれたので、採っていってください。今年はもっと美味しく作るんだって、すごい張り切っていたんですよ」
聞くと、毎日早朝から深夜まで働いていたようです。
DSC03754.jpg
「ほうれん草もどうぞ」
DSC03750.jpg
収穫しながら柴本さんの話で盛り上がります。
「こんな事があったんですよ〜」
「え〜、そうなの!」
「いつもなんですよ〜」
「柴本さんらしいねえ〜」
「こんな事も言ってたりして」
「え〜!笑える!」
DSC03758.jpg
終始、噂話?と笑い話の収穫作業でした。
「まだ信じられなくて…」
「私も…」
「でも死んだらすぐに生まれ変わるっていつも言ってたから、もうその辺にいるかもですね」
「その辺の葉っぱにでもなってたりして」
DSC03764.jpg
「いっぱい採れたね」
「よかったです」
DSC03765.jpg
「お客さんに届けるからね」
「嬉しいです」
DSC03767 (2).jpg
「柴本さん。ありがとうございました〜!」



posted by フレスコ at 09:43| オーナーの話

2019年05月18日

柴本さんのほうれん草と春菊で

昨日は長野からの帰りが遅くなってしまいましたが、それでもやるべきことが残っています。
DSC03808.jpg
ほうれん草の加工です。
DSC03811.jpg
通常、ほうれん草は農家さんで袋詰してくれるのですが、今回はバラ。
なので、店で加工します。
DSC03812.jpg
計って、袋詰して、それから水をかけて冷蔵庫へ。
収穫したばかりとは言え、長旅で少し疲れてしまったほうれん草も、これで元気になります。
春菊も同様に加工します。
DSC03810.jpg
もう使うことがないと思っていた柴本さんのシール。
また貼れる事ができて、本当によかった。

さて、柴本さんのほうれん草と春菊を使って一品。
DSC03792.jpg
まずはほうれん草の胡麻和え。
使うはもちろん斉藤さんの金胡麻。
DSC03795.jpg
冬のほうれん草ほどの甘みはないですが、この時期にしては味はしっかりしてます。
それに、胡麻の風味が抜群!
柴本さんも斉藤さんも、さすがだなあ。
DSC03793.jpg
もう一品。
うどんに細かくした本枯節。
DSC03799.jpg
柴本さんの春菊を刻んでたっぷり乗せ、めんつゆ。
内山さんのミニトマトをトッピング。
DSC03800.jpg
この春菊、絶品ですね。
収穫には若干早かったと思われ、やや短いですが、その分柔らかいです。
胡麻和えとか天ぷらとか、鍋はさすがにやらないだろうけど、生がお勧めです。
香り豊かで、シャキシャキ感もあり、サラダでいくらでも食べられちゃいます。
DSC03806.jpg
今回はうどんに乗せてみましたが、そのままドレッシングでもいいし、醤油と胡麻油をかけるだけでも、めちゃくちゃ美味しいですよ。



posted by フレスコ at 20:16| 作ってみました

2019年05月17日

とりあえず柴本さんのほうれん草と春菊

あれからさらに色んな事があり、なかなかうまく事が運ばず、詳細は改めてお伝えするとして…。
DSC03743.jpg
とりあえず、明日18日(土)から、柴本さんの春菊と。
DSC03756.jpg
ほうれん草を販売します。
DSC03763.jpg
柴本さん、最後の春菊とほうれん草です。

さすがに日帰りで長野に行って収穫してって、かなりハードでしたが、何としないとって思い…。
でも、今日は収穫が目的ではなく、実はもっと重要なプロジェクトのために。
遅くなってしまったので、その件はまた改めて。


posted by フレスコ at 21:58| オーナーの話

2019年05月15日

限定!5代目の極上五三焼カステラ

まずは、最近入荷したものからご紹介しましょう。
DSC03688.jpg
三須さんの新里芋。
DSC03686.jpg
これが小粒ながらなかなかいい味でした。
じゃが芋でもそうですが、新物だとただみずみずしいだけで、味わいが薄かったりしますが、これはちゃんと旨味があるし粘りもあります。
これからの季節、傷みが出やすいので、小出しで売り場に並べる予定です。
DSC03690.jpg
内山さんのミニトマト。
前回までの品種が終了してしまい、高糖度の品種に変わりました。
酸味は前回の品種より少なめで甘みが強く、皮は柔らかです。
DSC03633.jpg
夏季限定の枝豆とうふは椿き家さんから。
原材料は、丸大豆、枝豆、塩、にがりのみ。
今月のフレスコ便りにも紹介しましたが、これだけシンプルな原材料の枝豆豆腐を探す方が難しいと思います。
どこかで枝豆豆腐と出会ったら、原材料チェックしてみて下さい。
きっと着色料とか香料とか…。
DSC03634.jpg
写真で見るより、もう少し緑色かな。
まずは、何もかけずにそのまま食べてみて下さい。
大豆と枝豆の風味や甘さが感じられます。
DSC03637.jpg
醤油でもいいですが、お勧めは塩。
ほんの少しだけ塩を付けて食べるのも乙なものです。

さて、そして本日入荷したのがこちら。
DSC03691.jpg
極上五三焼カステラ。
ご予約頂いておりましたお客様、大変お待たせいたしました。
DSC02372.jpg
烏骨鶏卵を贅沢にも使用し、五代目が一日に10本だけ焼ける限定のカステラです。
DSC09462.jpg
ご予約分以外に、数本ですが余裕がありますので、店で販売します。
ご希望の方はお早めにどうぞ。


posted by フレスコ at 18:05| おすすめ商品・新商品

2019年05月11日

おやじの金胡麻入荷しました

斉藤さんの畑。
今日はスタッフ絹子同行です。
特に収穫はないですが「斉藤さんの畑に来ると自然がいっぱいで癒やされるわ」と言います。
DSC03648.jpg
まずりんごの木。
小さい実が2つだけなっていました。
大きくなるかなあ…。
「こんなに細い枝で…。りんごちゃん、がんばってね」
DSC03663.jpg
それから梅。
「梅さん、大きくなったね」
DSC03652.jpg
例年通りなら、今月下旬には収穫できそうです。
ただ、雨が少なかったので少し小ぶりかもと斉藤さんが言っていました。
DSC03655.jpg
まだ小さい実がすでに落下しています。
「食べられるのかなあ」と一生懸命拾う絹子。
DSC03665.jpg
「結構採れたわ」
DSC03680.jpg
「何して使おうかなあ…」
DSC03674.jpg
「みかんの花だよ!もうすぐ咲きそうじゃない?」
近寄ろうとしたらスズメバチが寄ってきて、絹子すかさず退散。
DSC03668.jpg
それからさくらんぼ。
一粒食べてみたけど「酸っぱ!」
これがちょうど甘くなった頃、やられちゃうんですよねえ、カラスに。
「あいつら、よく知ってるんだよなあ。人間より利口だよな」と斉藤さんは言います。
DSC03676.jpg
夏に向けて、茄子、トマト、ピーマン。
DSC03677.jpg
麦茶用の麦はもうすぐ収穫でしょうか。

そして、今日は何と言ってもこれ。
DSC03643.jpg
金胡麻!
皆様、大変お待たせいたしました。
斉藤さんの金胡麻。
当然、国産です。
無農薬です。
超貴重です。
100g、たっぷり入れてくれました。
DSC03645.jpg
「来年はもっといいの作るからな」
「斉藤さん、もう食べましたか?」
「見れば分かるんだよ。素人じゃねーんだから」
「すいません」
DSC03682.jpg
オリジナルシールも貼っちゃいましょう。
超スペシャルな胡麻ですからね。

お知らせ
今月の宇野さんのお話会は5月19日(日)13時〜です。
テーマは「原材料と味」の話です。


posted by フレスコ at 16:23| おすすめ商品・新商品

2019年05月08日

凄いぞ斉藤さんの原木椎茸

先週末、斉藤さんにもらってきた椎茸を食べみました。
DSC03588.jpg
斉藤さん初の原木椎茸です。
DSC03591.jpg
オーブントースターで醤油をほんの少し垂らして焼いてみました。
DSC03593.jpg
生のままだとあまり香りがしなくて、どうなのかな?って思っていましたが、これがこれが凄かった。
DSC03595.jpg
「斉藤さんの椎茸、凄いんですけど。びっくりです」とうっちー。
「何これ〜!凄い美味しい!こんなの初めてかも」と絹子。
いやホントものすごく美味しい!
食感もいいし、噛んでいくと旨味がジュワッと出てくる感じです。
ほのかに甘みさえ感じるような。
原木だからでしょうか、斉藤さんのだからでしょうか。
まだ売り物にはなりませんが、今後が楽しみです。

入荷情報
9日(木)佐瀬さんのそら豆とピーマン入荷します。

posted by フレスコ at 20:33| オーナーの話

2019年05月07日

追悼 柴本さん

長野へは何度も行きました。
ツーリングがてらと言うのもあるし、生産者さんも多いし、でもその度に必ず立ち寄ったのが柴本さんでした。
DSC08755.jpg
つい会いに行っちゃうんですよねえ。
農家さんとしてはもちろんですが、人としてすごく魅力があるんです。
DSC06458.jpg
農業に関しては、そりゃもう真剣です。
皆さんご存知の通り、味は間違いない。
どの野菜もとびきり美味しくて。
IMGP1665.jpg
確かに見た目は悪かった場合が多かったですが、そんな事は全く問題ではないです。
こんなに大きくなったほうれん草は、売り先なんて限られてるけど、うちは喜んで仕入れていました。
だって、美味しいんだから。
IMGP4907.jpg
海外の研修生にいんげん栽培の指導をしている様子。
これは絹子が一人で長野に行った時に撮った写真ですが、これ好きです。
IMGP1657.jpg
胸に注目。
世界のシバキンって刺繍してあるでしょ。
シバキンは柴本勤の略。
「いつか俺の野菜を世界中の人に食べてもらいたくてね。だから俺は世界のシバキンになる」って言ってました。
柴本さん、まだ世界のシバキンになってないじゃないですか。
IMGP3917.jpg
柴本さんと一緒にお酒を飲むのが僕は楽しみで、何度か一緒に飲みましたね。
難しい話もよくしてくれて、でもすごく納得しちゃうし、共感したり感心したり。
IMGP3908.jpg
普通の人とは少し違った感性があるって言うか、すごく豊かなんです。
人としての器が大きいって言うのかな。
DSC06406.jpg
とにかく柴本さんと飲んでると楽しいんです。
DSC06414.jpg
今月、また会えるはずだったのになあ…。
IMGP1593.jpg
これは最初に長野で飲んだ年、皆さんが集まってくれました。
柴本さんに、後ろが当時の弟子。
りんごの丸山さんに、エムプランの息子の小林くんに、エムプランの営業吉田さんに、勢揃いですねえ。
楽しかったなあ。

そうそう、柴本さんと2人で飲んだ時に撮った動画が短いですが残っていたので、見られる人は見てください。
雰囲気だけでも。


DSC06433.jpg
多くの弟子を育て、独立していき、今の弟子はミワちゃんとオオタくん。
二人ともしっかり者で、柴本さんも期待していました。
IMGP4924.jpg
柴本さんの魅力って、ものすごく美味しい野菜を作ってくれることはもちろんですが、やっぱり人柄が一番なんだと思います。
僕らだけじゃなくて、他のお取引さんもファンが多かったと思いますね。
IMGP3980.jpg
長野に行く楽しみが減っちゃって、困るんだよなあ、柴本さん。

それから、以前柴本さんに頼まれて作ったホームページ。
栽培のこだわりだけじゃなくて、柴本さんの人柄をイメージして作ったんですが、本人も気に入ってくれて。
「いい感じだよ。制作料いくら支払えばいい?」
「言い値でいいですよ。100円でも200円でも」
「ダメだよ、金入ったら払うからさ」
それっきりになっちゃったけど、サービスしておきますよ。
飲み代とチャラってことで。

いつでも新しいことにチャレンジ。
少し前に「スマホに替えて、これで動画も撮れるようになるから」と言っていて「で、撮ってどうするんですか?」なんて会話をしていました。
そして、少し前にメールと封書で送られてきたメッセージ。
「毎度ありがとうございます。シバキンファームの情報発信をユーチューブで積極的にしていきたいと思います。目指すは有機農業もできるユーチューバーです。今後ともよろしくお願いします」

https://www.youtube.com/channel/UCdkImKj4HI1mevGWf-BnW2Q

まあ、見てやってください。
弟子のミワちゃんは「やる気満々だったんですよ」と笑っていました。

DSC087412.jpg

僕らの師匠、柴本さん。
令和元年5月3日。
急性大動脈解離のため他界。
享年64歳。
ご冥福をお祈りします。





posted by フレスコ at 19:07| オーナーの話

2019年05月06日

訃報

残念なお知らせです。

令和元年5月3日(金)、長野の生産者、柴本さんが逝去されました。

翌日には連絡を頂いていましたが、こちらの事情ですぐにお客様へお伝えできずに申し訳ありません。

野菜の味は絶品、そして何よりも魅力的な人柄。

今はただただ、残念としか言いようがありません。

posted by フレスコ at 11:58| お知らせ

2019年05月05日

一等おめでとうございます!

フレスコクイズ全問正解の二組のお客様。
本日、お買い物にいらっしゃいましたので、1等のプレゼントをお渡ししました。
DSC03574.jpg
サトリカ様。
DSC03578.jpg
おかゆ様。

おめでとうございます!
全問正解、素晴らしいです!
「まさか全問正解なんて」「くろまめちゃさんを破ったー!」と喜びの声。
一等以下のお客様も、とにかく皆さん楽しんでいただけて、本当によかったです。
また、素敵な商品を多数協賛して頂いたメーカーさんにも改めて感謝です。


posted by フレスコ at 19:41| オーナーの話