2019年05月18日

柴本さんのほうれん草と春菊で

昨日は長野からの帰りが遅くなってしまいましたが、それでもやるべきことが残っています。
DSC03808.jpg
ほうれん草の加工です。
DSC03811.jpg
通常、ほうれん草は農家さんで袋詰してくれるのですが、今回はバラ。
なので、店で加工します。
DSC03812.jpg
計って、袋詰して、それから水をかけて冷蔵庫へ。
収穫したばかりとは言え、長旅で少し疲れてしまったほうれん草も、これで元気になります。
春菊も同様に加工します。
DSC03810.jpg
もう使うことがないと思っていた柴本さんのシール。
また貼れる事ができて、本当によかった。

さて、柴本さんのほうれん草と春菊を使って一品。
DSC03792.jpg
まずはほうれん草の胡麻和え。
使うはもちろん斉藤さんの金胡麻。
DSC03795.jpg
冬のほうれん草ほどの甘みはないですが、この時期にしては味はしっかりしてます。
それに、胡麻の風味が抜群!
柴本さんも斉藤さんも、さすがだなあ。
DSC03793.jpg
もう一品。
うどんに細かくした本枯節。
DSC03799.jpg
柴本さんの春菊を刻んでたっぷり乗せ、めんつゆ。
内山さんのミニトマトをトッピング。
DSC03800.jpg
この春菊、絶品ですね。
収穫には若干早かったと思われ、やや短いですが、その分柔らかいです。
胡麻和えとか天ぷらとか、鍋はさすがにやらないだろうけど、生がお勧めです。
香り豊かで、シャキシャキ感もあり、サラダでいくらでも食べられちゃいます。
DSC03806.jpg
今回はうどんに乗せてみましたが、そのままドレッシングでもいいし、醤油と胡麻油をかけるだけでも、めちゃくちゃ美味しいですよ。



posted by フレスコ at 20:16| 作ってみました