2019年06月30日

石井さんの枝豆始まりました

今日の石井さんの畑です。
IMG_0818.jpg
今日が初入荷の枝豆。
いい出来です。
IMG_0814.jpg
きゅうり。
もう少ししたら、大量に出荷できそうな勢いです。
今日は茄子と共に数袋だけ入荷しました。
IMG_0804.jpg
こちらは南瓜。
昨年はやってなかったですが、一昨年はものすごく美味しかった記憶があります。
IMG_0808.jpg
まだ小さい南瓜。
楽しみです。
IMG_0819.jpg
こちらは例のスペシャル長ねぎ。
冬に向けての作付けです。
IMG_0813.jpg
そしてシバキン野菜。
いんげんも順調。
IMG_0799.jpg
茄子も順調。
一生懸命世話をしてくれています。
IMG_0796.jpg
さすが石井さん。
安心です。
IMG_0797.jpg
茄子が1本なっていました。
この1本は食べてみることにします。
報告は後日。

さて、この時期は右に出るものがいないほど大人気の石井さんの枝豆。
文句なしに独壇場です。
せっかくなので、フレスコ流の美味しい茹で方のご紹介。
IMG_0830.jpg
洗った枝豆に塩を少々振り、よく揉みます。
ここで汚れやアクが取れます。
IMG_0832.jpg
沸騰したお湯に枝豆を入れますが、お湯の量は豆が被ればいい程度。
そしてここで塩は入れません。
たっぷりのお湯に塩が定番ですが、水も塩も燃料ももったいないでしょ。
大量のお湯に入れる塩の量ってすごいから、正しい塩なんてドバドバ使えないし、正しくない安い塩は体にも全くもってよろしくない。
IMG_0833.jpg
豆の茹で加減を見て、ザルでお湯を切り、すぐに鍋に戻します。
水分が残っている程度、お湯を切りすぎないのがポイントです。
IMG_0834.jpg
ここで塩です。
量は適量。
慣れてきますが、最初は少なめから始めましょう。
ポイントは必ず正しい塩を使うこと。
正しい塩は、塩味をつけるだけではなく、素材の味を生かしてくれます。
IMG_0835.jpg
すかさず鍋を振り、残った水気と塩を馴染ませ、全体に行き渡るようなイメージ。
IMG_0837.jpg
カラカラに水気を切ってしまうと、塩が表面だけにかかって、中に馴染んでいきません。
このままでもいいし、ボウル等に移してもいいので、冷蔵庫にゴー。
1時間もすれば、塩気が豆まで馴染み、丁度いい塩加減になります。
IMG_0838.jpg
もし塩気が足りなければ、食べる前に塩をかければOKです。

石井さんの枝豆。
香り、甘み、コク、文句なしですねえ。
今年も最高に美味いです。
この枝豆が始まると、ついビールを飲み過ぎてしまって困るんですよねえ。


posted by フレスコ at 20:37| おすすめ商品・新商品

2019年06月29日

シバキン茄子販売は2本から

今日の斉藤さんの畑。
IMG_0763.jpg
とうもろこしが成長中。
でも、これからなんですよね。
無農薬のとうもろこしが超貴重な意味が分かるのが。
斉藤さんが毎年挑戦しますが、一度もフレスコで販売したことはないんです。
IMG_0764.jpg
きゅうりの花がたくさん咲いています。
IMG_0765.jpg
何本か大きいきゅうりがなっています。
IMG_0779.jpg
「斉藤さん、ここです、ここ。大きいきゅうりあります」
「どこだ?」
IMG_0782.jpg
「そこです。その下の方」
絹子がきゅうりを発見したおかげで、数本収穫できました。
IMG_0767.jpg
そして、我らがシバキン茄子。
大きくなっています。
IMG_0769.jpg
いざ収穫。
IMG_0772.jpg
大きいのと小さいの、2本収穫。
IMG_0776.jpg
「ちゃんと面倒見てやらないとダメだぞ」
「はい♪」
IMG_0789.jpg
今日の斉藤さんの野菜。
茄子、ピーマン。
IMG_0790.jpg
ミニトマト、きゅうり、ツルムラサキ、えごまの葉です。
もちろん全部お勧めですが、ツルが赤い正真正銘のツルムラサキや、醤油漬けが美味しいえごまの葉は、斉藤さんならではです。
IMG_0793.jpg
店に戻ると、ちゃんと届いていました。
芳賀さんのさくらんぼ。
IMG_0791.jpg
ポップも作っておきました。
限定10。
3000円超えるかもと予想していた価格ですが、3000円切ることができました。
IMG_0794.jpg
さて、シバキンプロジェクトの野菜ですが、斉藤さんが栽培した茄子が販売第一号です。
と言っても2本だけですが…。
シールをどうするか悩みましたが、生産者のシールを上に、柴本さんのシールを下に貼ることにしました。
IMG_0795.jpg
シールばかりで申し訳ないですが、端の方にシバキンプロジェクトのシールを貼ります。
予定通り、売上の一部、正確には利益の半分を、ウルトラマン基金に寄付します。
秋田の加藤さん、長野の宮嶋くんも、順調に生育中との連絡がありました。
明日は石井さんに枝豆を取りに行くので、畑も見てきます。



posted by フレスコ at 18:48| おすすめ商品・新商品

2019年06月28日

シバキンいんげんでパスタが最高

二日間留守にしている間に野菜が育っていました。
IMG_0741.jpg
茄子の葉はかなり大きくなっています。
(明らかに混雑し過ぎです)
IMG_0740.jpg
小さいけど茄子の実もなっています。
IMG_0739.jpg
いんげんはどこまでも伸びていき、ネットでは足りずに棒を足しました。
(これでいいのだろうか…)
IMG_0738.jpg
収穫できるいんげんも発見!
IMG_0742.jpg
早速収穫してみましょう。
シバキンプロジェクト、いんげん第一号です。
IMG_0747.jpg
本日の収穫、3本です。
こんな環境で、よく育ってくれました。
僕は嬉しい。

で、どうやって食べるかな。
と、色々な料理が思い浮かべましたが、今日はパスタに使うことにしました。
IMG_0748.jpg
斉藤さんの新にんにく。
すっごいいい香り♪
「にんにくは斉藤さんのが一番かも」とにんにくにうるさいスタッフ絹子は言います。
IMG_0749.jpg
エムプランさんのぶなしめじ。
IMG_0750.jpg
小林さんのミニトマトも入れちゃいましょう。
IMG_0751.jpg
いんげんはパスタが茹で上がる1分前に入れ一緒に茹でます。
IMG_0753.jpg
麺と合わせ、塩胡椒。
胡椒はもちろん、向井さんの黒胡椒。
いい香りです。
IMG_0757.jpg
どうでしょうか。
彩りも鮮やかに、全ての素材が主役です。
IMG_0755.jpg
料理は香り。
素晴らしく豊かな香りです。
味も完璧でした。

で、いんげんですが…。
IMG_0762.jpg
きゅうりと同じパターンかなと期待し過ぎずに食べましたが、これが予想外に美味い!
甘さといい、風味といい、旨味といい、柔らかさといい、完璧かも。
きゅうりは今の所売り物のレベルにありませんが、これは「美味しいです!」とポップに書けます。

柴本さんのいんげんの味は、名だたるフレスコの生産者さんの中でも間違いなく一番でした。
対抗できるのは斉藤さんか石井さん位でしょうか。
その柴本さんのいんげんと比べても、遜色ない…って言いすぎかな?
柴本さんに食べてみてもらいたいですね。
「なかなかやるね」って言ってもらえるかな。
「でしょ。土がいいですからね」なんてちょっと自慢げに答えたりして。


入荷情報
29日(土)芳賀さんのさくらんぼ入荷。(限定10)
30日(日)石井さんの枝豆入荷。
来週末はとうもろこしが入荷します。


posted by フレスコ at 23:02| 作ってみました

山形に行ってきました(ツーリング編)

今回の山形訪問、もちろんバイクです。
二日間天気に恵まれ、雨具の出番はありませんでした。
IMG_0731.jpg
新緑のトンネルを走る抜けるワインディング。
IMG_0726.jpg
青空の下を駆け抜ける高原道路。
IMG_0714.jpg
気持ちい〜!
IMG_0727.jpg
蔵王のエコーラインも最高でした。
IMG_0715.jpg
下界はかなりの暑さでしたが、ここは涼しい風が心地よく、いつまでも走っていたいほどでした。
IMG_0719.jpg
あまりに天気がよかったので、蔵王のお釜も見学。

蔵王に来たからには、当然温泉も。
IMG_0711.jpg
約30年前のツーリング。
その時もこの温泉に入った記憶があります。
温泉から出た僕に、向かいの宿の2階から宿泊客のおじさんが「これ飲みな」とオロナミンCを投げてくれました。
見知らぬ人とのふれあいを感じて、なんか嬉しかったですね。
IMG_0713.jpg
露天風呂も好きですが、こんなひなびた共同浴場も好きです。
宿を出て、朝一番のお風呂でしたが、最高に気持ちよかったです。
IMG_0616.jpg
途中、ある峠道を下りた茶屋で食べたラーメン。
これ、美味しかった〜♪
昔懐かしい味わいで、それでいて麺もスープも正しさを感じるラーメンでした。
IMG_0617.jpg
山形らしいずんだ餅もいただきました。
IMG_0619.jpg
食後にサービスでアイスコーヒー。
素敵です。
たまたま入った茶屋でしたが、ここはまた来たいです。

そうそう、二日目の昼にある食堂で食べたカツ丼は、びっくりするほど不味かったです。
あんな不味いカツ丼を食べたのは生まれて初めてでした。
食べ進める度に、疑問と不信感と後悔が増していきました。
ただの味噌汁でさえ、どうしてこんな味になるのかと思うほど、変な味でした。
ずっと前、塩味のしない塩ラーメンを食べた記憶がありますが、こちらもずっと記憶に残りそうです。

夜は旅人宿に宿泊。
旅人宿は、いい時間を過ごせるか不快な思いをするか当たり外れが大きいですが、今回は大当たり。
実にいい宿でした。
設備とかサービスとかはもちろんですが、オーナーさんの人柄とこだわりなんでしょうね。
お客さんと接すること、お客さんに喜んでもらうこと、この人は本当ににこの仕事が好きなんだなあって、ものすごく伝わってきました。
KIMG0376.jpg
夜は宿泊客とスタッフの皆さんで夕食。
オーナーさんが作ってくれたさくらんぼ冷製パスタ。
最高ですね。
今のこの時期、ここでしか食べられないメニュー。
また、上手なんですね、作るのが。
味付けといい、麺の茹で加減といい、完璧でした。
あとは好みで黒胡椒がいいですね。
またいつか、この宿に泊まりに行きたいし、もっとオーナーさんと話がしたいと思いました。
次はフレスコの材料を持っていって、僕も何か一品作ってみたいかな。


帰りに福島のぶどう農家、小森さんに立ち寄ろうか迷いましたが、そうなるとプラス3時間か。
夕方には店に戻らなくていけないので、時間切れ。
また次の機会にしましょう。
山形の二日間。
とても充実した時間を過ごせました。
出会えた全ての皆さんに感謝です。




posted by フレスコ at 09:17| オーナーの話

2019年06月27日

山形に行ってきました(山寺編)

僕が19歳の夏、初めてのロングツーリングが、野宿をしながらの東北一周でした。
あの時も、この地、山寺を訪れました。
IMG_0676.jpg
石段は1015段あるそうで、当時も息を切らしながら登った記憶がありますが、あれから約30年…。
そう考えると、人生なんてあっという間なんだなあって感じますね。
IMG_0677.jpg
行く前にスタッフうっちーから「何のために登るんですか?前も行ったのに意味あるんですか?」と言われましたが、確かにこれと言って信仰心がある訳でもなし、歴史に詳しい訳でもなし、強いて言えば達成感を味わうためでしょうか。
だから、もし5分位で行ける寺なら行かなかったと思います。

さて出発。
IMG_0706.jpg
左の方はかの有名な松尾さんですね。
右の方はどなたか存じ上げませんが、お隣にいらっしゃるところを見ると、それなりのお方なんでしょう。
多くの人は、松尾さんばかり写真に撮っているでしょうから、僕はツーショットで。
IMG_0687.jpg
階段、きついっすね。
IMG_0686.jpg
登り始めて5分で息切れ、足ガクガク。
10分で引き返そうか、真剣に悩みました。
IMG_0684.jpg
完全に運動不足です。
途中、色々と説明書きがありますが、読む余裕ないです。
IMG_0704.jpg
はい、アジサイきれいですね。(←全く余裕なし)
IMG_0683.jpg
がんばれ俺!(←一応励ます)
IMG_0688.jpg
あのてっぺんですね。
あと少し。
IMG_0691.jpg
到着でーす!
IMG_0698.jpg
もうちょっと達成感のある嬉しそうな顔しろって感じですね。
登り口で聞いたら、普通の人が普通に登って大体40分位と言っていましたが、計ったら25分でした。
そもそもペースが早かったんじゃないでしょうか。
IMG_0695.jpg
それにしてもいい景色。
風が心地いいです!
IMG_0696.jpg
30年前も風がとても気持ちよかった記憶があります。
体が覚えている感覚。
懐かしい…。
IMG_0705.jpg
下りてからお参り。
日頃、信仰心のかけらもないくせに、初詣だけは行く都合のいい典型的な日本人。
はい、僕もそうです。
IMG_0708.jpg
ふむふむ。
いくつか当てはまりそうだ。
って言うか、誰もが何かしらに当てはまるって感じじゃないですか?
他各種祈祷も承りますって、どれだけオールマイティーなんだ。
IMG_0707.jpg
まあ、一番は皆さんの健康を願って。
お取引先の方々や店のお客様、皆さんいつまでも健康でいていただきたいですからね。
それが一番の願いです。

次回はツーリング編です。


posted by フレスコ at 21:00| オーナーの話

山形に行ってきました(さくらんぼ編)

昨年の今頃でしたか、秋田の米農家加藤さんが店に来て一緒に飲んだのは。
DSC06639.jpg
その時「山形に美味しいさくらんぼを作っている人がいますが、紹介しましょうか」と話が出ました。
「是非、お願いしたいです。加藤さんの紹介なら間違いないでしょう」
「私のいとこなんです」
ちなみに加藤さんは山形出身です。
その後、山形からサンプルのさくらんぼが送られてきました。
DSC06794.jpg
これが絶品だったんですね。
でも、その時はシーズン終了間近で、来年できればと考えていました。

あれから1年。
IMG_0640.jpg
行ってきました、山形まで。
さくらんぼ農家の芳賀さんです。
「加藤さんに紹介していただいて」
「うん、和史君ね。しばらく会ってないなあ」
IMG_0652.jpg
これが昨年送ってもらった紅秀峰です。
ちょうど今日から出荷が始まったそうです。
IMG_0640.jpg
「紅秀峰は栽培が難しくて。佐藤錦の何倍も手間がかかるんです。特にうちは特別な栽培をしているから、特に大変で」
IMG_0642.jpg
「いっぱい実ってますね」
「いや、今年は少ないんです」
「これの2倍位成るんですか?」
「2倍なんてもんじゃないよ。もっとできるんですよ」
IMG_0646.jpg
「食べてみて」
「いただきます」
パクパク。
「うーん、濃いですねえ!味が濃い!糖度も高いし、肉厚で食べ応えもありますねえ」
「最近人気が出てきてね。出た頃は佐藤錦より安かったんだけど、今は逆だね」
今回一泊二日で山形に行ってきましたが、今が旬だけに、あちこちでさくらんぼを食べる機会がありました。
でも、芳賀さんのさくらんぼ、佐藤錦もそうですが、一味違う美味しさがありました。

こちらは作業場の様子。
IMG_0628.jpg
収穫したさくらんぼをサイズ別に分ける機械です。
「賢い機械ですね」
「重さで分けていくんですよ」
IMG_0624.jpg
それから、色や品質で分けパック詰め。
これは人でなければできません。
とにかく、今が一年で一番忙しい時期。
人を雇って集中的に作業します。
「多いときは1日に200kg位採れるから、作業場がパンクしますよ」
IMG_0630.jpg
こんな時にお邪魔してしまい恐縮してしまうほど忙しそうでした。
IMG_0633.jpg
今日選別していたのはほぼ終了間近の佐藤錦です。
これからは紅秀峰。
それでも来月の上旬には終了してしまいますから、さくらんぼの旬って短いんですね。

さて、この芳賀さんのスペシャルさくらんぼ紅秀峰。
皆さんに食べていただきたく、現地で注文してきました。
今年は数量が少なく、数が極端に足りないところを「せっかく来てくれたから」と限定数ですが無理して出してくれることになりました。
まだ確定ではないですが、1パック500g入で3000円ちょっとするかもしれません。
500gというのは、スーパーで薄いパックに入って売っているさくらんぼが200gですから、その2.5倍です。
かなり食べ応えはあります。
量はありますが値段もするので、半分のパックも作ろうと思っています。
IMG_0668.jpg
芳賀さん。
「真面目な人ですよ」と加藤さんが言っていた通りの方でした。
でも「難しいから、楽しいんですよ」とさくらんぼ作りにやり甲斐を感じておられて、またその性格がさくらんぼに出ているような気がします。
苦労して育てた分だけ、美味しいさくらんぼができるんですね。
入荷は今週末の予定です。

入荷情報
石井さんの枝豆が出荷できるそうです。
こちらも週末には販売できるように取りに行ってきます。


posted by フレスコ at 09:27| オーナーの話

2019年06月24日

2本目のきゅうりを食べてみた

フレスコなんちゃってファーム。
IMG_0597.jpg
いんげんの花が咲き始めました。
IMG_0598.jpg
そして小さいながらもいんげんの実?サヤ?も数本。
IMG_0600.jpg
そして今シーズン2本目となるきゅうりの収穫です。
IMG_0605.jpg
「今日のはトゲトゲしてるよ」
IMG_0607.jpg
そうなんです。
前回のツルツルきゅうりと打って変わって、かなりのチクチク度です。
前回スタッフに「水ばかりあげてるから」と言われて、少し控えめにしたせいでしょうか。
で、味の方ですが。
IMG_0610.jpg
前回より甘みが増しています。
風味も良くなっています。
ただ、水分が少ないようで、みずみずしさがありません。
もちろん完全無農薬ではありますが、仮に数量が採れても、売り場に並べてお客様に買っていただくレベルではありませんね。
素人の僕が言うのも何ですが、美味しい野菜を育てるって大変です。
IMG_0612.jpg
今年もルバーブの季節です。
結構赤いのが入ってきました。
今年は限定になるかもですので、お早めにどうぞ。



posted by フレスコ at 20:14| オーナーの話

2019年06月23日

斉藤さんのプラムでジャムを作ってみた

斉藤さんの畑には果実もいっぱいです。
みかん、りんご、さくらんぼ、ブルーベリー、かりん等々。
で、今日発見したのは…。
IMG_0530.jpg
プラム!
過去にほんの少しだけプラムを仕入れたことはありましたが、こんなところに木があったんですね。
IMG_0532.jpg
大石早生。
IMG_0537.jpg
これが美味しい!
IMG_0541.jpg
「採っていかなきゃ!」と必死にプラムを探す絹子。
台に乗って手の届く範囲は収穫しましたが、まだまだ高いとろこにも沢山。
以前、脚立に登ってそれが倒れ怪我をしたことがあるという斉藤さん。
とにかく土が柔らかく、足が埋まってしまうので安定しないんです。
IMG_0544.jpg
すでに落ちてしまったプラムも多く、今日はこれだけ。
来年はもう少し早く収穫したいところですが、梅の収穫で精一杯の季節でもあるんですよね。
IMG_0548.jpg
多分、今シーズン最後になるであろう梅とプラム。
IMG_0549.jpg
「いいプラムだよな」
当然ですが完全無農薬。
いちいち謳いませんが、これこそが自然栽培です。
IMG_0566.jpg
店に戻ってパック詰め。
三年前までは西館さんのプラムを大量に販売してので、久しぶりですね。
なんか懐かしい感じ。

いくつか熟し過ぎたプラムがあり、もらってきたので、ジャムを作ってみました。
IMG_0585.jpg
プラム250gに対して、てんさい糖80gで試してみます。
IMG_0586.jpg
最初にほんの少しだけ、焦がさないために水を入れましたが、温まるとすぐにプラムから水分が出てきます。
色と酸味は皮から出るので、丸ごと入れちゃいます。
IMG_0587.jpg
あとは混ぜながら煮詰めるだけ。
種は後で取り除けばOK。
IMG_0589.jpg
ジャムは煮詰めるほど美味しくなりますが、時間もかかり、量も減ります。
で、早く簡単に安く作るためには、早い時点でゲル化剤でとろみを付けちゃえばいいんです。
そうするとただの薄いジャムなので、さらに香料やら酸味料やら、時には着色料などの添加物を加える訳です。
世間の安いジャムの多くがそれです。
原材料表示の先頭が糖分のジャムはほぼそれだと思います。
IMG_0592.jpg
こちら、正真正銘、正しく真面目なジャム。
原材料表示をするなら「プラム 砂糖」と超シンプルです。
詳細を加えるなら「プラムは国産無農薬栽培、砂糖は国産てんさい糖使用」ですね。
IMG_0593.jpg
いいとろみです。
量が少なかったこともありますが、これでも10分ほどです。
IMG_0595.jpg
美味しい〜!
プラムの甘みと酸味、そして香り。
最高に美味しいプラムジャムです!




posted by フレスコ at 09:20| 作ってみました

2019年06月22日

斉藤さんのシバキン茄子

斉藤さんの夏野菜。
IMG_0509.jpg
茄子、ピーマン、ミニトマトは生育良好です。
IMG_0508.jpg
ただ赤じそだけはかなり遅れてしまい、今日現在でこんな感じ。
梅干用でご予約をいただいているお客様には、かなりお待たせする可能性が大です。
でも、大きくなれば量は採れるそうです。
IMG_0503.jpg
昨日は大雨だったらしく「畑に入れる状態じゃないぞ」と斉藤さんが言うように、土がぬかるんでいます。
斉藤さんの畑の健康な土はフワフワで、雨が降るとズボッと足が入ってしまうんです。
さて、我らシバキンプロジェクトの野菜たちはどうでしょうか。
IMG_0504.jpg
いんげんの花が咲き始めました。
IMG_0505.jpg
ピーマンの葉も勢いが出てきました。
そして…。
「1本、採れるのがあるだろ」と斉藤さん。
IMG_0506.jpg
「茄子、なってるよ!」
昨日の雨で汚れてはいますが、立派な茄子がなっていました。
IMG_0552.jpg
絹子、収穫します。
IMG_0556.jpg
「柴本さん、よかったね。斉藤さん、ありがとう」
IMG_0562.jpg
大きいのが1本と、小さいのを1本、収穫できました。
シバキンプロジェクト、最初の茄子。
これは僕らで食べることにしました。
IMG_0572.jpg
店に戻り調理。
うっちーに切ってもらいます。
IMG_0573.jpg
焼きます。
IMG_0574.jpg
焼きます。
IMG_0577.jpg
シンプルに鰹節とお醤油だけ。
IMG_0582.jpg
さて、お味はいかがでしょうか。
IMG_0583.jpg
うん、美味しいですね。
焼く前は皮がしっかりで斉藤さんらしい茄子の印象でしたが、焼くと柔らかく茄子の風味もあります。
これから増々味は乗ってくると思いますが、初物にしては十分過ぎるほどの味わいだと思います。
来週以降、収穫が増えてくれば、販売もしていきたいと思っています。

入荷情報
多数のご予約をいただいておりますルバーブは24日(月)の入荷を予定しています。


posted by フレスコ at 18:21| オーナーの話

2019年06月20日

灰干しはパンにもよく合う

絹子が「すごく美味しいから試してほしい」と言うので、半信半疑でしたが試してみました。
IMG_0469.jpg
用意するのは薩摩の灰干し、鰹の腹身。
IMG_0470.jpg
焼きます。
いい香りです。
IMG_0472.jpg
僕はこのまま食べたい。
そしてビールが飲みたい。
ですが今日は。
IMG_0485.jpg
パンに葉っぱを乗せて、鰹の灰干しを乗せ、マヨネーズ。
これ、すっごい美味しいです!
鰹の旨みとマヨネーズの酸味、合うんですね、これが。
ただ、サンドならいいですが、乗せるだけだとちょっと食べづらい。

で、考えました。
IMG_0473.jpg
焼いた鰹の灰干しを細かくします。
IMG_0474.jpg
そこにマヨネーズ。
IMG_0475.jpg
細かくした鰹節も入れてみましょう。
IMG_0476.jpg
よく混ぜてこんな感じ。
IMG_0478.jpg
これをパンに乗せて出来上がり。
すっごい美味いです!
まさに和と洋の融合です。

こちらは少し前に作った、鯖の灰干しを使った鯖サンド。
DSC04010.jpg
パンにレタス、マヨネーズと醤油と黒胡椒を混ぜたソース、トマト、そして焼いた鯖の灰干し。
DSC04015.jpg
これもまた美味しかったです!
灰干しを中心に、全ての素材がマッチして最高のサンドになりました。
ご飯やお弁当のおかずや、お酒のおつまみにもいいですが、こんな食べ方もありです。
是非、試してみてください。

posted by フレスコ at 20:43| 作ってみました

2019年06月19日

ソースは手作りでした

本当は山形のさくらんぼの農家さんを訪ねたいと思っていたのですが、諸事情で延期。
水族館に魚でも見に行こうかと思っていましたが、天気が良かったのでツーリング。
IMG_0440.jpg
降水確率0%。
梅雨の期間に、店の定休日が晴れの日って少ないです。
IMG_0443.jpg
新緑の季節は気持ちいいですね。
IMG_0449.jpg
ちょっと沢に下りてみたり。
IMG_0446.jpg
少し山歩きをしてみたり。
IMG_0453.jpg
そばの花?
少し時期が早い気もするけど、そばの花だよなあ。
ここはそばの産地。
美味しいそばも食べたいけど、でも今日はこっちにしてみました。
IMG_0435.jpg
とんかつ定食。
IMG_0438.jpg
とんかつ、美味しかったです。
それと、ソースが美味しい気がする。
今までに味わったことがないようなオリジナル感。
店員さんに聞いてみよう。
IMG_0439.jpg
「このソース、もしかして手作りですか?」
「はい。気づいてくれて嬉しいです。うちで手作りしています」
「やけに美味しいなあと思って」
「野菜もたくさん入っています。喜んでいただけてよかったです」
詳しくは覚えていませんが、あれとこれと、何種類も混ぜて…とか言ってました。
ソースを手作りして出す店って、もしかしたら少ないかもしれませんね。
素敵なお店でした。

帰りは一時的でしたが、まさかの急な土砂降りでずぶ濡れ。
山の天気は変わりやすい。
降水確率0%を信じるな。
次はカッパを忘れずに持っていこう…。


posted by フレスコ at 12:47| オーナーの話

2019年06月16日

プラス鰹の冷やしうどん

今日のフレスコなんちゃってファームの様子。
IMG_0372.jpg
いんげんが急激に伸びてきました。
IMG_0428.jpg
これ、もしかして花が咲くのかな?
IMG_0429.jpg
茄子の花もいい感じ。
IMG_0371.jpg
3本の内2本のきゅうりは奇跡的な回復でぐんぐん伸びています。
IMG_0370.jpg
花が咲き、これはきゅうりになりそうですね。

で、最後の1本のきゅうりですが、上半分が完全に枯れてしまい、さすがに無理そうだなと諦めていましたが、ここ数日で新しい葉が脇からどんどん出てきました。
可能性を信じて、小さい鉢から大きい鉢へ植え替えを決意。
IMG_0409.jpg
やっぱり根っこがこんなに張って、まだがんばれそうです。
IMG_0405.jpg
お話会で来てくれた宇野さんにも手伝ってもらいました。
IMG_0410.jpg
「水やっておいてくださいね」
「了解」
「終わったらお昼ご飯です」
「楽しみ〜」
IMG_0373.jpg
で、今日の宇野さんのお昼は冷やしうどんですが、ただのうどんではありません。
茹でたうどんに、塩鰹を細かくしたものをかけます。
鰹の旨みをプラスします。
IMG_0375.jpg
わかめ、天かす、ミニトマト、昨年僕が作った梅干をトッピング。
IMG_0377.jpg
麺つゆに基本の出汁を入れ、麺にかけます。
鰹の風味がさらに豊かになります。
IMG_0379.jpg
最後に鰹の削り節をふりかけて完成です。
もちろん、材料は全てフレスコのものです。
IMG_0384.jpg
トッピングもいいですが、最大のポイントは鰹過ぎるほど鰹ちゃん。
旨み、風味ともに最高です。
IMG_0392.jpg
「汁、すげー美味い!鰹、すげーな」

デザート?には宇野さんの好物、刺身こんにゃく。
IMG_0391.jpg
はい、どうぞ。
IMG_0397.jpg
「これ、俺が好きなやつじゃん。知ってるの?」
「前にも出したじゃないですか。美味いって一人でペロッと食べてましたよね」
「そうだっけ」
IMG_0403.jpg
「これ、美味いねえ〜。最高だよ。食感もいいし、ちゃんと蒟蒻の味がするよ」
「手作りの柚子味噌もどうぞ」
「このタレ、美味い!」
IMG_0413.jpg
こうして今日も元気にお話会。
宇野さん、いつもありがとうございます。
また来月もお願いしますね。



posted by フレスコ at 20:01| オーナーの話

2019年06月14日

斉藤さんの夏野菜始まる

今日も絹子は斉藤さんの畑へ。
IMG_0337.jpg
「苗、元気ですね」
「ちゃんと草取りしていけよ」
IMG_0341.jpg
「何事にも意味があるんだから、ただ何も考えずに仕事していてもダメなんだぞ」
「はい」
しっかり指導を受け、日々勉強中の絹子です。
IMG_0333.jpg
本日の収穫。
斉藤さんの茄子。
IMG_0335.jpg
ピーマン。
IMG_0330.jpg
ミニトマト。
以上はほんの少量ですが、来週以降は収穫量も増えてくると思います。
IMG_0359.jpg
そして新にんにく。
斉藤さんの野菜は完全無農薬。
しかもどの野菜も文句なしに美味しいですね。
IMG_0355.jpg
収穫はしてきませんでしたがブルーベリー。
IMG_0354.jpg
あんず。
何でもあるんです。
IMG_0350.jpg
そして今日の目的は梅。
IMG_0346.jpg
まだ木にも沢山なっていますが、この時期になると落下梅も増えてきます。
収穫していると、あっちでもこっちでも、ボタボタと落ちてくるんです。
落ちて日が経っているものや、落ちる途中に枝に当たって傷が付いたものは避けますが、熟して落ちたものなので、まさに木成り完熟の最高の梅なんです。
青い梅を追熟させるものより全然美味しい。
IMG_0347.jpg
サイズはバラバラで見た目も悪いですが、梅干に丁度いい梅です。
IMG_0348.jpg
「これはいい梅だなあ。美味い梅干ができるぞ」
帰りの車の中も、完熟した梅のいい香りでいっぱいでした。

店ではうっちーのじゃが芋収穫。
IMG_0321.jpg
「こんなところでよく育ちましたね。小さいですけど」
IMG_0324.jpg
「これ、少し大きです」
IMG_0325.jpg
少しですが、これも収穫の楽しみです。

お知らせ
多分、ここではお知らせし忘れていましたが、今月の宇野さんのお話会は16日(日)13時〜です。
テーマは「塩の話」です。
皆さん、お待ちしております。

posted by フレスコ at 20:55| オーナーの話

2019年06月13日

サンえのきでなめ茸

サンプルでもらったなめ茸。
IMG_0249.jpg
普通のと辛いのと2種類。
いいと思います。
原材料も正しいし、えのきの含有量も多い。
世間のなめ茸は、きのこはちょっとで添加物でとろみを付けてるだけのものが多いですから。
個人的には辛い方が好きです。

で、こういう美味しいものを食べると、つい作りたくなってしまいます。
IMG_0292.jpg
白いえのきでもいいですが、今日はサンえのきを使います。
IMG_0294.jpg
好みのサイズに切ります。
IMG_0295.jpg
調味料は醤油とみりんの味の母のみです。
分量ですが、サンえのき1株に、醤油とみりんをおたま半分ずつで、割合は醤油4、味の母6位が丁度いい感じです。
IMG_0297.jpg
サンえのきを入れて混ぜながら煮詰めるだけ。
IMG_0298.jpg
3分もあれば十分でしょう。
IMG_0300.jpg
サンえのきのなめ茸、完成です。
IMG_0313.jpg
これ完璧ですね。
味付けもいいし、サンえのきの食感と香り、存在感がすごいです。
ご飯、何杯でもいけちゃいますね。
調味料がいいので、他にダシとか何も入れなくても十分です。
IMG_0317.jpg
向井さんの一味をプラス。
いいですねえ〜。
いつもながら辛味だけじゃなくて、風味が抜群です。
改めて香辛料って風味だと感じますね。
ちなみにこれ、お酒のおつまみにも最高です。
IMG_0316.jpg
食べ比べです。
どれも美味しいけど、やっぱり手作りのが一番。
なめ茸は品揃えしますが、個人的には手作りをお勧めします。
超簡単、カレーや煮物を作るより全然簡単です。

新商品をもう一品。
IMG_0291.jpg
比内地鶏のガラスープの素。
少し前にサンプルでもらっていて、色んな料理に使っていましたが、結構使えるんです。
スタッフ皆「いいと思います!」で品揃え決定です。

いい商品には販促にも力を入れたがるスタッフ。
IMG_0296.jpg
絹子お得意のポップ。
一人で比内地鶏のイラストを描きながら、一人でうけてる絹子。
いや、結構イケてると思いますよ。



posted by フレスコ at 19:16| 作ってみました

2019年06月12日

じゃが芋初収穫

小さい鉢より大きいプランターの方が育ちがいいみたいです。
IMG_0241.jpg
やっぱり窮屈なんだろうなあ。
IMG_0243.jpg
仕方ない、植え替えてやるか。
と、昨日の休みに植え替えをしました。
加藤さんの米ぬか等を混ぜて、土作りからです。
IMG_0244.jpg
鉢から出すと細かい根っこが無数に見えます。
やっぱり根が伸びたがっているんでしょうね。
IMG_0245.jpg
ピーマンは小さい鉢からプランターへ。
あと、茄子2本は小さい鉢から大きい鉢へ移しました。
IMG_0246.jpg
畑じゃないのでかわいそうですが、しばらく様子を見てみましょう。

今日はじゃが芋の収穫。
IMG_0302.jpg
もう葉っぱが枯れ始めてきたので、多分芋が出来ているかと…。
IMG_0306.jpg
小さいながらも芋発見!
ただ芋を植えただけですが、一応出来るんですね。
IMG_0307.jpg
新じゃが芋らしいきれいな芋です。
蒸して食べてみましょう。
IMG_0309.jpg
味ですが、普通に美味しいです。
素人が発泡スチロールで作った割にはいいと思います。
こんな栽培と比べるのは失礼ですが、やっぱりフレスコの農家さんはすごいです。
IMG_0308.jpg
ついでに新商品のレトルトカレー。
「味が分からない商品は仕入れませんよ」といつも言っていたので、サンプルでくれました。
営業さんも段々分かってきてくれたようで嬉しいです。
IMG_0311.jpg
これにさっきのじゃが芋を入れて食べてみました。
ボリューム感が増していいですね。
それと、このカレーなかなか美味しい。
ベジタリアン用とかビーガン用ってコクがなかったり味気なかったりしますが、これは一般の人でも美味しいと感じるはずです。
中辛ですが、普通の中辛よりやや辛口です。
来週から品揃えを始めたいと思います。


posted by フレスコ at 18:22| オーナーの話

2019年06月10日

なんちゃってファームできゅうり初収穫

柴本さんが残した野菜の苗をもらってきて、1ヶ月が経とうとしています。
IMG_0215.jpg
一時はしなびていたきゅうりが奇跡的に復活しました。
DSC03821 (2).jpg
宇野さんに植え替えを手伝ってもらった時のきゅうりの苗。
「これは無理だと思います」と言うのをダメ元で貰ってきたので、期待はしていませんでしたが…。
IMG_0214.jpg
本日、初のきゅうり収穫!までこぎつけました。
IMG_0220.jpg
本日出勤のうっちーが収穫します。
「切りますよ。いいですか?」
「はい、どうぞ!」
IMG_0225.jpg
「きゅうりですね」
「きゅうりだね」
「トゲトゲないですね」
「うん、少なめだね」
IMG_0228.jpg
1本のきゅうりですが、やはり感慨深いものがあります。
IMG_0230.jpg
これは僕らが食べる用なので、仲良く三等分。
IMG_0235.jpg
さて、味ですが…。
まあまあですね。
もし売り場に並べてポップを書くとしたら「味は普通です」になるでしょう。
客観的に評価すると、みずみずしくエグミはほぼないですが、甘みや旨みが少ないです。

「大体、水ばかりあげすぎなんですよ」とうっちー。
「だって枯れかかっていたから、しょうがないじゃん」
「過保護にし過ぎなんですよ。一日に何回苗見に行ってるんですか」
「そうねえ、けっこう見に行ってるかな…」
とは言え、ようやく1本のきゅうりが実り、食べられただけでも嬉しいです。

美味しいかどうかは別として、まだ収穫出来る野菜も少しはあるでしょう。
IMG_0207.jpg
せっかくなので、農園に名前をつけることにしました。
ここは絹子の出番です。
IMG_0212.jpg
フレスコなんちゃってファーム、シバキンファーム東川口圃場。
圃場(ほじょう)とは畑の意味です。
ちなみに床材の残りの切れ端にマジックで書いただけなので、看板代は無料です。
IMG_0213.jpg
割り箸で挟んで接着剤でくっつけただけの簡易的ものですが、それらしく見えます。
野菜の栽培も面白いなあと思いつつ、あまりのめり込み過ぎない程度に楽しみたいと思います。

posted by フレスコ at 18:05| オーナーの話

2019年06月09日

芋と蒟蒻と黒豆納豆

石井さんの新キタアカリ。
どうやって食べようか。
まずはこれかな。
IMG_0191.jpg
小さいじゃが芋を選んで、いつもの揚げじゃが風。
洗って蒸して、フライパンで皮がパリッとするまで焼いて、塩と胡椒。
ビールのつまみに最高ですよ。
IMG_0198.jpg
夏季限定、グリンリーフさんの刺身こんにゃく。
前回は生芋刺身こんにゃくを試食しましたが、今回は青のり入りの方です。
ブロックになっているので好きな厚さに切ってください。
面倒くさいという人がたまにいらっしゃいますが、蒟蒻を切るのも面倒って…。
IMG_0195.jpg
今回は豪快に厚切りにして、添付のタレでいただきました。
芋感は生芋の方がありますが、青のりの風味とかツルッとしたなめらかな食感が楽しめます。
DSC04027.jpg
それから村田さんの黒豆納豆。
DSC04031.jpg
こちら光黒大豆を使っています。
実はこの光黒って品種、もう何年も前に惜しまれながら終了してしまった、今や伝説の純黒豆羊羹に使われていた品種なんです。
あの羊羹は実に美味かった。
DSC04042.jpg
実際、豆があの羊羹に使われていた風味そのものなんです。
で、今日はその羊羹を販売していたジュゲンさんのイヤシロソルトをかけて食べてみました。
納豆に塩?
ですよね。
DSC04038.jpg
ヒントになったのが、こちらの黒豆ドライ納豆。
原材料は納豆と塩だけですが、これがとても美味しくて。
だからきっと合うはず。
DSC04034.jpg
大成功、これかなり美味しいです。
表現が難しいですが、豆の風味が生きるって言うのかな。
とりあえず試してほしいです。
混ぜずに食べる方が美味しいと思います。
これもまたおつまみになりますよ。


posted by フレスコ at 22:00| おすすめ商品・新商品

2019年06月08日

石井さんの新キタアカリと大葉入りそうめん

昨日は斉藤さん、今日は石井さんに仕入れです。
IMG_0172.jpg
前回お試しでもらったキタアカリ。
スタッフ皆美味しいとの評価で、多めに仕入れてきました。
藤田さんの芽が出た貯蔵ものに比べると甘みや旨みは少ないですが、新物にしてはかなり美味しいと思います。
「皮薄いから素揚げしても美味しいよ。たっぷり入れておいたから」
IMG_0153.jpg
枝豆の様子。
IMG_0154.jpg
サヤが大きくなっています。
順調ですね。
IMG_0165.jpg
シバキンプロジェクトの茄子は花が咲きました。
IMG_0166.jpg
「石井さんもやっぱり脇芽を取るんですか?」
「取るよ。ヤゴね。下はいいのができないからね」
「こっちではヤゴって言うんですね。斉藤さんはもやって言ったけど」
「色々、言い方があるんじゃないかい?」
IMG_0170.jpg
柔らかそうな大葉。
IMG_0169.jpg
「食べな」
「やった〜。嬉しい♪」
IMG_0151.jpg
石井さんが作ったキャラブキの煮付け。
フキの香りがすごいいいし、味付けいいですねえ〜。
石井さん、ホント料理が上手なんですよね。
IMG_0179.jpg
大葉はお昼にそうめんで食べてみました。
夏の香りですねえ〜。
ちなみに、麺つゆには粉だし(基本のだし)を大さじ一杯入れてあります。
つゆが何倍にも美味しくなりますよ。


posted by フレスコ at 15:51| おすすめ商品・新商品

2019年06月07日

梅の収穫、その前に

「斉藤さん、おはようございます!梅の収穫に来ました」と絹子。
「先にそっち見ないととダメだろ!」
「はい」
IMG_0083.jpg
「あ〜、大きくなってる」
IMG_0091.jpg
「茄子、花咲いてるよ♪」
IMG_0094.jpg
「見てるだけじゃダメだろ。作業しないと」
「はい」
「そこ、上が枝が2つに分かれたら下のもやかきしなさい」
「もや…ですか?どれですか?」
IMG_0095.jpg
「脇芽が出てるだろ。そこかいて。ここから見えるのに、何でそんな近くで見えないんだ」
「はい…。これを取ればいいんですか」
「それは葉っぱだろ。葉っぱ取ってどうするんだ」
「はい…」
IMG_0097.jpg
「まったくしょうがないなあ」
「すいません」
IMG_0098.jpg
めげずにがんばる絹子。
IMG_0099.jpg
「それから周りの雑草取って」
「はい」
IMG_0101.jpg
「草を取ったら土を寄せておく。土が新しいうちは雑草生えないからな」
「こんな感じで…」
IMG_0103.jpg
「だからこうだろ!」
IMG_0104.jpg
「はい…」
IMG_0106.jpg
何事も経験です。
IMG_0110.jpg
ただ託した野菜を育ててくれるだけでなく、栽培の過程をしっかり教えようとしてくれているんですね。
IMG_0116.jpg
勉強になります。
IMG_0118.jpg
「こりゃ百万円くらいもらわないとダメだな」
「がんばります…」
IMG_0149.jpg
しばらくすると、雨が本降りになりました。
カラカラだった土が一気に湿り気を帯びます。
野菜にとっても恵みの雨です。
IMG_0124.jpg
さて、その後梅の収穫。
雨の中、がんばって37kgでした。
完全無農薬、素晴らしい梅です。
ちょっと過酷な収穫作業だったので、作業中の写真は無しです。
IMG_0128.jpg
「何でも勉強しないと。牛や豚はどれだけ食べるために殺されているか知ってるか?」
「分かりません」
「大体、一日に牛は五千頭、豚は5万頭。毎日数が新聞に載ってる。ただ食ってるだけじゃダメなんだぞ」
「はい」
IMG_0145.jpg
収穫させてもらうだけじゃなくて、毎回が学び。
斉藤塾みたいですね。
また来週もよろしくお願いします。


posted by フレスコ at 20:00| オーナーの話

2019年06月06日

加藤さんを中心につながりました

以前、秋田の加藤さんに送ってもらった金足農業野球部のサインと、その他諸々。
DSC01768.jpg
野球部員の写真、吉田くんのサインと、吉田君と加藤さんの息子のお嫁さんのツーショット、加藤さんの娘さんとハリーポッターのツーショット、そして田んぼの鴨たち。
DSC01773.jpg
(↑レイアウトに悩むうっちー)
これをボードに飾っていましたが、まとまりがないんですね。
説明しなければ、つながりが全く分からないんです。
結論として、ここに加藤さんがいないからつながらないと分かり、加藤さんの写真を足すことにしました。
DSC04105.jpg
しばらく間が空いてしまいましたが、ようやく写真を現像してきました。
そして写真をうっちーが貼ります。
IMG_0059.jpg
後日、絹子がコメントを入れます。
フレスコらしい3人の、まさに流れるような一連の作業です。
IMG_0060.jpg
どうでしょうか。
加藤さんを中心につながりができました。
加藤さんの息子がコーチをしている金足農業野球部。
そのつながりで吉田君とコーチのお嫁さん。
イギリスに留学中に娘さんが知り合ったハリーポッター。
加藤さんの田んぼで飼われている合鴨。
素晴らしい!
時間がかかりましたが、ようやく一仕事終えた気分です。

さて、昨日撮った茄子の写真。
IMG_0037.jpg
最近のデジカメはよく写るなと拡大してみたところ…。
IMG_00372.jpg
アブラムシ発生!
葉っぱの裏側にも多数のアブラムシがいました。
早急に対策を考えましょう。

入荷情報
8日(土)石井さんの新キタアカリ入荷します。
明日7日(金)2回目の斉藤さんの梅収穫です。
白加賀を中心に採ってくる予定です。

posted by フレスコ at 20:44| オーナーの話