2019年06月10日

なんちゃってファームできゅうり初収穫

柴本さんが残した野菜の苗をもらってきて、1ヶ月が経とうとしています。
IMG_0215.jpg
一時はしなびていたきゅうりが奇跡的に復活しました。
DSC03821 (2).jpg
宇野さんに植え替えを手伝ってもらった時のきゅうりの苗。
「これは無理だと思います」と言うのをダメ元で貰ってきたので、期待はしていませんでしたが…。
IMG_0214.jpg
本日、初のきゅうり収穫!までこぎつけました。
IMG_0220.jpg
本日出勤のうっちーが収穫します。
「切りますよ。いいですか?」
「はい、どうぞ!」
IMG_0225.jpg
「きゅうりですね」
「きゅうりだね」
「トゲトゲないですね」
「うん、少なめだね」
IMG_0228.jpg
1本のきゅうりですが、やはり感慨深いものがあります。
IMG_0230.jpg
これは僕らが食べる用なので、仲良く三等分。
IMG_0235.jpg
さて、味ですが…。
まあまあですね。
もし売り場に並べてポップを書くとしたら「味は普通です」になるでしょう。
客観的に評価すると、みずみずしくエグミはほぼないですが、甘みや旨みが少ないです。

「大体、水ばかりあげすぎなんですよ」とうっちー。
「だって枯れかかっていたから、しょうがないじゃん」
「過保護にし過ぎなんですよ。一日に何回苗見に行ってるんですか」
「そうねえ、けっこう見に行ってるかな…」
とは言え、ようやく1本のきゅうりが実り、食べられただけでも嬉しいです。

美味しいかどうかは別として、まだ収穫出来る野菜も少しはあるでしょう。
IMG_0207.jpg
せっかくなので、農園に名前をつけることにしました。
ここは絹子の出番です。
IMG_0212.jpg
フレスコなんちゃってファーム、シバキンファーム東川口圃場。
圃場(ほじょう)とは畑の意味です。
ちなみに床材の残りの切れ端にマジックで書いただけなので、看板代は無料です。
IMG_0213.jpg
割り箸で挟んで接着剤でくっつけただけの簡易的ものですが、それらしく見えます。
野菜の栽培も面白いなあと思いつつ、あまりのめり込み過ぎない程度に楽しみたいと思います。

posted by フレスコ at 18:05| オーナーの話