2020年01月15日

井出さんの本を読んで

先日加藤さんが送ってくれた井出さんの本、読みました。
宮崎さんという方が書いた井出さんの半生を書いた内容でした。
ちょっと専門的過ぎて難しい箇所もありましたが、非常に興味深い内容でした。

難関を突破して大潟村に入植した話、国の減反政策に翻弄され戦った話、悪戦苦闘しながら有機無農薬を始めた話、試行錯誤しながらアイガモ農法を始めた話や籾発芽玄米を開発した話、等々。
超簡単に感想を述べると「この人、すげー人だなあ」「ここまでするからこの米は最高に美味いんだ」「籾発芽玄米ってすごいパワーなんだなあ」って感じでしょうか。
IMG_4205.jpg
今、加藤さんのお米として販売させてもらっていますが、偉大なる井出さんがいてこその加藤さんだと思うし、加藤さんがその教えをしっかり受け継いでいるんだと改めて感じました。

本のタイトルにもなっている井出さんの座右の銘は「汝の食物を医薬とせよ」です。
つまり「あなたが日々食べている食べ物こそがお薬なんですよ」ってこと。
説得力を感じましたね。
IMG_4204.jpg
それから「社会に恩返しをしたい」と常に話しています。
ここを読んだ時に、柴本さんがよく言っていた「社会に貢献したいね」の言葉を思い出しました。
うーん、違うよなあ、こういう人たち。
すごいよなあ、ホント。

だって、世間のどれだけの人がそんな志を持って生きているのでしょうか。
社会って、漠然としているし、ものすごく大きいし、当然人を特定するものでもないし。
僕なんて、日々自分自身のことで精一杯です。
比べるのも失礼ですが、人としての格が違いすぎる。
でもいつか、そんな風に思える自分になりたいなと、少し思ってみたりして。

大変、いい本を読ませて頂きました。
井出さん、加藤さん、ありがとうございました。


posted by フレスコ at 10:13| オーナーの話