2020年03月26日

小野さんと行く伊豆(かつお節編)

藤井さんのわさび田に行く途中、かつお節のカネサさんに立ち寄りました。
IMG_5615.jpg
ちょうど4代目の芹沢さんがいらして、お話を伺うことができました。
IMG_5611.jpg
「かつお節の歴史は…」
「ほう、すごいですね。初めて知りました」
IMG_5617.jpg
「これはこれからカビ付けして本枯節にするものです」
「カビ付けですか…。全然知識がなくて。奥が深いです」
かつお節でも、荒節と本枯節では全然違うんですよ。
ちなみに荒節は1,2ヶ月でできますが、本枯節は半年もかかります。
IMG_5605.jpg
この日は茹で上がった鰹の骨取りをしていました。
かつお節作りの一番最初の工程です。
IMG_5624.jpg
手間のかかる作業です。
全部手作業。
これが昔ながらの伝統です。
IMG_5621.jpg
ここから多くの工程を経て、半年をかけて本枯節ができるのです。
IMG_5631.jpg
売店では、息子さんのお嫁さんが丁寧に商品説明をしてくれました。
「潮かつおはこの地の伝統です。昔は全国で作られていましたが、今はうちだけ。縁起物でもあるんです」
「1000年の歴史って、えーっと、鎌倉時代のもっと前ですよね。平安とか」
「かつお節はもっと後なんです」
「すごいですね〜。本枯節と荒節の違いもまだ理解してなくて…」
IMG_5634.jpg
「削り方はですね…」
「えーっと、こっちですか?」
IMG_5640.jpg
「分かりましたか?」
「はい、大丈夫だと思います」
何種類もかつお節商品を購入された小野さんでした。
IMG_5627.jpg
「フレスコさんで扱っているのは本枯節の方ですよね。やっぱりこだわっているんですね」
「そりゃそうですよ」
伝統と本物。
僕らももっとしっかり伝えていかないといけないなあと改めて思うのでした。

続く
posted by フレスコ at 20:14| オーナーの話

小野さんと行く伊豆(キャンプ編)

「伊豆、行きます?キャンプですけど」
「いいですよ」
気軽に乗ってくれたお客様の小野さん。
「じゃあ、僕はバイクで行くので現地集合で」
IMG_5533.jpg
そのキャンプに参加してくれたのが、わさびの藤井さんご夫婦。
「お客の小野です」
「埼玉から来たの?」
「はい、一応定年して暇なので」
あっという間に仲良しです。
IMG_5543.jpg
今回は早い時間に着いたので、早速始めちゃいましょう。
炭火で焼く、鶏肉や鰹の灰干し。
IMG_5544.jpg
藤井さん提供の無農薬わさび。
IMG_5555.jpg
何に乗せても美味い!
IMG_5560.jpg
石井さんの長ねぎはすごい甘いし、そして藤井さんが持ってきてくれた獲れたての赤いかも抜群!
IMG_5579.jpg
事前に購入しておいたホタテやサザエ。
お酒が進んじゃいますね。
IMG_5562.jpg
奥さんが作ってくれた山賊焼きそば。
これもまた美味。
IMG_5585.jpg
「まあ、どうぞどうぞ」
「ありがとうございます!」
「焼酎はお湯が先だとイブスキーさんが言っていました」
「はい、同感です。で、イブスキーさんとは…」
IMG_5569.jpg
わさびの話やら、小野さんの夢やら、色々と話し、夜も更けていきます。
それにしても藤井さん、ものすごくアクティブな人で、並じゃこの仕事できないです。
ちなみに、この日は他に誰もキャンプしていなかったので、我々の貸し切り。
夜中までみんなでずっと大笑いしていましたが、全然OKです!
IMG_5573.jpg
宇野さんと電話で話す藤井さん。
どうも生まれたばかりの孫の話を聞かされているようで…。
「胎児の頃から可愛かったんですか!」
「宇野さんって面白〜い!」
IMG_5591.jpg
実に楽しいキャンプでした。
気がつけば12時位だったかな?
夕方からずっと食べて飲んで笑っていました。
IMG_5588.jpg
素敵な一日でした。
IMG_5594.jpg
明日はかつお節のカネサさんと藤井さんのわさび田に行きます。

続く
posted by フレスコ at 09:15| オーナーの話