2020年06月20日

レジ袋を考える

数日前に例のマスク届きました。
まあ、どれだけ時間がかかったかとか、どれだけ税金が使われたとか色々あるけど、根本的に「1世帯に2枚」という発想が全く理解できないです。
一体誰が言い出しっぺなのか、一体誰がOKを出したのか、まじでコントの世界です。

さて、7月1日からレジ袋が有料化!になるらしい。
らしい、と言うのは、知らなかったんです、正式には…。
だって、どこからもそんな通知来ていないんです。
小売店として届け出しているのですから、せめて葉書とか。
お知らせもしないで、1日からですって、そりゃないだろう。
マスクいらないから、正式文書が欲しいです。

調べたら環境に優しい袋は有料化しなくてもいいらしいのですが、それってどうなんだ?
フレスコとしては、いずれ環境に優しい袋に変えていきたいと思っていました。
それがずっと出来なかったのは値段が高いからなんです。
店の負担となると難しい。

有料化の目的は「有料だからエコバッグを持ってきてね。そうすると袋の消費(生産)が減って環境に優しいでしょ」らしいのですが…。
どうせやるなら、全事業所の全ての袋を「環境に優しい袋にして有料」というのが販売店と消費者と環境に対して理想では?
IMG_7413.jpg
要は国民の意識です。
賛否あるでしょうが、レジ袋をきっかけに環境に対して意識改革ができればいいと思います。
特に日本人は食の安全同様、思いっきり疎いですからね。


で、フレスコの対応ですが、これを機に可能な限り理想に近づけた取り組みをしたいと思います。
DSC00871.jpg
頼りにするのは、ビニー大谷さん。
フレスコオープンからビニール袋やレジ袋等の資材を配達してくれる資材屋さんです。
越谷の市場から来てくれています。

今時ビニール袋などネットで買えますが、個人商店を守りたい、人と人とのつながりを大事にしたい。
だからフレスコはネットで購入せず、ビニー大谷商店さん一筋です。
ここ数ヶ月、コロナの影響で売上が相当落ちているらしく「やばいかも」と話していましたが、少しでも力になれれば。
(周りの資材屋さんはかなり廃業してしまったそうです)

最近、環境に優しい袋の問い合わせが多いようですが、やはり値段が高く注文はほぼないとか。
どこも商売ですから、理想だけじゃやっていけません。
色々と相談しながら、対応を考えたいと思っています。
いつかフレスコのエコバッグも作れたらいいなあ、なんて思っていたりもしています。

posted by フレスコ at 09:42| オーナーの話