2023年01月12日

伊豆キャンプツーリング&藤井さん

久々のキャンプツーリングは伊豆へ。
IMG_9848.jpg
南国ですね〜。
IMG_9849.jpg
ガイドブックに載っていない砂浜。
誰もいない海♪
IMG_9852.jpg
独り占めです。

その後、道の駅で小野さんと待ち合わせキャンプ場へ。
IMG_9855.jpg
テントサイトまでいくつもの傾斜のきつい鋭角コーナー、まだ慣れない大型バイクで悪戦苦闘の小野さん。
「そこで切り返して。そっちに向けて」
心配そうに、つきっきりで曲がり方を教えてくれる管理人さん。
汗びっしょりで何とか到着の小野さんでした。
IMG_9865.jpg
相変わらず焼き物が得意です。
IMG_9881.jpg
昼間は暑いぐらいだったけど、さすがに夜は冷えました。
日本酒の熱燗や焼酎のお湯割りが美味しい♪
IMG_9862.jpg
色々作って食べたけど、特に美味しかったのは火の国スパイスチキンにライムを搾って。
ビールがすすむ!
IMG_9876.jpg
地元のアジを使ってなめろう。
持参した加藤さんの長ねぎと坂田さんの生姜をみじん切りにして、加藤さんの味噌、大徳さんの醤油で味付け。
日本酒にピッタリ!
IMG_9902.jpg
ビール、日本酒、焼酎、念のため多めに持ってきた酒類を全部飲み干して12時頃就寝。

翌朝。
「おはようございます。ちょっと飲みすぎましたね…」
「ですね…」
熱いコーヒーで元気を取り戻します。

キャンプ場を出発時、小野さん念入りの下見の甲斐もなく下りで転倒。
管理人さんと3人でバイクを起こす。
すっかり動揺する小野さん。
まあ怪我も破損もなく良かったです。
何事も経験です。

では藤井さんに会いに行きますか。
IMG_9938.jpg
いつも行っているわさび田の少し下に藤井さんが作ったキャンプ場。
IMG_9912.jpg
「久しぶりです!小野さん、バイクで来たんですね!」
「来ましたよ〜」
IMG_9914.jpg
キャンプ場と言ってもトレーラーハウス。
ここ、山を切り開いて全部藤井さんが手作りしたビレッジです。
IMG_9925.jpg
この石垣も藤井さんが一人で組みました。
お城も作れそうですね。
すごい!
IMG_9920.jpg
ハウスの中を見せてもらいましたが、キッチンからシャワーからトイレから、もちろん寝室まで何でもありの超豪華な別荘みたい。
外には薪で沸かすお風呂まであるし、細かなところまで気を配ったハウスは至れり尽くせりです。
IMG_9935.jpg
ウッドデッキで日光浴が気持ちいい!
夜は星空を眺めるのが最高だとか。
宿泊費はお高いので僕には泊まれませんが、雰囲気だけ満喫させて頂きました。
IMG_9932.jpg
手作りブランコで童心に戻り喜ぶ僕。

「数年前からキャンプ場を作りたいんです」と言っていたから、普通のキャンプ場かと思っていました。
すごいですね。
有言実行の藤井さん。
「一度きりの人生ですから」
人生も仕事も時間も全てを楽しんでいます。
IMG_9939.jpg
「わさび1本欲しいです。買えます?」
「行きましょう!」
「私も欲しいです」
IMG_9942.jpg
途中で原木で栽培しているきくらげを収穫。
「持っていってください。たまに近所のおばちゃんが勝手に持っていっちゃうんですよ」と笑う藤井さん。
IMG_9951.jpg
久しぶりのわさび田。
いつ来てもとても気持ちのいい場所です。
IMG_9946.jpg
「これがいいかな」
IMG_9949.jpg
丁寧に水洗い。
IMG_9950.jpg
今日も素晴らしいわさびです。
何度も説明していますが、これ無農薬栽培です。
通常は農薬も化学肥料も使うなんて藤井さんに会うまで知らなかったです。
その分、虫の被害も多くて「もう大変なんだから〜!」とよく奥さんも言っています。
貴重なわさびです。
IMG_9954.jpg
山に生えている八朔。
これぞ自然栽培、と言うか勝手に生えているからほぼ野生?
しばらく貯蔵して酸味が抜けたら食べてみます。
IMG_9953.jpg
いつものショットで。
「藤井さん、ありがとうがざいました!」
「今度はみんなで飲みましょう!」
「ですね」
またいつかの楽しみが増えました。
IMG_9955.jpg
現地解散。
小野さんはどこかでもう一泊するみたい。
僕は店に戻って仕事です。
IMG_9956.jpg
うん、いい富士山。
また来ましょう。
楽しかったです。

わさびときくらげ、作ってみたいものがあるので、また後日。

posted by フレスコ at 18:30| オーナーの話