2015年08月12日

丸山さんの白鳳と丹羽さんの野菜いろいろ

お盆でも野菜は育つ、果物も育つ。
なので、日々農産物が入荷してきます。
R0018401.jpg
まずは丸山さんの白鳳桃。
R0018403.jpg
13玉サイズ、でかいです。
さすがこのサイズになると迫力があります。
R0018404.jpg
食べ応え十分。
近日試食してみます。
白鳳が終わると、最後の品種黄金桃が入荷です。

さて、続いては丹羽さんの野菜各種。
R0018405.jpg
茄子、トマト、オクラ、トマト、ミニトマト。
それぞれの味見は少しずつしていきますが、とりあえず今日はトマト。
R0018407.jpg
すごいと思うのは、他の野菜同様このトマトも農薬を使っていない。
フレスコのトマトを出荷する農家さんのほぼ全員が減農薬栽培。
斉藤さんや石井さんがミニトマトを無農薬で少し作っているけど、普通のトマトは思い出してもいないです。
もちろん、好き好んで薬を使っているわけじゃないんです。
可能な限り、少なくしようと努力されているんです。
でも、できない。
それだけトマトを無農薬で作るって大変なんです。
R0018411.jpg
僕は生産者じゃないので、詳しいことは分かりませんが、主に病気みたいですね。
たちまち病気にやられてしまう。
あの斉藤さんでさえも、病気で枯れてしまったトマトを見かけます。
もっとも標高が違えば気温も違うので、一概には比べられませんが。
家庭菜園のように「できたら食べよう」ではなく、確かなものを出荷しなくてはいけない訳で、病気や虫で出荷不可になれば収入ゼロですから、どこまで農薬を減らすか、悩みどころなのかも知れません。
もちろん、農薬も化学肥料も数十回使いなさいと指導される世間一般の農家さんとは基本的な考え方が全く違いますが。
あとは水分の調整。
トマトはベテランの農家さんでも難しいと言います。
もちろん、無農薬だからといって美味しくなければダメですが。
R0018413.jpg
よく「甘いですか?」と聞かれますが、甘いトマトではなく旨いトマトです。
もちろん、甘さもあります。
程よい酸味もあります。
そして味が濃く、香りがしっかりしていて、旨味がギュッと詰まっている感じ。
一口食べて、「あっ、これ美味い!」と言っちゃいました。
トマトにはめっぽううるさいスタッフ絹子も「これは美味しい!トマトって感じ!」と大喜びでした。
春に大人気だったアミーゴトマトとはまた違った美味しさ。
万人受けするかは分かりませんが、分かる人には分かる、トマト通の人も納得の美味しさだと思います。

オクラも茄子も楽しみ。
茄子に関しては、今非常に充実しています。
埼玉斉藤さん、長野柴本さん、明日は千葉佐瀬さんからも入荷。
群馬丹羽さんを加え、これは楽しみ。
今度食べ比べをしてみようかと思っています。

入荷情報
13日(木)
さつま芋初入荷です。


posted by フレスコ at 20:05| おすすめ商品・新商品