2015年11月26日

ミニ?カリフラワー

急激に寒くなりました。
寒いけど、これで野菜の味も乗ってくるでしょう。
特に石井さんの野菜。
長ねぎは悪くないですが、ほうれん草、小松菜、白菜はまだまだ本来の味じゃなかったです。
昨年のこの季節は気温が低く、雨が少なかったので、収量は少なかったけど味は良かったように記憶しています。
これからが本番ですね。

数日前の事。
「オレンジミニカリフラワー採れたんですけど、どうですか?」と電話がありました。
「それって去年やったやつですよね。あのものすごく小さかったやつ。ピンポン玉ぐらいの。あれね、あまりにもミニすぎですって」
「いや、今年はちゃんと大きいんで、大丈夫です」
R0019609.jpg
あれ、ホントだ。
て言うか、これミニじゃないじゃん。
いいですね、今年は。
しかも昨年は減農薬栽培だったけど、今年は無農薬栽培。
がんばりました。
R0019610.jpg
そう言えば、昨年スタッフと話していたのを思い出しました。
「ミニカリフラワーってこんな小さい品種なんでしょうか」
「いやあ、いくらなんでも小さすぎないか?もしかしたら早採りしすぎたのをミニとか言ってるのかなあ」
電話で聞いても「葉っぱも美味しいんで」ってそういう問題じゃないでしょって。

つまり、前年にあまりにもしょぼい野菜を出荷してしまうと、今年もどうせなあってなっちゃう訳です。
店は自信を持って売りたい。
だから生産者さんも、自信を持って出荷していただけるお野菜を出していただきたいと強く願うのです。
このカリフラワーなら全然OKですよ。


posted by フレスコ at 13:31| オーナーの話