2017年03月25日

ふきのとうでふき味噌

斉藤さんの畑は春真っ盛り。
R5164635.jpg
菜の花はもちろん。
R5164639.jpg
これから実を付けるであろう花々。
R5164631.jpg
どの花が何の木か…。
R5164642.jpg
1年経つと忘れてしまうものです。
R5164622.jpg
斉藤さんに叱られそうです。
R5164629.jpg
でも、夏から秋にかけてが楽しみ。
R5164641.jpg
きっと美味しい実がなることでしょう。
R5164645.jpg
わらびも顔を出していました。
R5164651.jpg
「今、芽のものを食べなくて、いつ食べるんだ」と斉藤さん。
のらぼう菜、菜花、そして、無事に届いていた柴本さんのふきのとう。
R5164672.jpg
天然物でやや小ぶりですが、ふき味噌を作るには問題ないです。
R5164673.jpg
刻みます。
R5164674.jpg
炒めます。
R5164675.jpg
味噌とみりんを合わせておきます。
R5164676.jpg
それを加えます。
R5164677.jpg
煮詰めていきます。
R5164680.jpg
はい、出来上がり。
R5164682.jpg
これがまた美味い!
ほろ苦さといい、風味といい、最高ですね。
炊きたてのご飯に乗せてもいいし、日本酒をちびちびやるにもいいです。
今しか食べられない、芽のもの。
たくさん食べていただきたいです。



posted by フレスコ at 21:57| 作ってみました