2017年05月13日

行ってきました青森A

しばらくして一人の男性登場。
IMGP4201.jpg
実はこの方にお会いするのが、今回の大きな目的の一つでした。
西館さんが亡くなって、残された畑をどうするか。
奥さんはもちろんでしょうが、僕らも悩み心配し気がかりでした。
その後を引き継いでくれるのが、類家さん。
大葉や堆肥などの会社を経営する社長さんです。
数年前から西館さんと一緒に、畑の土の改良に取り組んでいたそうです。
りんごに関しては素人ですが、土作りのスペシャリストです。
IMGP4213.jpg
「とりあえず昼でも食べますか」
連れて行ってくれたのは、地元の馬肉の専門店。
「この辺では普通に食べるんですよ」
IMGP4214.jpg
「誰を連れてきても、これは美味いって言ってくれるんでね。どんどん食べてください。ご飯は大盛りで」
IMGP4215.jpg
いやこれが実に美味い!
いいダシが出ていて、最高の鍋です。
IMGP4212.jpg
馬刺し!
美味い!
ビールが飲みたい!
IMGP4199.jpg
畑に戻ります。
いつまでも馬に舌鼓を打っている訳にはいかず、受粉作業をしなくてはいけません。
IMGP4195.jpg
「全部には花粉付けないね」
IMGP4196.jpg
「先の方は今年の花。ここはいらない。真ん中の花だけ花粉付ける」
IMGP4208.jpg
「ここは落としちゃっていいの?真ん中だけね」
社長さんも初めての作業です。
IMGP4218.jpg
準備の様子です。
まず、花粉をマーカーのための色付きの粉と混ぜるのですが、今まで西館さんが一人で行っていたようで、ここにいる誰もがそのやり方を知らないという、すごい状態。
「私も知らなかったよ。いつも旦那さんがやってた」
えっ、えー?そうなんですか…。
そこで、隣のりんご農家さんを連れてきて、行程を教えてもらいました。
IMGP4221.jpg
「まず、これを混ぜる。よーく混ぜる。そしたら容器に入れて…。君たちもちゃんと聞いておいて」と隣の農家さん。
IMGP4226.jpg
「たくさん付けなくていいの。ちょん、ちょん。ワンタッチ、ワンタッチ、はいワンタッチって」
IMGP4227.jpg
「高いところはこうしてポンポンって。そうすれば花粉が飛ぶから。分かった?」
助かります。
IMGP4228.jpg
前回、西館さんの直接の指導の元、丸一日以上受粉作業を体験している絹子は手際がいい。
初体験の僕に「ほらそこまだやってないでしょ。ちょんちょんって感じでいいんだから。花粉高いんだから無駄にしちゃダメなんだよ」
IMGP4234.jpg
高いところは自らハシゴにも登って。
馬肉を食べたせいでしょうか。
動きに勢いがあります。
IMGP4231.jpg
花粉症の奥さん。
酷な作業です。
IMGP4263.jpg
社長さんは最新の機械を購入して受粉作業。
高いところも難なく、効率よく受粉できます。
さすがです。
IMGP4274.jpg
休憩中の奥さん&絹子。
「もっと急がねば」
「はい…」
ちょっと田舎のヤンキーっぽいです。
IMGP4244.jpg
こうして黙々と数時間。
花が散ってしまえば受粉はできないし、雨が降ったら作業できないので、時間との勝負でもあります。
農家さんって大変だなあと、しみじみ感じました。

さて、そろそろ戻らなくてはなりません。
IMGP4266.jpg
少し笑顔が戻ってきた奥さん。
安心しました。
IMGP4269.jpg
絹子とも仲良し。
IMGP4286.jpg
詳しくは来月のフレスコ便りで紹介する予定ですが、この人なら大丈夫!
畑を任せても絶対に間違いない!
そう確信しました。
IMGP4287.jpg
類家社長、西館さんの畑をよろしくお願いします!
IMGP4292.jpg
「また来ますね♪」
IMGP4296.jpg
一応、僕も来たって事で証拠写真を一枚。

と言う訳で、今年も西館さんのりんごはお届けできそうです!
今のところ、プラムは無理そうで、りんごの品種も今まで通り全てという訳にはいきませんが、主要な品種は大丈夫そうです。
梅も通常通り予約を受け付けます。
りんご、梅共に、価格は例年通りいけます。
とにかくよかったです。
本当によかった…。

今回の様子は来月のフレスコ便り6月号でも詳しくお伝えしたいと思っています。



ついでに…。

帰り道、温泉に立ち寄ります。
以前、絹子が西館さんに連れてきてもらった温泉です。
IMGP4298.jpg
アトピーにもいいというお湯はヌルヌルでお肌もスベスベ。
今回も入浴シーンをお見せできないのが非常に残念です。

駅に戻り時間まで一杯。
IMGP4306.jpg
地酒。
IMGP4300.jpg
地魚。
IMGP4308.jpg
日本酒とよく合います。
IMGP4303.jpg
イカも食べておかないとですね。

新幹線の時間です。
IMGP4312.jpg
ん?帰りはバスじゃないのかって?
あまりの苦痛に耐えられず、朝到着後、速攻でみどりの窓口に直行。
新幹線を予約し、バスはキャンセル。
プラス1万円って大きいけど、その分の価値はあまりにも大きい。
いい勉強になりました。

その日の夜、自宅の布団で就寝。
バスに乗っていたら、今頃まだ岩手だよ。
ああ、新幹線って素晴らしい!



posted by フレスコ at 11:09| オーナーの話