2017年06月09日

まぐろ漬け丼と新玉ねぎステーキ

品揃えは始めてから地味に売れている昆布つゆ。
先日その営業さんがいらして、「まぐろの漬けに使うとものすごく美味しいですよ」と言うので…。
R5165528.jpg
わざわざ買ってきました。
まぐろ。
R5165530.jpg
当然、高級なまぐろではありません。
R5165531.jpg
切ったまぐろに昆布つゆをかけます。
R5165532.jpg
漬けておく時間は、大体2,3時間だそうです。
R5165534.jpg
いい感じで味が染みていそう。
R5165536.jpg
今日は納豆と一緒に丼に。
R5165537.jpg
なるほどなるほど。
仰っていた通り、これはいい味です。
R5165541.jpg
営業さんが言っていたのは「どんな料理でも、主張しすぎない味で、むしろ素材を生かす味付けになっています」との事。
なので「最初はできるだけ薄めに使ってください」と言っていました。
納豆にもこのつゆを使ってみましたが、大豆の風味がいつもより際立っているような感じ。
10日(土)は、営業さんが店頭販売に来てくれます。
今月のフレスコ便りにレシピを挟んでいますが、色々使い方を教えてくれると思います。

続いては柴本さんの新玉ねぎ。
R5165543.jpg
ようやく届きました。
IMGP3969.jpg
4月の下旬に長野の畑に行った時はこんな感じ。
立派に成長しましたね。
R5165545.jpg
味はなんら心配していません。
が一応食べてみましょう。
R5165548.jpg
生でも全然いけますが、今日は焼いてみます。
R5165550.jpg
両面を蒸し焼きな感じでじっくり焼きます。
R5165552.jpg
なんてみずみずしいんでしょう。
R5165553.jpg
甘みたっぷり、そして玉ねぎ本来の旨味と風味がしっかりしています。
さすが柴本さんだなあ。
ちなみに、味付けは何もしていません。
それでも美味い!
好みで、醤油や塩を使ってもいいですが、あくまでもほんの少し。
よく店の調味料の値段を見て「こんな高い醤油や塩なんて使えない」と言うお客様がいらっしゃいますが、素材が良ければ調味料なんてほんの僅かでいいんです。
調味料は味をつけるのではなく、素材を生かすもの。
美味しい素材+正しい調味料=最高です!

最後にトマト。
R5165525.jpg
祝!アミーゴトマト復活!
量だけではなく、味が乗ってから持ってきてくださいねと言ってあったので「量も味も復活しました」と言って持ってきてくれました。
味にうるさい店ですね。
R5165526.jpg
甘さ、酸味、風味、あのアミーゴトマトです。
R5165527.jpg
こちらは極みトマト。
見た目と袋入れの形状が似ているので選ぶ時も間違わないでくださいね。
ポップはもちろんですが、それぞれにシールが貼ってあります。
ものすご〜く手間のかかる作業です。
納品が多い日は、ひたすら袋詰とシール貼り。
「ずっとシール貼ってるんですけど…。いい加減飽きてきました…」と先日のうっちー。
R5165533.jpg
こちらは大木さんの中玉トマト。
こっちも味乗ってます。
来週は鈴木さんの大玉トマトと小林さんのミニトマトが入荷します。

入荷情報
のらくらさんの春菊、かぶ等、野菜各種入荷しています。
丹羽さんのルッコラ等、10日(土)入荷します。
北海道十勝大豆、11日(日)午後?入荷します。

トロハタハタ情報
僕はまだ食べていませんが、スタッフが自宅で食べた感想だと「脂乗ってるし、柔らかくて、ものすごく美味しかった!」との事でした。
今だけ25%引き中です。


posted by フレスコ at 22:18| 作ってみました