2017年08月31日

行ってきました会津A絹子のおじさん

南会津下郷。
DSC01461.jpg
かつては盛んだった木工細工の職人たちが住む地。
DSC01462.jpg
この地で最後の木地師が絹子のおじさん。
DSC01473.jpg
おじさん、お久しぶりです!
DSC01544.jpg
美味しいお昼をご馳走になった後(後日アップします)、工房を見せていただきました。
DSC01507.jpg
2年乾燥した木材。
DSC01527.jpg
地元の木から切り出したトチやけやき等。
DSC01535.jpg
数百年の歴史があるそうで、昔使った道具が残されています。
DSC01531.jpg
「機械がない頃は、ああして手で削っていたんだよ」
DSC01508.jpg
実際に作るところを見せてくれました。
DSC01509.jpg
機械にセットした木材を回転させながら削っていきます。
DSC01511.jpg
かんなは数種類使い分けます。
DSC01513.jpg
飛び散る木屑。
少しずつ外側へ削り出していきます。
DSC01517.jpg
手の感覚だけで形を整えていきます。
DSC01520.jpg
職人の顔つきです。
さっきビール飲んでいた時の表情とは全然違います。
DSC01522.jpg
少しずつ形が見えてきました。
DSC01499.jpg
表と裏を入れ替え削り、さらにヤスリで細かく削り、その後漆を塗ります。
非常に手間と時間を要する仕事です。
DSC01551.jpg
「手作りだから一つとして同じものはできなんだよ」
DSC01552.jpg
「同じように作っても形もこんなに違うでしょ。木目もそれぞれ違うからね」
「でも売れないよ。みんなプラスチックの安いのばかりでしょ」
DSC01498.jpg
実は3年前にここを訪れた時、これは店で売りたい!と思ったのです。
伝統工芸品も有機野菜も同じ。
ちゃんと伝えたい、残したい、知ってもらいたい。
DSC01500.jpg
とりあえずですが、おばさんが選んでくれた数点を仕入れてきました。
数は少ないですが、フレスコで販売します。
DSC01561.jpg
「そんなわけで、のんびりやっとるわい」と店で留守番中の絹子と話すおじさん。
DSC01557.jpg
おじさん、おばさん、ありがとうございました。


続く


入荷情報
9月1日(金)長野丸山さんの黄金桃入荷。
9月1日(金)北海道相内さんの北あかり入荷。
9月2日(土)福島小森さんのぶどう各種再入荷。
9月2日(日)北海道榎本さんのトマト入荷。

posted by フレスコ at 17:35| オーナーの話