2017年09月27日

丸山さんの幻の秋ひかり

スタッフ絹子の、長野二日間の旅。
IMGP4664.jpg
まずは、丸山さんにお邪魔しました。
IMGP4668.jpg
メインは収穫。
IMGP4673.jpg
主に斉藤さんの畑で、農作業を体験しているので、素人よりは動けると思います。
IMGP4676.jpg
特にりんごは西舘さんの畑で体験しているから、少しは慣れているかな?
IMGP4680.jpg
今日の収穫は秋ひかり。
IMGP4687.jpg
秋ひかりは、ふじ×紅玉の掛け合わせ。
だから、とても美味い。
IMGP4696.jpg
いいところも引き継いでいる反面、悪いところも出てしまう。
ふじ特有のつる割れ、紅玉に出やすい黒点等々、栽培が非常に難しいのです。
幻のりんごと呼ばれるのは、栽培する人がほとんどいないから。
IMGP4689.jpg
生前、丸山さんのお父さんが、秋ひかりの開発と普及に努めてきたらしいですが、やはり難しい。
想いはあっても、収入にならなければ、仕事として成り立ちません。
IMGP4710.jpg
この日収穫した秋ひかりは、計220kgだったそうです。
IMGP4716.jpg
丸山さん、奥さん、絹子がお世話になりました。
DSC02124.jpg
さて、本日秋ひかりが届きました。
でも、あの220kg収穫できた秋ひかりのうち、商品として出荷できたのは、僅か15kg。
うちに送ってくれたこの3箱(5s箱)だけです。
毎年これでは商売になりませんね。
単純に考えれば、通常の10倍以上の値段を付けなければいけない訳です。
DSC02128.jpg
丸山さんが、秋ひかりの木を切って他の品種にしたいと言うのも無理はありません。
かろうじて、フレスコのお客様のために、何とか残してくれている状況です。
丸山さんも、そこを一番に知ってほしいのだと思います。
DSC02130.jpg
超レアものです。
もしかしたら、来年は食べられないかも?
大切にいただきたい幻の秋ひかりです。
DSC02132.jpg
自ら収穫した秋ひかりに嬉しそうな絹子。
DSC02119.jpg
早速食べてみましょう。
DSC02120.jpg
さすが秋ひかり!
ふじの甘さと、紅玉の酸味が生きています。
さすが、味はいいとこ取りです。
計15sしかありませんので、秋ひかりを食べておきたいという方はお早めにどうぞ。

そうそう、丸山さんからお土産をいただきました。
DSC02136.jpg
りんごどらやき。
DSC02139.jpg
いやこれが、かなり美味しい。
りんごの食感、さつま芋の甘み、ふっくら生地に、シナモンが程よく効いていて、原材料がシンプルなのもいい。
無添加なので賞味期限が短いのがネックですが、店でも販売したい位です。
丸山さん、ありがとうございました。

続く(次は柴本さん編)


店では、秋から冬に向けてに、新商品が続々入荷中。
DSC02125.jpg
今日、届いたもので、注目の2品。
のらくらさんの坊っちゃん南瓜と下仁田ねぎ。
DSC02126.jpg
食べてみないことには、何の評価も出来ませんが、なんかいい予感がします。
触った感じと、持った時のずっしり感。
DSC02127.jpg
下仁田ねぎも、なんかいい予感。
近日、鍋にでもして食べてみます。

入荷情報
28日(木)柴本さんのほうれん草、パクチー、小林さんのミニトマト入荷します。


posted by フレスコ at 19:28| おすすめ商品・新商品