2018年01月17日

だまっこ鍋

お礼も兼ねて加藤さんに電話をして聞いたところ、送ってもらったあきたこまちのお団子は、きりたんぽではなく「だまっこ」と言うそうです。
基本的な原材料はあきたこまちを潰して固めたものなので同じですが、形が玉でだまっこなんでしょうね。
使い方は多分きりたんぽ鍋と同じだと思うので、想像を元に調理開始。
DSC03956.jpg
ダシはやっぱり鶏でしょ。
前から試してみたかった冷凍の鶏がらスープ。
DSC03957.jpg
凍ったままでいいのかな?
DSC03958.jpg
おっ、これはなかなかいいかも。
顆粒のものとは風味が全然違う。
ちゃんと鶏ガラから取ってますって感じ。
DSC03960.jpg
これに醤油と酒、魚醤をほんの少し。
汁、美味っ!
DSC03962.jpg
具はこんな感じ。
全てフレスコにあるもの。
ちなみに、本場のきりたんぽ鍋とは若干異なるかもです。
DSC03965.jpg
スープを入れ、だまっこと豆腐を入れ煮ます。
昔、秋田の友人宅を訪れた際きりたんぽ鍋をご馳走になりましたが、きりたんぽを入れるタイミングが好みで異なるそうです。
食感を生かしたい人は最後に入れ、ダシをよく吸って軟らかくなったのが好きな人は早めに入れると言っていました。
あと、せりは欠かせないと言っていました。
DSC03966.jpg
グツグツ。
いい香りですねえ。
DSC03968.jpg
しばらく煮込んで完成です!
DSC03969.jpg
グリンリーフさんのしらたき。
太めの食感がいいです。
DSC03970.jpg
あえて大きめにカットした一戸さんのごぼう。
香りがいいし、軟らかです。
DSC03972.jpg
定番のありた鶏。
鶏肉の旨味がしっかり。
DSC03974.jpg
ねぎはやっぱり石井さん。
DSC03973.jpg
舞茸はもちろんエムプランさん。
DSC03975.jpg
それぞれの具材の特徴がよく出ています。
DSC03971.jpg

で、だまっこですが、聞くとこれ奥さんじゃなくて加藤さんが奥さんに教えてもらいながら作ったそうです。
「私、初めて作ってみました。皆さんに食べてもらおうと愛情を込めたので美味しいと思うんですが」と。
いやあ、実に美味い!
きりたんぽのような粘っこさはなく、しっかりと米の旨味と風味。
玄米100%と、玄米50%と白米50%の両方がありましたが、玄米100%の方が甘みと香ばしさがあって美味しかったです。
ちなみに、この玄米は栄養価の高い籾発芽玄米です。
すごく美味しい玄米ですね。

入荷情報
先立って注文しておいた籾発芽玄米、入荷しました。

そうそう、例の日本酒ですが、美味かったですねえ♪
トロリとした口当たりで、米の旨味と風味、特にフルーティーさが際立っていました。
個人的には辛口が好きですが、特に女性は好きな人多いかも。
やはり、少量生産のものすご〜く貴重なお酒との事でした。
「次行く時、持っていきますよ♪」と加藤さん。
では、美味しいもの用意してお待ちしております。

posted by フレスコ at 20:13| 作ってみました