2018年02月10日

干芋の話

1月、秋田の米農家、加藤さんと飲んだ時に「今シーズンは干芋がなくて困っちゃって」なんて話をしたんですね。
そしたら「知り合いでいるかも」との話。
おっ、これは!と思っていました。
DSC04183.jpg
そして昨日、加藤さんから送られてきた干芋のサンプル。
なんでも知り合いの方は干芋作りを辞められてしまい、お客様で干芋を扱っている方がいたとかで、それをわざわざ送ってくれたようです。
加藤さん、いい人です!
DSC04185.jpg
かなりねっとりです。
食べてみましょう。
パクパク。
う〜ん…。
噛んでいくと確かに甘みは出てくるんだけど、何か違うんですねえ。
芋の風味に欠けるんですね、これは。
ご丁寧に仕様書まで入れてくれて、それによると天日干しのようですが、芋の品種がどうなのかなって気がします。
スーパーで売っているのよりはいいかもですが、うちのお客さんには喜んでいただけないでしょうね。
と言う訳で、残念ながらボツ。
加藤さんには丁重にお礼を言っておきました。
KIMG0178.jpg
さて、今日の斉藤さん。
「まったく野菜がなあ、売るもんなくてなあ。寒くてクレソンも大きくならない」
でもそのままでは終わらない斉藤さん。
KIMG0181.jpg
「どうせ一日中ストーブ付けてるんだから」
新たに購入した蒸し器でさつま芋を蒸して…。
KIMG0176.jpg
皮を剥いて天日干し。
KIMG0175.jpg
そうです。
干芋!
しかも丸干し。
蒸すのに2時間、皮剥きに1時間。
「さつまはいくらでもあるけど、手間賃だよなあ、干芋は」
KIMG0174.jpg
なんか、こっちのは黒いですね…。
試しに皮を剥いてから蒸したら黒くなってしまったそうです。
色々と試行錯誤中の斉藤さん。
KIMG0177.jpg
黒い方を半分くれました。(食べられるのかな…)
パクパク。
ん!
美味い!
甘みも十分だし、芋の風味がすごくいい!
やっぱり見かけじゃないんですね。
「いつ出来るんですかね。うちでやりますよ」
「本当はお客さんにやってもらわないとダメなんだ。こうやって出来るんだって」
と言う訳で、どうなるか分かりませんが、とても美味しかったです。
DSC04187.jpg
ひな祭りの展開始めました。
DSC04188.jpg
まだ少し先ですが、なくなったら終了です。
DSC04182.jpg
桜餅は冷凍コーナーです。


posted by フレスコ at 19:19| オーナーの話