2018年04月28日

斉藤さんが語る中国産

斉藤さんがいつも読んでいる新聞。
気になる記事があると見せてくれます。
KIMG0211.jpg
こちら3月のデータですが、中国産の野菜が相当増えていたんですね。
白菜は前年比18倍、キャベツ前年比3.7倍、等々。
元々日本は中国産の野菜を一番多く輸入している国ですが、相場高に伴い、3月は過去10年で最高だったとか。
KIMG0216.jpg
スーパーの売り場で中国産の野菜が並んでいても売れませんが、カット野菜や加工品の原料、外食に使われる野菜なんて、産地を気にする人はほぼいないです。
だから安い方がいい訳です。
KIMG0213.jpg
斉藤さん曰く、輸入の商社は国内の野菜の相場が下がったからと言って、即輸入を減らす訳にもいかず、今度は「ただでもいらない」と言われる事もあるとか。
結局、産地なんて二の次で、安ければいい。
そんな日本ってどうなんでしょうね。

斉藤さんの林。
KIMG0220.jpg
かなり草が生い茂ってきました。
豊かな証拠。
すごく気持ちがいい。
KIMG0217.jpg
「今年のらっきょうはいいぞ」
楽しみです。
収穫は6月の予定。
ご予約も受け付けています。
KIMG0218.jpg
さくらんぼ。
これが完熟する日を見計らって、あっという間に食われちゃうんですよね、鳥に。
ここ数年、収穫ゼロ。
「あいつら良く知ってんだよなあ」
ネットを張っても下から入ってくるそうで。
なんとかならないかなあ…。
これ、最高に美味いんですよ。




posted by フレスコ at 12:32| オーナーの話