2018年05月20日

宇野さんと焼きそばと冷麺と

特に新商品は僕らで味見をしてから扱うかどうか決めますが、僕らの味覚が正しいかどうか、時には第三者の意見も聞くこともあります。
R5165988.jpg
先日、フレスコ従業員全員一致の反対多数でボツになったインスタント焼きそば。
R5165989.jpg
今日は宇野さんに食べてもらうために作りました。
「宇野さん、どうですかね」
R5165990.jpg
「これさあ、なんだよこれ、コメントのしようがないけど、ナメてるよなあ」
「ですよね」
「◯◯の麺だろ。終わってるよな。くっついてんじゃん、これ。あそこの商品開発とか営業とか、何も言わねえのかよ。こんなの出しやがって。俺だったら叩きつけてるよ」
R5165992.jpg
「こういうのを平気で出すって、問屋も食ってないんだよな。原材料とか価格だけしか見てない証拠。何がベジタリアンだよ。これを美味いって言うやつがいたら、俺会ってみたいよ」とご立腹の宇野さんでした。
R5165994.jpg
宇野さんのお昼はちゃんとご用意しています。
宇野さんの大好きな激辛冷麺。
R5165986.jpg
隠し味は、ハバネロを酢で数ヶ月漬けた手作りハバネロ酢に、さらに唐辛子を一晩漬けた特選辛味酢をかけます。
R5165998.jpg
「すっげー辛いけど美味いねえ。体の中から燃えるようだよ」
「辛すぎました?」
「いや、全然。さっきの食べた後だから何百倍も美味く感じるよ」
R5166002.jpg
と、激辛冷麺でさらに元気になった宇野さん。
今日のお話し会も絶好調。
R5166009.jpg
「今日のためにさっきコンビニで買ってきたんだけど、カット野菜。人気なんだよな。でもさ、こんなに怪しい商品買っちゃダメなんだよ。どこが怪しいか分かる?考えてみて…」
とてもいい内容でした。
詳しくは来月のフレスコ便り、宇野さんの話のまとめで。




posted by フレスコ at 19:46| オーナーの話