2018年05月30日

初めて作るらっきょう甘酢漬け

「今年のらっきょうはよくできたぞ」と斉藤さんが自慢げに話していました。
「そうですか」とは言ったものの、僕はらっきょう漬けを作ったことがないので、その良さが分かりません。
「斉藤さんのらっきょうがすごく美味しかった!」とお客様から言われても、そうなんだ〜と思うしかありません。
それではいけない。
では、作ってみるか。
とらっきょう漬け、初挑戦。
DSC05938.jpg
もちろん、泥付き。
DSC05939.jpg
バシャバシャと洗います。
DSC05941.jpg
よく面倒だと聞きますが、要するにここなんですね。
上下を切って、皮を剥く作業。
確かに面倒…、って言うか飽きる…。
毎年漬けている母親に聞いたとろこ「2kgで1時間はかからないかな」と言っていました。
DSC05942.jpg
結果、1kgで45分位でした。
DSC05944.jpg
ここで熱湯をかけ回します。
これ、母親に教わった技。
これをすると2年経っても3年経ってもパリッとしているそうです。
理由は分からないそうですが、確かにうちのらっきょう漬け、何年も前の食べてもパリッとしています。
母親も昔教わったそうですが、昔の人の教えは学ぶべきですね。
DSC05946.jpg
さて味付け。
今回は、ベースを富士酢と味酵母にしてみましょう。
DSC05947.jpg
富士酢500に味酵母200でどうかな?
まず味見。
ケホケホ。
結構酸っぱい。
このままだと甘酢漬けと言うより、ただの酢漬けだ。
DSC05948.jpg
甜菜糖をスプーン3杯入れてみよう。
あまり甘くはしたくないので少しずつ。
うん、少しイメージと近づいてきたかな。
市販の原材料見ても(正しいものでも)砂糖が先頭にきていたりするから、結構な砂糖の量なんですね。
DSC05950.jpg
蜂蜜なんか入れてみたりして。
スプーン3杯位でどうだ。
うーん、もうちょい砂糖かな。
だんだんアバウトになってきた…。
でも、ちょっといい感じ?
DSC05952.jpg
宮内さんの唐辛子。
瓶がなかったので余っていたタッパーで代用。
トータルで約1時間ちょっと。
これを手間と見るか、面倒と感じるか、それとも有意義な時間と取るか。
人それぞれでしょうが、僕は一番後者だと感じられる人間になりたいですねえ。
まあ、出来上がりにもよりますが、さてさてどんな感じになるでしょうか。
数カ月後が楽しみです。


posted by フレスコ at 08:59| 作ってみました