2018年06月25日

省エネ減塩、美味しい枝豆の茹で方

たっぷりのお湯に、塩をどっさり?
いえいえ、そんな必要はありません。
これは、農家さんに教えてもらった方法を、フレスコでアレンジした美味しい枝豆の茹で方です。
DSC06326.jpg
洗った枝豆に塩を少々かけ、よく揉み、しばらく置いておきます。
その時に汚れやアクが取れます。
DSC06327.jpg
沸騰したお湯で茹でますが、お湯の量は枝豆がかぶる程度。
この量のお湯ならすぐに沸きます。
そしてこの時点で塩は入れません。
DSC06328.jpg
湯で時間は豆の大きさにもよりますが、目安としては枝豆の口が開き始めてからもうちょい。
好みの豆の固さかどうかチェックしてざるに出します。
DSC06329.jpg
湯を切ったらすぐに鍋に戻します。
水気が残っていてもいいです。
と言うか、水気が残っていた方がいいです。
DSC06330.jpg
ここで塩。
もちろん、正しく美味しい塩を使うことをオススメします。
味わいが全然違います。
塩の量は、枝豆の量や好みによるので…。
ここは感覚、慣れるしかないです。
DSC06331.jpg
すぐに鍋をフリフリ。
塩がまんべんなく行き渡るように。
その後、うちわか扇風機で粗熱を取ります。
DSC06332.jpg
鍋のままでもいいし、器に入れてもいいですが、そのまま冷蔵庫で1時間ほど。
その間に塩が中に浸透していきます。
蓋かラップをした方が枝豆が乾かなくていいです。
DSC06335.jpg
もし塩味が足りなければ、あとで塩をふりかければいいです。
この方法だと、使う塩は少しです。
お湯に大さじ何杯も入れる必要はありません。
よって、単に安いからと体によろしくない、なんちゃって塩を使わなくてもいい訳です。
ちなみに、美味しくない枝豆をこの方法で茹でても、省エネ減塩にはなるかもですが、美味しくはならないと思います。

本日初入荷の、石井さんの枝豆。
味濃く、甘み強く、風味豊か。
完璧!
すっごい美味いっす!
美味しすぎて、止まらない…。


posted by フレスコ at 21:55| 作ってみました