2018年07月23日

今年のキングメロン試食で思う

初めに結論を言ってしまいましょう。
DSC07316.jpg
最高の年を10としたら、今年は7割程度の食味だと思います。
DSC07317.jpg
生産者の榎本さんが話していたように、現地の天候が非常に悪い中での生育。
DSC07318.jpg
こんな年はなかったと言います。
DSC07324.jpg
もちろん、不味い訳ではないですが、やや水分が多く、例年に比べると糖度も控えめ。
甘ったるくなく、後味がいいのは変わりがありませんが、最高の味を知っているだけに物足りなさも感じます。
DSC07335.jpg
また熟し方にムラがあるようにも感じます。
だから、例年のようにお勧めもしませんし、オーナーの特一POPも貼りません。
DSC07337.jpg
でも、あえてこのように紹介するのは、榎本さんのメロンの味に対する意気込みを感じたからです。
「メロンで人を感動させたい」との想いで九州から北海道に移住し、しかも完全無農薬栽培。
その気持ちを考えると、今年の味には本人も納得いかないでしょう。
だから「フレスコさんにこれを送るのは…」と悩んでいたのです。
DSC07340.jpg
味が悪かったり、品質が悪かったり、そんなのを平気で送ってくる農家さんもいます。
もちろん仕事ですし、収入も必要なのは分かります。
ただ、そこにプライドがあるかどうかです。
完全無農薬のキングメロンなんて、それだけで大きな価値があり、欲しがる店なんていくらでもあるでしょう。
都内のデパートにでも並べれば、1万円でも売れるでしょう。
でも、納得いかないものは出したくない。
楽しみにしているお客様に最高のものを食べてもらいたい。
そこがプライドだと僕は思います。
そこまで誇りを持っている農家さんって、そうはいないですよ。
今年は少し残念でしたが、だからこそ来年に期待し、そしてこれからもずっと応援したいと思っているのです。


posted by フレスコ at 20:47| おすすめ商品・新商品