2018年08月02日

うなぎを食べるなら

昔は庶民の味だったうなぎ。
今はなかなか食べられない。
でも、年に一度位は食べたいぞ。
DSC07516.jpg
だがしかし…。
国産は高い。
ここは我慢して中国産を選ぶか…。
であるなら、安全に、そして美味しくいただきたい!
DSC07518.jpg
スーパーで買ってきたんですが、このタレがまずいんですよね。
まずいというのは、味が不味いってのと、内容がまずいってのと両方。
DSC07522.jpg
これ、添付のタレ。
決してよろしくはないけど、百歩譲ってまだ許すとしましょう。
DSC07521.jpg
最初からうなぎにまとわりついているタレ。
これはやばいでしょ。
DSC07538.jpg
これ、フレスコに超限定入荷したうなぎ。
DSC07540.jpg
まあ、なんてシンプルかつ正しい原材料でしょうか。
いや僕は絶対無添加人間じゃないです。
仕事柄それなりに知識はあるから妥協にはなるけど、時には悪も食べます。
でも、あのタレは口にしたくないですねえ。
宇野さんなら「これ人間の食いもんじゃねーだろ。こんなの子供に食わせんなよ」と言うでしょうね。
(スーパーだと選ぶ余地はないと思いますが、ちゃんと裏のラベル見て食べた方がいいですよ)
DSC07519.jpg
だからきれいさっぱり洗います。
アミノ酸も増粘剤も着色料もさよーならー。
DSC07520.jpg
そして蒸します。
DSC07524.jpg
よろしくないものを洗い流し、さっぱりふっくらしたうなぎさん。
DSC07497.jpg
さすがに、このままだと味がないので、予めタレを作っておきましょう。
DSC07500.jpg
醤油と味醂が半々と、てんさい糖をその半分くらいの分量を混ぜ煮詰めます。
原材料表示をすれば「醤油(遺伝子組み換えでない) みりん 砂糖(てんさい糖)」ですね。
もちろん、全てフレスコの正しい調味料。
DSC07502.jpg
半分くらいの量まで煮詰まってとろみが出てくればOK。
3分くらいです。
DSC07525.jpg
蒸し上がったうなぎさんにヌリヌリ。
DSC07526.jpg
はーい、手作り無添加タレのうな丼完成です!
DSC07529.jpg
おっと、これを忘れちゃいけません。
DSC07532.jpg
山椒フリフリで完成です!
で、味ですが…。
十分美味いです!
ちゃんと蒸しているからうなぎさんもふわふわだし、タレの味、いいですねえ〜。
それに、山椒の辛味と風味がいい!
添付の山椒って、香りもないし、ただの緑色の粉って感じじゃないですか。
いや、もちろん国産にこだわりたいですが、妥協以上の最高のうなぎだと思います。
正しすぎるうなぎはちょっと手が出ない方、是非試してみてください。

お知らせ
明日はDVDプレゼントの抽選会。

posted by フレスコ at 22:07| 作ってみました