2018年09月23日

長野のゆかいな仲間たちC最終回

出発前にキャンプ場を散策。
DSC08687.jpg
いたるところに生えているきのこ。
DSC08688.jpg
食えるのかな?
DSC08689.jpg
昨夜入った近くの温泉の女将さんは「あそこのキャンプ場はきのこがたくさん生えるでしょ。管理人さんに聞いて食べられるか聞けばいいのよ。美味しいのはすごく美味しいよ」と言っていたけど…。
ちょっと勇気ないなあ…。

快晴!
DSC08720.jpg
峠道を走っていても、ものすごく気持ちよかったです。
DSC08721.jpg
標高が高いところだと、空気がひんやりとし、少し紅葉が始まっていました。
ここももうじき紅葉に燃え、そして深い雪に覆われることでしょう。
だからこそ春が愛おしかったり。
間近で四季を感じられるって、ある意味羨ましいです。

ちょっと早めのお昼。
DSC08714.jpg
立ち寄った駅で立ち食いそば。
でも地元らしく、ちゃんと生そば使用。
これはこれでありだと思います。
だし汁とか諸々は安いだけの内容だと思うけど「今日は久しぶりにいい天気ね」と感じの良いおばちゃんが作ってくれた温かい一杯。
美味しかった〜。
DSC08727.jpg
後で道の駅で食べた、ある程度ちゃんとしたざるそば。
地元のなんたらとか、うんちくは書いてあったし、こっちの方が内容はいいんだろうけど…。
なんだろう、この味気なさ。
途中で飽きちゃったんですね。
不味くはないんだけど、全く記憶に残らない味。
午前中に食べたおばちゃんが作った安いそばの方が断然美味しく感じました。
素材そのものの味はもちろんありますが、そこに加わる愛情が美味しさを左右するのかもしれません。
DSC08713.jpg
個人的なツーリングと言っても、仕事を兼ねて農家さん宅へ行くことも多く、ここのところナビに頼り常用していることが多かったです。
でも今回は地図オンリーのツーリング。
いいですねえ。
うん、すごくいい!
あの頃はいつも味わっていた、このワクワク感。
あれ?ヤバっ!ん?って何度か道を間違ったりもしたけど、それがすごく楽しい。
ナビに連れて行かれている道程は記憶に残らない。
でも地図を見て、想像して考えて、ドキドキワクワクしながら走る道程は、いつまでも記憶に残るんです。
だって旅をしているのは機械じゃなくて、自分自身だから。
旅は点から点への移動ではなく、線を引くものだと思っています。
便利なナビより、地図の旅は何倍も楽しいものです。
ナビに限らず、何にでも言えること。
便利なほどつまらない。

久々のキャンプツーリング。
おかげさまで満喫できました。
そして長野のゆかいな仲間たち。
僕らのファーマーズファミリー。
IMGP1593.jpg
これは3年前に現地で皆さんが集まってくれた飲み会。
丸山さん、吉田さん、柴本さん。
あの時と変わらず皆さんお元気で何よりでした。
皆さん、また会いましょう!
次はまた皆で飲みましょうかね。

終わり

posted by フレスコ at 09:07| オーナーの話