2018年10月09日

絹子&うっちーの栗・栗・芋

今年は斉藤さんの栗オンリーの品揃えになりましたが、非常にいい栗が採れました。
その栗でスタッフが栗料理を作ってくれました。
DSC09119.jpg
まずは絹子の栗ご飯。
ポイントは、皮を向いた栗を炊く前にフライパンで煎ることらしいです。
DSC09121.jpg
贅沢にも大粒の栗をたっぷり使用。
DSC09125.jpg
ホクホク感のある甘い栗。
煎ることで香ばしさもプラスされています。
ちなみにお米は加藤さんが送ってくれた新米のサンプル。
美味しいです♪

そしてもう一品。
DSC09159.jpg
うっちーの栗入り芋ようかん。
今月号のフレスコ便りに紹介してあるものです。
DSC09167.jpg
砂糖の甘さは控えめですが、加瀬さんのさつま芋と斉藤さんの栗の甘さで十分。
素材の美味しさが際立っています。
栗もさることながら、さすが加瀬さん!って言えるほどさつま芋が美味しい。

栗は面倒?
でも、一年に一度は食べてほしいですね。
って僕は食べるだけですが…。

絹子の栗ご飯、うっちーの栗入り芋ようかん。
どちらも最高に美味しいです!
旬をいただけることに感謝。
そして2人のスタッフにも感謝です。

斉藤さんの栗はもう少しあります。
完熟して甘み増しています。


posted by フレスコ at 20:13| 作ってみました