2018年12月17日

僕らのアップルパイ

僕らのアップルパイ。
数年前から、この時期作るようになりました。
DSC00605.jpg
使うりんごは、西舘さんと類家さんの紅玉。
僕ら、このりんごにこだわりたいんです。
DSC00606.jpg
皮を剥くのは僕の役割。
DSC00607.jpg
切って鍋に入れます。
DSC00611.jpg
ここからは絹子にバトンタッチ。
てんさい糖とバターを加えじっくり煮ていきます。
DSC00612.jpg
りんごの皮を入れ、色素を出していきます。
皮は途中で取り出します。
DSC00614.jpg
煮詰まったところで、佐藤さんのレモン搾りました。
そんじょそこらのレモン果汁とはレベルが違います。
DSC00615.jpg
「すごいいい香り♪」と絹子。
うん、いい感じ。
ここ数年で一番の出来かも?
DSC00617.jpg
味見すると、う〜ん、美味い!
色味もピンク色できれいです。
これをうっちーに渡して、あとよろしく!

翌日、宇野さんのお話会に合わせて、焼いてきてくれました。
DSC00701.jpg
「何とかできました。どうでしょうか…」
DSC00692.jpg
どうでしょうかも何も、最高でしょ、これ。
DSC00695.jpg
この編み目、素晴らしい!
ちゃんと編んでる。
全て手作り、すごい時間かかったんじゃないでしょうか。
DSC00696.jpg
編み目から覗くりんご。
美しい!
見た目、完璧です!
DSC00708.jpg
では食べてみましょう。
DSC00724.jpg
これ、過去最高の出来です。
りんごが美味い!
紅玉の酸味と風味が最高だし、佐藤さんのレモン搾りましたもポイント。
そして、ほのかに香るバターの香り。
生地の食感もいいし、小麦粉の風味もちゃんとあります。
りんごにしても小麦粉にしても、正しい素材には風味がある。
実に美味い!
使った材料は、全てフレスコのもので揃えました。

この時期と言うのは、紅玉が最後の頃。
僕らの西舘さんへの思いがあったり、それと宇野さんのお話会に合わせての意味もあるんです。
妥協を許さず最高のりんごを作ってくれる生産者さん、だから素敵な皆さんに最高のものを食べてもらいたい。
「今年もありがとうございました」
DSC00713.jpg
「嬉しいねえ〜。鰹も柿も美味かったけど、今日はご馳走じゃない」
DSC00712.jpg
「最高〜!しかも出来立てだよ。うっちーが焼いたの?すげーな」

みんなで作ってみんなで食べる、僕らのアップルパイ。
僕は皮を剥いて切っただけですが、絹子とうっちー、そして紅玉や全ての素材の生産者に感謝しながら、今年も美味しくいただきました。
ごちそうさまです!


posted by フレスコ at 09:53| 作ってみました