2018年12月21日

鰹の旨味ねぎうどん

石井さんの長ねぎ。
DSC00750.jpg
これがないと冬を越せないと言うお客様多数です。
今日はこの長ねぎでホットなうどんを作ってみましょう。
DSC00751.jpg
つゆは数年かけて開発したと言う瑞雲さんの鰹つゆを使い、そこに長ねぎをたっぷり。
当然、青い部分も使います。
なお、ここでのつゆの塩分はやや控えめに。
DSC00752.jpg
そこに加えるのが、おかげさまで大好評の潮かつお燻焼き。
ほぐして入れます。
つゆの塩分を控えめにしたのは、潮かつおに塩味が付いているから。
DSC00754.jpg
作り方は至って普通ですが、ポイントがあるとしたら、全て清く正しい素材を使うことでしょうか。
今日のおうどん、完全無添加、完全無農薬でございます。
DSC00755.jpg
おっと、小ねぎも入れなきゃ。
もちろん井口さんの小ねぎ。
僕らはダンディー井口さんと呼んでいます。
絹子を連れて産地に行った時「一緒に写真撮ってください♪」と言う絹子に「えっ、今日はセットしてないからなあ」と髪型を気にするようにおどける井口さん。
フレスコの野菜にはストーリがあるんです。
DSC00760.jpg
一味も忘れずに。
今回は缶入りの鬼びっくり一味を使いましたが、これもまたいい。
香辛料は辛いだけじゃだめ。
風味があるのが本物の香辛料です。
DSC00765.jpg
ねぎ、美味いです!
長ねぎも小ねぎも。
それからつゆ。
鰹の旨味が出ていて、味に深みが増しています。
これ、ホント色々使えます。
素晴らしい商品に出会えて嬉しい限りです。

うどんはもちろん、つゆも美味しいから、最後まで飲み干しちゃう。
しかも、調味料も野菜も含め、全ての材料の生産者の顔が浮かぶ一品。
シンプルなうどんですが、体が温まるのはもちろん、幸せ感を感じられる一杯でした。


posted by フレスコ at 09:19| 作ってみました