2019年01月07日

新年会メニュー紹介

加藤さんを囲っての新年会。
お客様が来る時はいつもの事ですが、何を食べていただこうか、結構考えます。
今回は前日の3日から各自仕込みをしていました。
DSC00932.jpg
絹子は木みたいなゴボウを切っています。
ちょうどいい棒がなかったので、金づちを手に、思いっきりゴボウを叩いていました。
ストレス解消に良さそうです。
DSC00936.jpg
僕は鯖の灰干しの南蛮漬けの仕込み。
今回使用した灰干しは、生産者のイブスキー浜上さんの提供です。
DSC00939.jpg
片栗粉をまぶし揚げた鯖に、炒めておいた人参と玉ねぎを乗せ、南蛮漬けのタレをかけておきます。
もちろん、タレも手作りです。
DSC00933.jpg
寒いので鍋もいいですね。
DSC00950.jpg
今回は粕鍋にしましょう。
新たに品揃えを始めた蔵出し純米酒粕を試すいい機会です。
DSC00951.jpg
味噌と酒粕を汁で溶かしてから鍋に入れます。
DSC00949.jpg
石井さんに頂いたお餅を油揚げに入れておきます。
数が多かったので、前日にやっておいてよかったです。
DSC00967.jpg
出来上がった鍋に投入し煮ます。
DSC00980.jpg
うっちーは得意の餃子。
これも前日に作っておいてくれました。
皮は店で販売しているものを使用しました。
DSC00982.jpg
焼きは当日、食べる直前に。
DSC00952.jpg
石井さんの山東菜漬等、その他もろもろを添えて皆様をお出迎えです。
DSC00955.jpg
鯖の灰干しの南蛮漬け。
鯖と野菜の味はもちろんいいですが、初めて作ったタレが絶妙なバランスで、かなりいい感じの味付になりました。
一晩で味が染みていい感じ。
DSC00953.jpg
絹子のゴボウと豚肉に煮物。
木みたいなゴボウですが、叩いて煮込んで、とても柔らかく、そして味がよく染みています。
素材を生かす味付と、風味がまたいいですねえ。
DSC00975.jpg
粕鍋汁。
酒粕の風味と旨味がしっかり、食べづらさは全くなく、野菜からのダシも加わり汁が絶品です。
この酒粕、かなりいいです。
石井さんの長ねぎや白菜を始め、フレスコ自慢の野菜も美味しい。
体が温まります。
DSC00985.jpg
うっちーの餃子。
相変わらず、美味いですねえ。
翌日の宇野さんの分3個を含め、40個作ったのに、あっという間になくなってしまいました。
パリパリもちもちの皮も最高です。

誰が来ると、こんな感じで料理をしています。
外に飲みに行っても楽でいいんですが、こっちの方が安いし美味しいし気楽だし。
それとフレスコの素晴らしい食材で楽しんでいただきたいという気持ちもあったりします。
美味しいがいっぱいの店フレスコ。
食材はいくらでもありますから。

干芋情報
1.2kg超得サイズ、たくさんできています。
かなり上物が入っています。
ただいま10%増量中です。

posted by フレスコ at 09:22| 作ってみました