2019年01月12日

固い干芋を焼いてみよう

今日現在品揃えしている干芋は、玉豊と紅はるかの2種類です。
風味と甘味のある玉豊、ねっとり柔らかな紅はるか。
それぞれ特徴があります。
DSC01246.jpg
今、入荷している玉豊はやや固め。
それが好きという方もいらっしゃいますが、これ焼いてみたらどうだろう。
干芋は元々保存食で、昔の人はカチカチに固くなった干芋を食べていたそうです。
DSC01238.jpg
ストーブの上とか、七輪とかで焼くといいのかもですが、なければトースターとか。
今日はフライパンで焼いてみました。
DSC01239.jpg
「なにこれ〜、すごい美味しい♪」とスタッフ絹子。
香ばしさが増すんですね。
焼き芋があるくらいですから、当然焼きにも合うはずです。
DSC01241.jpg
ほんのり焦げた感じの部分が美味しい。
固かった干芋も少し柔らかくなって食べやすくなっています。
これはそのまま食べるより美味しいかもです。
DSC01248.jpg
「これお客さんに教えてあげなきゃ」とすかさずポップを書いて貼り付けるスタッフ絹子。
焼き干芋、おすすめです。

お知らせ
今月の宇野さんのお話会は1月20日(日)13時〜です。
テーマは「安心と安全な日本を考える」です。
「1月から飛ばすよ」と言っていました。

posted by フレスコ at 16:56| おすすめ商品・新商品