2019年01月25日

ピンク色の甘酒を作ってみよう

まずは佐藤さんのポンカン情報。
当店でも大人気のポンカンですが、佐藤さんの方にも注文が殺到しているようで、終了間近のFAXが来てました。
今シーズンは特に美味しいですからね。
DSC01629.jpg
今月末までかな…。
「みかん、ないですか?ポンカンはいらないかな」って方も少なくないですが、もったいない。
今のうちに食べておいてくださいね。
早くしないと終わっちゃいますよ。

さて、今日は甘酒を作ってみましょう。
DSC01628.jpg
使うのは純米酒粕。
甘酒は麹から作った甘酒と、酒粕の甘酒の2種類があり、全くの別物です。
DSC01627.jpg
こちらの酒粕ですが、色が変色していると消費者からクレームがあったとかで、わざわざこんな販促物を用意してくれています。
色の変化は自然の変化。
熟成してきている証です。
DSC01616.jpg
分かりづらいですが、ほのかにピンク色。
これがいいんです。
DSC01620.jpg
水300に酒粕100gで、カップ2杯分くらいできると思います。
DSC01621.jpg
作り方は簡単。
煮ながら溶かしていくだけです。
麹の甘酒と違って甘くはないので、ここで砂糖を加えます。
スプーン2杯位入れて、あとは好みで調整してください。
ちなみにてんさい糖を使用。
DSC01626.jpg
ほんのりピンク色。
麹の甘酒も美味しいし、内容も優れものですが、冬はこちらの甘酒もいいですね。
温まりますよ。
ちなみにですが、麹の方の甘酒は元々暑い時期に飲むもので、だから甘酒の季語は夏なんです。


posted by フレスコ at 20:26| 作ってみました