2019年04月27日

手作りのおいなりさんが一番です

先日、栃木にツーリングに行った時です。
めちゃくちゃ山奥に蕎麦ののぼりを発見したので入ってみました。
柱や梁が立派な古い民家で、聞いたら確か築300年とか言ってたっけ。
DSC03194.jpg
蕎麦は細めで僕の好みではなかったけど、これはこれで美味しかったです。
DSC03196.jpg
それより別に注文したおいなりさんが美味しかったですね。
ご飯が温かく、作ったばかりなのでしょうか。
甘すぎない味付けもよかったです。
僕の後に注文した人は品切れだったようなので、本当に少ししか作っていないみたいです。

で、店でも作りたくなったおいなりさん。
もちろん作るのはフレスコオリジナルおいなりさん。
レッツトライ!
DSC03456.jpg
竹の子と一緒に炊いたご飯に飯尾さんのすし酢。
このすし酢、内容味共に文句なしの逸品です。
DSC03457.jpg
そこに生わさびの茎、紅しょうが、胡麻を入れます。
DSC03459.jpg
それをあげに入れます。
DSC03464.jpg
はい、竹の子入りおいなりさん。
我ながら納得の出来。
全部フレスコの材料で、当たり前ですが完全無添加です。
DSC03466.jpg
全ての素材がいいですから、美味しくて当たり前ですが、いやすごく美味しい!
ご飯もいいし、あげもいいし、もちろん竹の子も最高です。
わさびの茎のシャキシャキ感と爽やかな辛味、紅しょうがの辛さと胡麻のプチプラ感と風味。
素材一つ一つの存在感を感じられるんです。
「うーん美味いなあ〜、これすげー美味い」とぶつぶつ言いながら食べていました。
DSC03469.jpg
あげに入り切らなかったご飯。
もちろん、これだけでも美味しいです。

まあ、美味しいとか不味いとか以前に、添加物が使われていない正しいおいなりさんって、出先で出会うには奇跡に近いですからね。
コンビニやスーパーのおいなりさんって原材料表示を見ただけで、騙されてる感を感じて買う気が失せてしまいます。
おいなりさんに限らずですが、やっぱり手作りに勝るものはないですよね。


posted by フレスコ at 19:02| 作ってみました