2019年05月20日

僕らのシバキンプロジェクト

柴本さんが残した夏野菜の苗が数千。
image02.jpg
柴本さんのユーチューブ動画から、これでもほんの一部です。

農場の継続が不可能となり、従業員のミワちゃんが「意味もなく水だけやってます」と言っていました。
今後、育てることも売ることもできない苗、でも枯らすのは忍びない。
シバキンファームの資材関係の一切の使用ができず、車も使えず自宅から徒歩で長時間かけ通い、散水の機械も使えずじょうろで水やり…。

何とかならないか、どうにかならないか、それをずっと考えていました。
苗が枯れていくって、柴本さんだって悔しいだろうに。
全部は無理でも一部でも…。

で、一生懸命考えました。
柴本さんが喜んで、お客さんも喜んで、みんなが喜ぶ方法はないか…。
そして考えついたのが…。

シバキンプロジェクト!
DSC03838.jpg
簡単に説明すると、残った苗を引き取り、フレスコの農家さんに協力し栽培してもらう。
できた野菜はフレスコで仕入れ、店で販売する。
これなら苗も無駄にならないし、お客さんにも食べてもらう事ができる。
さらに、生前「有機で社会に貢献したい」「貢献しなければ意味がない」と常に言っていた柴本さんの意志を汲み、野菜の売上の一部、正確には利益の半分を、フレスコが協力しているウルトラマン基金に募金する。

これでどうだ!これしかない!
(↑我ながらいいアイデアと満足し、元気になってくる)

栽培をお願いするのはもちろんフレスコファーマーズファミリーの農家さん。
でもこれがなかなか難しかった。
「協力はしたいけど場所が…」
時期的にすでに野菜を植えてしまって場所がなかったり。
そうかあ…、そんな事があるんだなあ。

でも、結果的にお願いできた農家さんがこちら。
image01.jpg
地元埼玉の斉藤さんと石井さんは大ベテランにして大人気の農家さん。
秋田の加藤さんも快く協力してくれました。
長野はりんごの丸山さん。
のらくらのNORA宮嶋君は個人で協力してくれたので、初の宮嶋ファーム(仮)の栽培。
そして一番量を引き受けてくれた地元のアミーゴ早船さん。

どうですか、この面々。
これはお客さんも喜ぶだろうし、楽しみじゃないかな。
皆さん、感謝です!

で、長野に行く当日の計画。
斉藤さん、石井さん、早船さんの分は持って帰る。
丸山さんは近所なので当日渡し。
加藤さんと宮嶋君は現地から発送で、エムプランの吉田さんに全部任せよう。
これで手はずは整ったはず。

が、長野に行く前日、丸山さんから「不幸があってさ、明日無理そうなんだよね。苗は吉田さんに渡しておいて」
これは、仕方ないです。
さらに、夜になってエムプランの社長から「吉田さん倒れちゃって」「えっ!何で!」「心筋梗塞」「大丈夫なんですか?」「まだ会ってないけど、意識は戻ったとか」(現在は快方に向かっているそうです)
社長にはシバキンプロジェクトの件は伝わっていなかったらしく…。

うーん、吉田さんがいないと…、どうするか…。
なかなかスムーズに進まないなあ。
もう考えてもしょうがない、とりあえず行ってみよう!
段ボールとかガムテープとかも一通り持っていくか。

で、当日。
DSC03707.jpg
「茄子といんげんとピーマンです。きゅうりはダメでした」とミワちゃん。
DSC03715.jpg
それでも可能な限り面倒見ましょう。
「皆さんのところで元気に育つんだよ」
発送分は、エムプランの社長がやってくれました。
DSC03741.jpg
その後、収穫の途中、秋田の加藤さんと電話で話す絹子。
「あれ〜、絹さんも来てたんですか」
「はい、長野にいます」
「この度は大変でしたね。苗の件、聞いていますよ」
「無理言ってすいませんがよろしくお願いします」
「はい、大丈夫です。任せておいてください!」

と、こんな感じです。

柴本さんには色んな頼み事もしたし、色んな頼まれ事もされました。
でも今回、僕が柴本さんのためにできる唯一の、そしてきっと最後の事。
いつもの調子で「申し訳ない。苗、面倒見てくれる?」「しょうがないなあ。柴本さんの頼みならやりますよ」って、そんな感じかな。
シバキンプロジェクト、うまくいくといいなあ。


posted by フレスコ at 22:51| オーナーの話