2019年06月09日

芋と蒟蒻と黒豆納豆

石井さんの新キタアカリ。
どうやって食べようか。
まずはこれかな。
IMG_0191.jpg
小さいじゃが芋を選んで、いつもの揚げじゃが風。
洗って蒸して、フライパンで皮がパリッとするまで焼いて、塩と胡椒。
ビールのつまみに最高ですよ。
IMG_0198.jpg
夏季限定、グリンリーフさんの刺身こんにゃく。
前回は生芋刺身こんにゃくを試食しましたが、今回は青のり入りの方です。
ブロックになっているので好きな厚さに切ってください。
面倒くさいという人がたまにいらっしゃいますが、蒟蒻を切るのも面倒って…。
IMG_0195.jpg
今回は豪快に厚切りにして、添付のタレでいただきました。
芋感は生芋の方がありますが、青のりの風味とかツルッとしたなめらかな食感が楽しめます。
DSC04027.jpg
それから村田さんの黒豆納豆。
DSC04031.jpg
こちら光黒大豆を使っています。
実はこの光黒って品種、もう何年も前に惜しまれながら終了してしまった、今や伝説の純黒豆羊羹に使われていた品種なんです。
あの羊羹は実に美味かった。
DSC04042.jpg
実際、豆があの羊羹に使われていた風味そのものなんです。
で、今日はその羊羹を販売していたジュゲンさんのイヤシロソルトをかけて食べてみました。
納豆に塩?
ですよね。
DSC04038.jpg
ヒントになったのが、こちらの黒豆ドライ納豆。
原材料は納豆と塩だけですが、これがとても美味しくて。
だからきっと合うはず。
DSC04034.jpg
大成功、これかなり美味しいです。
表現が難しいですが、豆の風味が生きるって言うのかな。
とりあえず試してほしいです。
混ぜずに食べる方が美味しいと思います。
これもまたおつまみになりますよ。


posted by フレスコ at 22:00| おすすめ商品・新商品