2019年07月23日

長野に行ってきました(柴本さん編)

柴本さんの墓参りに行ってきました。
IMG_1143.jpg
場所は柴本さんの作業場のすぐ上で、前回来た時に従業員だったミワちゃんが「すぐそこ、見えるところみたいです」と言っていたので、行って探せば分かると思っていました。

えーっと、鈴木さんに山田さん、あった柴本さんのお墓。
あれ?お隣さんも柴本さん?
もしかして…。
一通り見て回ると、柴本家の墓が4つも。
それぞれ眺めながら、これかな?なんか違う気がする、こっちのような…。
「ちょっと失礼しま〜す」と言いながら、墓石の横とか裏の名前も確認するけど見つからず。

「うーん、出直すか…」
諦めて墓地の入り口にある大きな供養の石に線香を供えて帰ることにしました。
そこからすぐ下に柴本さんの実家があり、その前を通り過ぎる時、一人のおばさんがその家に入っていきました。
すぐに声をかけ「柴本さんのご実家ですよね。ご家族の方ですか?」
「姉です」
IMG_1144.jpg
事情を説明すると「この辺は柴本が多いんです。まあ、埼玉からわざわざ。案内します」と連れて行ってくれました。
県外にお住まいのようですが、連休でこちらに来ていたのでしょうか。
「この度は急なことで…」
「ええ、仕事のことは全く分からなくて。若い方たちが皆さん色々やってくれたので助かりました」
(弟子たちのことだな。みんな奔走してくれたと聞いてるし)
IMG_1145.jpg
「ここです。まだ石も用意できていなくて。あれ?誰かお花お供えしてくれたんですね。では私はこれで」
さっきこの前は何度も通りましたが、目に入りませんでした。
IMG_1147.jpg
なんか柴本さんらしいな。
戒名は、農山勤功信士か。
農に山に功か、いいじゃないですか、柴本さん。
できれば有機の有も入れてほしかったですかね。
IMG_1142.jpg
遠くに柴本さんが大好きだった北信五岳の一部が見えます。
なかなかいい場所じゃないですか。ここでちょっとゆっくりしてくださいよ、柴本さん。

その後、何度か連れて行ってくれた畑を訪れました。
実はここ、町から少し離れていて、しかも誰かに聞いても説明できないような場所で見つけるのがすごく苦労しました。
前にここで撮った写真と地図と地形を見比べて場所を割り出し、探し出しました。
IMG_1153.jpg
そう、ここ!
IMGP1663.jpg
初めて来た時は、大きく育ったほうれん草があったっけ。
すごい雑草に覆われていたけど、味は良かったなあ。
IMGP3954.jpg
春には桜が咲いて、気持ちよかったなあ。
IMGP4843.jpg
スタッフ絹子が訪れた時は、いんげんだったようです。
柴本さんのいんげんは最高に美味かった。
IMG_1150.jpg
「ここ、眺めがいいでしょ。気に入ってるんだよね」と初めて来た時に話していたのを思い出しながら、しばらく畑を歩きました。
すると、ん?何だこれ。
このふわふわ感。
IMG_1152.jpg
土が柔らかい…。
ものすごく柔らかい。
まるで真綿の上を歩いているような…。
立っただけで靴が数センチ埋まっていく。
それは決してぬかるんでいるんじゃなくて、フワッと沈んでいくような。

「すげー!なんだこの土」
思わず声に出して言いました。
「すごいなあ。これは美味い野菜ができるはずだよ」
感心と言うより、むしろ感動でした。
IMG_1155.jpg
勝山さんも大内さんもミワちゃんも「あそこの畑の土は最高ですよ。何年も有機でやっていますから」「本当にもったいないです。あそこの土はすごくいいです」「あの畑は美味しい野菜ができます」と言っていました。
カエルや虫があちこちで飛び跳ねていました。
「この土、作ったんですね。柴本さん。すごいですよ」と話しながら、あまりの心地よさにしばらく畑を歩き回りました。

ホント、すごいですよ。
どんな努力も惜しまず、あれだけ美味い野菜を作って、いつだって前向きの発想で、誰も思いつかないような大きな夢を持ち、人の幸せをいつも願っていて、そして、いつでもどこでも周りの人を笑顔にして…。

みんな言ってるけど、こんな人いないって。
だからこそ、たくさんの人に愛され、慕われ…。
僕だってその中の一人で。

豊かさ…。
豊かに生きるための意味を、関わる人全てに伝えていたような、そして確かに伝わっていたような気がします。
本人は、そんなカッコいいことをしているつもりはなかったと思いますけどね。


柴本さんに出会えて良かったです。

IMGP3980.jpg

今日、ここに来られて良かったです。

DSC087412.jpg

またいつか会いましょう。



フレスコは有機や無農薬の野菜を売っています。
でも、本当に売りたいのは生産者の想いです。
がんばっている生産者です。
人に喜んでもらいたい、人を幸せにしたいと努力をしている生産者です。
だから、有機であろうと無農薬であろうと、中途半端な野菜は売りません。
食品も同じです。
これがフレスコのこだわりです。


二日間、たくさんの生産者さんと出会い再会し、この人たちと一緒に仕事ができて本当に幸せだと改めて感じました。
だからこそ、僕らが伝えていきたいと思うのです。
一番大切なものを。


終わり


posted by フレスコ at 20:37| オーナーの話