2019年07月21日

柴本さん最後の玉ねぎ

先日、長野の勝山さんを訪れた際「柴本さんの玉ねぎ預かっています」と言われ、即送ってもらった玉ねぎ。
IMG_1365.jpg
今年も作っていたんですね。
DSC06469.jpg
これ、昨年の今頃の写真ですが、玉ねぎをチェックしながら「今年はまずまずかな。もう少し固くしたかったんだけど。来年はもっといいの作るから買ってよ」と言っていました。
IMG_1366.jpg
今年の出来はどうでしょうか。
勝山さんの話だと「今年は豊作で、出来がよかったみたいです」と言っていましたが。
IMG_1364.jpg
こちらは、斉藤さんの玉ねぎ。
斉藤さんの方は不作で、収穫量がほとんどないに等しい感じです。
昨年はものすごく沢山できたんだけど。
IMG_1369.jpg
さて、食べ比べです。
右から長野の柴本さん、真ん中が埼玉の斉藤さん、左がここのところ品揃えをしていた長崎の松尾さん。
IMG_1373.jpg
シンプルに厚切りにして焼いてみましょう。
本日出勤のスタッフ絹子と試食してみます。
なお、味付けは全くしていません。
では、絹子先生、どうぞ。
IMG_1376.jpg
「まず柴本さんね。甘〜い!何この甘さ。旨みもちゃんとあるし、優しさを感じる味わい。美味し〜い♪さすが柴本さんね」
「次、斉藤さん。うーん、ワイルド!甘さは柴本さんより弱いけど、ちゃんと旨みもあるし、斉藤さんらしい力強さを感じるわ。これも美味しい!」
「最後に松尾さん。知らない人だけど。うん、松尾さんもやるわね。甘さもあるし、みずみずしい。これも十分美味しいよ」
IMG_1377.jpg
三者三様。
食べ比べって面白いです。
IMG_1368.jpg
って言うか、特徴が分からないとポップも書けないんです。
IMG_1366.jpg
それにしても、柴本さんの玉ねぎの美味しさ、ちょっとびっくりでした。
昨年はそこまで印象的ではなかったので、今年はより美味しく作ったんでしょう。
もし柴本さんに「今年の玉ねぎ、すごい美味かったですよ」と電話したら「でしょ、俺のだから美味いよ」と言っていただろうなあ。
IMG_1367.jpg
こちらの玉ねぎ、シバキンプロジェクトの野菜じゃなくて、正真正銘柴本さんが栽培した玉ねぎです。
柴本さんのシールを貼って、また商品として販売できると思っていなかったので、とても嬉しいです。
すごく美味しいので、お客様にもどんどん食べてほしいです。
まだ在庫はあるようなので、秋以降の北海道相内さんにうまくつながればと思っています。



posted by フレスコ at 17:42| おすすめ商品・新商品