2019年12月25日

長野の生産者の皆さん

随分前からお願いしていた勝山さんのほうれん草。
やっと入荷です。
IMG_4009.jpg
勝山さん、柴本さんのかつての弟子。
品種も柴本さんと同じらしく、まだ少し小さいけど見た感じも同じです。
さて、味はどうかな?
IMG_4010.jpg
甘っ!
根っことか茎とかすごい甘味あるし、えぐ味は全然ない。
「柴本さん直伝なので、あいつのは美味いはずですよ」と同じ弟子の大内さんが言っていました。
やるねえ、勝山さん。
いいほうれん草を作ってくれました。
「いくらで付ければいいか分からなかったので…。とりあえず食べてみてください」と白紙の伝票が入っていました。
大丈夫、柴本さんと同じ値段で買うよ。

フレスコは北海道から沖縄まで全国に生産者さんがいらっしゃいますが、長野の生産者さんは多いです。
数では千葉の方が多いかもですが、長野の人たちとは繋がりが深い気がします。

特に今年、生産者さん同士の繋がりが増えたり、新たな繋がりが判明したりしました。
ちょっと分かりやすくしてみようかと思いつき、先月のフレスコ便りに載せた長野相関図。
image.jpg
カラーにしてみました。
興味がある方は拡大して見て下さいね。
一箇所分かりづらかったのが、黒姫和漢薬さんの森(しん)君は、担当営業で社長の息子です。(森君、繋がりは作ってやったから、しっかりやれよ)

10年前、長野に取引先が誰もいなかった年、初めて会ったのが柴本さんでした。
「長野まで直接来て、俺の野菜を売らせてほしいって。あれは嬉しかったね」と晩年まで語ってくれて。
その時のことをずっと覚えていてくれたことが、僕は嬉しいですね。
そこから紹介してもらって、エムプランさん、そこからまた丸山さんや浅沼さんや熊井さんや、それから弟子たちとか。
そんな意味では、柴本さんから広がった長野の輪です。
そして今、そんな彼らがフレスコを支えてくれています。
本当にありがたいことだし、魅力のある素晴らしい人たちなんですよ。
彼らの野菜や果物、フレスコが自信を持ってオススメします!


posted by フレスコ at 19:17| オーナーの話