2020年02月24日

今年も味噌作り

今年の味噌作り、始めましょう。
大豆を洗い、一晩水に浸しておきます。
IMG_4890.jpg
ふっくらと艶やかに水を吸った大豆。
IMG_4896.jpg
それをコトコト煮ます。
約3時間位でした。
沸騰したら超弱火でOK。
ここでしっかりと柔らかくするのがポイントです。
IMG_4909.jpg
このまま食べてもすごい美味しい♪

さて、ここからは絹子先生に指導していただき、写真撮影もお願いしました。
「絹子先生、よろしく」
「ちゃんと準備できたかな?」
IMG_4916.jpg
大豆を茹でている間に、塩と米麴をよく混ぜます。
「混ぜるっていうか、もっと切るように。麹をよくほぐして、塩と混ぜ合わせるようにね」
僕は毎回乾燥麹をそのまま使っていて、戻して使った方がいいと言う話も聞きますが、このままでもちゃんと発酵しているので問題ないと思います。
IMG_4919.jpg
茹で汁は後で使うので取っておきましょう。
この茹で汁も旨味が出ていて美味しそうです。
IMG_4925.jpg
大豆を熱いうちに潰します。
いつも瓶の底で潰していましたが、今日はなかったのでコップの底で。
ここが一番大変な作業ですが、豆がしっかり柔らかくなっていればかなり楽です。
IMG_4928.jpg
「絹子先生、どうでしょうか」
「うん、いい感じね。じゃあ次」
IMG_4932.jpg
先ほどの塩と麹を大豆に合わせよく混ぜます。
茹で汁も少しずつ加え耳たぶ位の固さになるようにしっとりと、そしてムラなく。
IMG_4953.jpg
それを玉にしておきます。
IMG_4958.jpg
熱湯消毒した樽に投げ込んでいきます。
IMG_4964.jpg
空気が入らないように丁寧に。
IMG_4969.jpg
最後に塩。
そうそう、今回使った材料ですが、大豆1kg、乾燥麹1kg、塩500gで、この塩は500gから少し残しておいた分です。
IMG_4975.jpg
「端がカビやすいから丁寧に」
「了解です」
IMG_4977.jpg
最後はラップして、内蓋をして、重しを乗せ、蓋をして終わりです。
お疲れさまでした。

このまま数ヶ月。
楽しみです。




posted by フレスコ at 08:55| 作ってみました