2020年05月02日

吉岡さんからお詫び

まず、例の長ねぎ栽培偽装問題の続報。
電話に出た男性社員は「会社名だから」の一点張りでしたが、後日青果担当(初心者)の若い女性社員から電話がありました。
食品の方で何度か会ったことのある担当者。
社内でも表示に問題があるとの結論が出たようで、生産者側に改善をお願いしたそうです。
うん、よかった。
お客さんが正しく買い物ができ、真面目に有機栽培している生産者が評価されるべきだと思っています。
消費者を騙すような表示は絶対にダメだし、関わる人間はもっと真剣に取り組むべきです。
電話で「生産者と農産物を見極めるのがあなたの仕事でしょ。あんなレベルの低い長ねぎ出すなって言わなきゃ」なんて偉そうなこと言ったりしたけど、がんばり屋さんなのは知っているので、これから伸びるだろうし、期待も大なんです。
まあ、自然食品問屋が青果に手を出して、素人同然の社員一人に任せちゃうって、どうなんですかね。

と、偉そうなことを言った後にすみません。
フレスコからもお詫びです。
農家の初心者、吉岡さん。
先日引き取ってもらったとう立ちのキャベツですが、その前に販売分したキャベツにも同じようなものが混ざっていた可能性があります。
「買ってもらったお客さんに申し訳ないです。お客さんにお詫びがしたくて」と店に来てくれました。
購入されたお客様が特定できないため、せめてお詫びのお手紙でもと。
IMG_6467.jpg
僕らも初回納品分が良かっただけに油断してしまいました。
今後、よりチェックを厳重に行っていきます。
なお、キャベツに関わらず、不良品等がありましたらご遠慮無くお申し出いただけますと助かります。

農産物を扱っていると、本当に日々色んなことがあります。
面白くもあり、難しくもあり、それが青果です。
一人でも多くのお客様に喜んでいただけるように、皆で力を合わせてがんばっていきましょう。


posted by フレスコ at 19:57| オーナーの話