2020年06月08日

本格ニシンの山椒漬け

何度か作っているにしんの醤油漬け。
DSC01872.jpg
生産者さんが店に来た時に振る舞い、喜ばれているものです。
DSC06540.jpg
醤油、酢、みりんで漬け込んでいるので、正確にはニシンの酢醤油漬けでしょうか。
本来は福島会津地方の郷土料理、ニシンの山椒漬けなんですが、時期的に山椒の葉が手に入らなかったので、山椒抜きでした。
IMG_7153.jpg
今回、栃木の浜野さんから分けてもらった山椒の葉。
少し前に「山椒の葉って手に入らないですかね」と聞くと「私の実家にいくらでも生えてますよ」と。
「おっ!それは素晴らしい!少し分けていただけると」「全然構いませんよ」と。
これで清く正しいニシンの山椒漬けが作れます。
IMG_7148.jpg
ニシンのみ外部調達品です。
乾燥した身欠きにしんは臭みを取るために通常は米の研ぎ汁で戻しますが、今回はダイレクトに加藤さんの米ぬかを使いました。
無農薬かつ生命力溢れる加藤さんの米ぬかで効果抜群!…のような気がします。(思い込みは大事です)
IMG_7156.jpg
タッパーにニシンと山椒を交互に重ねていきます。
山椒がすごくいい香り♪
IMG_7160.jpg
そこに酢と醤油とみりんの合わせ調味料。
これを作りながらいつも思うんですが、正しく作られたフレスコの厳選調味料、完全にニシンより高いんじゃないかって…。
IMG_7162.jpg
山椒の葉は田舎の人に言わせれば勝手に生えてるただの葉っぱだけど、一方で高価に取り引きされてたりして、世の中の価値観ってよく分かりません。
IMG_7163.jpg
普通がどうなのか分かりませんが、葉っぱがたっぷりすぎる気がします。
これでしばらく漬け込みます。

こちら、お客様からの差し入れ。
IMG_7164.jpg
先日販売してたヤングコーンのひげを使ってお茶を作ったそうです。
IMG_7169.jpg
これがなかなか香ばしくて美味しい。
普通なら捨ててしまうもので何かを作ろうとする柔軟性と行動力にただただ感心。
大変美味しくいただきました。
ごちそうさまでした。

posted by フレスコ at 19:32| 作ってみました