2020年07月13日

フレスコ流枝豆の茹で方

今年も石井さんの超美味しい枝豆が大人気です。
今日は、フレスコお勧めの枝豆の茹で方。

石井さんのもそうですが、袋の裏に茹で方が書いてあるじゃないですか。
それ、無視しちゃってください。
IMG_7775.jpg
まず、枝豆を水洗いして一つまみの塩。
IMG_7776.jpg
それをゴシゴシ。
写真撮ってるので出来ないですが、両手でね。
豆をこすりつけるような感じかな。
IMG_7777.jpg
ここで残った汚れとアクが取れます。
IMG_7778.jpg
お湯を沸かします。
ここポイント。
たっぷりのお湯は必要なし。
豆がかぶればOKの量。
そしてもう一つのポイント。
塩は入れません。
IMG_7780.jpg
豆投入。
このお湯の量なら蓋をしてすぐに再沸騰します。
水道代もガス代も節約。
たっぷりのお湯に味付け用の塩を入れるとなると、大さじでガバガバと大量の塩が必要になりますね。
そうなると正しい塩はもったいないって感じでしょ。
IMG_7782.jpg
湯で時間は豆の大きさとか状態で異なるので、何分とは決められないです。
目安としては、枝豆の口が開き始めてから1,2分。
今回は結構豆が太っていたので6分でした。
あとは味見をして好みの固さでどうぞ。
IMG_7784.jpg
ここもポイント。
ザルでお湯を切ったら、すぐに鍋に戻します。
すぐです。
1秒です。
というのは、完全にお湯を切らずに、むしろ水気が残っていた方がいい。
IMG_7788.jpg
そこに塩。
ポイント。
正しい塩を使うこと。
これ大事です。
IMG_7789.jpg
塩の量は、とりあえずこんな感じ?
これ、感覚というか、慣れでしょうか。
今回は3つまみ位かな?
IMG_7790.jpg
すかさず振る!
塩がまんべんなく行き渡るように。
IMG_7791.jpg
扇風機やうちわで粗熱を取ったら冷蔵庫に。
乾燥しないようにお皿に入れてラップするといいでしょう。
1時間もあればいいでしょうか。
塩気を含んだ水分がこの間に染み込んでいきます。
なので、ある程度の水気が必要なんです。
IMG_7792.jpg
塩味が薄ければ最後に塩をかければいいです。

これ、農家さんに教えてもらい、フレスコでアレンジした茹で方。
是非、お試し下さい。

それにしても、石井さんの枝豆、超美味いです。
甘さ、香り、コク、完璧ですね。

入荷情報
飯田さんのとうもろこし、丸山さんの桃、入荷しました。

posted by フレスコ at 12:21| 作ってみました