2020年08月15日

胡麻ととうもろこしと無農薬の話

斉藤さんの畑。
僕なんか何にもしてないのに、吹き出した汗が止まらず…。
KIMG0473.jpg
斉藤さんも「暑くて昼間は仕事にならないよな」と朝4時から仕事をしているそうです。
全国の農家の皆さん、本当にご苦労さまです。
KIMG0474.jpg
金胡麻の花が次々と咲き始めています。
超超貴重な国産無農薬の斉藤さんの金胡麻。
香り抜群で、一度食べたら他は食べられないというお客様がものすごく多いです。
KIMG0475.jpg
下の方はさやも膨らみ始めています。
国産の胡麻がものすごく貴重なのは、ものすごく手間がかかるから。
安い外国産を求める人が増え、作る人がいなくなってるんです。
多分、国産は0.1%もないんじゃないでしょうか。
そんな胡麻を育ててくれる斉藤さん、感謝です。

のらくらさんのとうもろこし入荷。
IMG_8290.jpg
とうもろこしの無農薬も貴重です。
一般的にとうもろこしの農薬回数はさほど多くはないですが、丁度熟して食べ頃間近に虫が入るので、収穫直前まで農薬を使うのが怖い、と斉藤さんが言っていました。
IMG_8291.jpg
なので収穫時期の見極めが重要。
早すぎると美味しくないし、遅すぎると虫だらけになる。
かつて柴本さんが早すぎで出したことがあり「まだ早いですよ」言ったこともあり、弟子の大内さんは虫食いで上が切られた状態で「商品価値はないなあ」と言ったこともあります。
さらに美味しくて安全なとうもろこしは猪やハクビシンなどの獣の被害が多く、多くの農家さんが苦労しています。
半分くらいやられちゃうなんて話はよく聞きます。
なので無農薬のとうもろこしは特に割に合わない作物だと言います。
ホント、感謝です。
IMG_8293.jpg
のらくらさんのとうもろこし。
甘いです。
併売している清水さんのとはまた違った甘さで…、うーん、表現が難しいですね。
ちなみに、スタッフ絹子はのらくらさんが好み、スタッフうっちーは清水さんが好みみたいです。

入荷情報
大人気の小林さんの枝豆、収量が上がらず、次回は週中頃の予定です。
小森さんのぶどう、来週末頃?の予定です。

posted by フレスコ at 17:53| おすすめ商品・新商品